2014年04月10日

日本和装株主優待大幅拡充!

NISAニーサが始まって以降、個人株主の取り込みに力を入れる会社が増えて、株主優待の新設・再開・拡充などの動きが続いています。
今日は私の投資先の1社である日本和装から、株主優待制度の大幅拡充が発表されました!
でもよく読むと、保有株数が少ないと実質的に減る株主も多そうな感じです。

その前に、最近の株主優待の話題と言えば魚喜(2683)ですね!
4月7日(月)の引け後に株主優待の再開を発表してから3日連続のストップ高で、株価は2倍近くまで急騰しています。今日はかなり出来高が増えたので、明日のストップ高は難しそうですが、優待導入でこんなに株価が上がれば万々歳ですね。私は持っていませんが^_^;
魚喜株主優待
2010年に株主優待を廃止していますので4年ぶりの復活になるわけですが、株主優待再開でこんなに株価が上がり、時価総額が増えるのであれば、他の上場企業も株主優待をもっと有効に活用すればいいのにと思います。
魚喜の株主優待は、8月末の100株以上保有の株主に5千円相当の塩数の子セットを贈呈する内容です。
12月上旬までに届くそうなので、お正月にぴったりの株主優待ですね!そんなところも人気の一因なのかもしれません。

日本和装の株主優待ですが、こちらは今までは12月末の株主に保有株数に応じてクオカードやVJAギフトカードを贈呈していましたが、保有株数が5千株で打ち切りとなっており、5千株以上保有の株主は一律で5千円分のVJAギフトカードでした。
この上限区分がさらに3段階増えて、15,000株以上保有の株主にはなんと5万円分のVJAギフトカードを進呈することになりました!段階が増えたことで少しずつ買い増していく楽しさがありますよね。
こんな粋な配慮をされるとなかなか売りにくくなりますね(笑)
100〜900株 500円分のクオカード
1,000株〜  1,000円分のVJAギフトカード(今までは200〜400株保有でもらえた)
2,000株〜  2,000円分のVJAギフトカード(今までは500〜900株保有でもらえた)
3,000株〜  3,000円分のVJAギフトカード(今までは1,000〜4,900株保有でもらえた)
4,000株〜  4,000円分のVJAギフトカード 新設区分
5,000株〜  5,000円分のVJAギフトカード
7,000株〜 10,000円分のVJAギフトカード 新設区分
10,000株〜 30,000円分のVJAギフトカード 新設区分
15,000株〜 50,000円分のVJAギフトカード 新設区分

一方で200株〜2,900株保有の株主はギフト券優待に関しては金額が減ることになります。6月末の優待が加わるものの、12月までに買い増ししないとギフトカードが減ってしまいます。
株価は明日以降どんな動きをするのか分かりませんが、買い増しする株主が多いといいですね!

業績はV字回復を果たして、さらに今後子会社の上場なども計画しているようなので、あとは配当水準のV字回復を期待したいものです。まあ私の場合は株主優待がV字以上に回復する予定なんですが(笑)
6月末株主への株主優待も新設していて、金券に変わる前に株主優待として進呈していたきものシミ抜き券5千円相当を保有株数に応じて進呈するのに加えて、日本和装での買い物3%割引券も進呈することになりました。
こちらは日本和装のお客様によりメリットのある優待であり、日本和装のお客様に株主としても応援していただこう!という考えに沿った株主優待制度になっていると思います。
ここ1年ほどの株価は270円前後で横ばいという感じだったので、株主優待の充実とともに株価も上昇するといいですね!
最近は一般信用で手数料を稼ぐためにネット証券などが進んで優待タダ取り!を進める時代なので、優待タダ取り対策を考えておかないと、想定していた以上に優待コストがかかる!ということになりかねないので、この点が心配です。
どんな対策ができるのかは分かりませんが、社長の持ち株は絶対に貸し株に回さない(笑)くらいかな?
個人株主を増やそう!という国策に沿って株主優待導入企業が増えているのに、一方で証券業界が優待タダ取りを薦めるなんて、ホント証券業界は自分たちさえ儲かればそれでいいと考えているのかな?
優待タダ取りが増えると、企業にとってはコストばかりが増加して優待導入のメリットが少なくなり、優待廃止に追い込まれる会社が増えると思うんですが、証券業界は本当に何でもありの業界なんですね。
もっと長期的な視点で個人投資家の育成に取り組んでほしいものです

今日は一六堂(3366)の決算も発表されましたが、こちらはさえない印象です。
数年前はとても面白いビジネスモデルの高級居酒屋として注目していたんですが、頑なに株主優待の導入を拒否していて、万年割安な銘柄になっていました。立会外分売を繰り返して一時的に株主数を増やし、なんとか東証1部上場まで登りつめましたが、そこが株価のピークで、その後業績まで悪化して、業績の悪化で割安感が解消されるという最悪のパターンを辿っています。
株主優待を導入していれば知名度も向上し顧客も増えて、ここまで業績や株価が低迷することもなかったかもしれないと思うと、本当に残念ですね。

株主優待をうまく活用できるか?が株価だけでなく業績にも影響すると思うので、株主優待導入の真の目的・戦略などを想像しつつ、今後も株主優待を楽しんでいこうと思っています。
   ブログランキングに参加しています → にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
posted by アイル at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 株主優待 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月02日

ビストロハムサでmisawaの優待ランチ

3月の株主総会は名古屋の2社、ブロンコビリーとカナレ電気から始まりましたが、23日のGMOインターネットを皮切りに6泊7日の東京株主総会ツアーが始まります!
23日(日)のGMOインターネットの株主総会に備えて、前日の22日(土)早朝から青春18切符で東京に向かいました。
7時頃に名古屋を出て、恵比寿に着いたのは14時前くらいですが、話しながらの電車旅だったのでもう着いたの?という感じです。1人旅だと長く感じますが、話しながらだと7時間もあっという間ですね。
恵比寿駅に降り立ち、中目黒のビストロハムサを目指します。まずは女子会ランチです(笑)
ビストロハムサ
ビストロハムサはunicoブランドで家具・雑貨のお店を展開しているミサワ(3169)のフード事業部門が運営しているレストランです。
ミサワの株主優待は3種類から選べますが、自社レストランお食事券5,000円分が一番お得に感じます。
ビストロハムサのランチは1,500円のプリフィックスメニューになっていて、前菜とメインを選ぶことができ、コーヒーか紅茶が付いています。今回は2人で5千円分使えるので、300円のデザートと700円のカクテルも追加して、昼から宴会です(笑)
ビストロハムサ
 ボリューム満点ランチ!という看板に偽りはなかった!
ビストロハムサが入っているビルは、1階がunicoのお店になっていて5階がビストロハムサだと思っていましたが、どうやらここがミサワの本社のようです。ビストロハムサはミサワの社員食堂だったりして(笑)
エレベーターで5階に上がるとビストロハムサで、こじんまりとしたお店ですが窓が大きいので開放感のある明るいお店です。14時過ぎでしたが満席でした。席も少ないですし、人気店なので予約は必須です!
前菜は、田舎風 豚肉のパテ(写真手前)とニース風サラダ(写真奥)を選びました。
ビストロハムサ
ニース風サラダは色々な野菜がたっぷりで、ボリュームもあって美味しそうでした。東京滞在が続くと外食ばかりになるので、野菜豊富なメニューは嬉しいですね。

サラダと合わせてフランスパンも出てきますが、外はカリカリ中はもちもちでとても美味しいです。
メインはビストロハムサの人気メニュー さつきポークロースのローストを注文しましたが、14時過ぎではすでに売切れでした^_^; さすが人気メニューですね!
品切れではしょうがないので、チキン野郎の私は若鶏モモ肉のバスケーズを選びました(笑)
肉食系の彼女は、牛カイノミのステーキ 肉食系のためのボリューム満点ステーキ!を選びました。
ビストロハムサのようなオシャレな隠れ家的レストランの1,500円のランチは、ボリューム満点と言ってもたいした量はないだろうと甘く見て、美味しいパンをおかわりして食べていましたが、出てきた牛カイノミのステーキにはびっくり!イメージしていた倍はありそうなボリュームで、とても食べきれない!という感じでした。チキンにしておいて大正解でした(笑)
ビストロハムサ
若鶏モモ肉のバスケーズもモモ肉が1枚ドーンと入っていて、かなりのボリュームです!
バスケーズと言われてもどんな料理か全く想像が付きませんでしたが、バスク地方の料理で鶏肉をトマトやピーマンなどで軽く煮込んだ料理のようです。とても美味しくて鶏好きにはたまりません!
どうして若鶏モモ肉のバスケーズが一番人気じゃないんだろう?と不思議に感じました。
牛カイノミのステーキも食べてみましたが、少しクセのある味で肉食系ではない私は、バスケーズの方が好みです。
カイノミもググってみると、取れる量が少ない希少部位で、ヒレに近いので肉質は柔らかくあっさりした赤身肉のようです。確かに柔らかかったですが、少しクセがあるように感じました。
続いて紅茶とデザートを楽しみました。

ビストロハムサはモロッコ料理のレストランですが、モロッコ料理と言われてもイメージが湧きません。クスクスはリビアで食べたことがありますが、あまり美味しかったという印象はないので、どんな料理が出てくるんだろう?と不安な気持ちもありましたが、想像していた以上に美味しくてボリュームも満点で大満足でした。
ビストロハムサ
このお値段でこの美味しさ、ボリュームなので、人気なのも納得です。
レストラン事業もミサワの業績に貢献してくれるといいですね!
美味しいランチをご馳走様でした。これで明日からの株主総会ツアーを乗り切れそうです!
   ブログランキングに参加しています → にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
posted by アイル at 00:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする