トライアルセット生活

2017年02月17日

グループリース2016年決算分析1

グループリース(GL)の2016年決算(未監査)が発表されました!
まだ損益計算書と貸借対照表しか開示されていないので大まかな分析しかできませんが、可能な範囲で2016年の業績を分析してみます。

年度毎の業績推移をグラフ化してみると、カンボジアでのデジタルファイナンスモデルが機能し始めた2015年以降、業績が急成長しています。
(単位は千バーツ、利益が左軸、売上が右軸です)
グループリース
今期2017年は純利益が倍以上に伸びると此下会長が述べているので、今期の純利益目標も入れてみました♪
2016年実績も素晴らしいんですが、遥か下に見えてしまいますね^_^;
昨年末に開催されたウェッジの事業説明会で、此下社長が2018年はさらに倍以上になるだろうと述べていますが、2018年までグラフに入れると2016年が成長していないように見えてしまうので、やめておきます(笑)
何度も書いていますが、2014年まではタイでの新車バイクのリース販売が中心で、タイ経済の影響を受けて利益も変動していました。
2015年からはカンボジアで新たに始めた、東南アジアの地方部に特化した独自のマイクロファイナンスモデル「デジタルファイナンス」が機能し始めて、業績を伸ばしています。
年ベースではなく四半期ごとの業績推移は下記の通りです。
(グラフ部分をクリックすると画像ページが開き、そこでグラフをクリックすると拡大表示されます)
グループリース
四半期毎の業績推移を見てみると、2016年3Qはカンボジアでの干ばつの影響で、利益の伸びが鈍化して心配しましたが、最需要期の4Qではしっかりと2Qまでの伸びを取り戻しました。
と言うより4Qの利益の伸びは素晴らしいですね!
営業利益は売上の折れ線グラフを飛び越えてしまいました。デジタルファイナンスの利益率の高さが表れていると思います。
デジタルファイナンスのビジネスモデルは、規模が拡大するに連れて効率がさらに良くなる仕組みだと思うので、デジタルファイナンス展開国が広がっていく今後が楽しみですね。

次に販管費や不良債権コストの推移を見てみます。
グループリース

2015年以降営業利益の伸びが素晴らしいですが、不良債権コストが減少している影響が大きいです。
2013年から14年にかけて不良債権が増加したのは、GL本体で手掛ける新車バイクリースがタイ経済後退の影響を受けたためですが、与信基準を厳しくして新規の不良債権発生を抑制しつつ、不良債権処理を進めたことで利益が改善してきました。担保権を行使して回収してきた中古バイクの市場価格が回復してきた事も資産処分損の減少に寄与しています。

この辺りは、GL単体の業績推移を見るとよく分かります。
下記のGL単体の販管費などの推移は、GL本体がタイで手掛ける新車バイクリースの状況を表しています。
グループリース
不良債権コストの減少で、GL本体の営業利益も過去最高を連続更新しています。
カンボジアなどでのデジタルファイナンスが注目されていますが、GL本体の業績も改善しているのは心強いですね。タイでは子会社タナバンが手掛ける、中古バイクなどの動産担保ローンも伸ばしていくので、タイ国内での事業も順調に伸びていきそうです。

上記2つの連結と単体のグラフを比べると、連結の貸倒引当金が2016年に増加しています。
カンボジアの融資残高も200億円まで拡大しているので、融資が増えるに連れて一定の貸倒れが発生しているようです

次に販管費などの売上比率の推移を見てみます。
グループリース
不良債権コストの比率が低下したことで、営業利益率がV字回復しています。
販管費率が若干低下した事も利益率の向上に寄与しています。
昨年からインドネシアに進出し、今年はミャンマーも本格的に拡大していくので、当初は販管費もかかりますが、事業が拡大していけばデジタルファイナンスの効率性が効果を発揮し、販管費率も低下してくると期待しています。
ただ今年はさらに13ヵ国に展開する!という目標も掲げているので、こちらはM&Aに伴う一時的な費用も含めて、販管費の増加要因になります。2018年にはインドネシアもミャンマーもフルオペレーションに入るので、売上の伸びでこれらの販管費の増加要因もカバーできるのではないかと考えています。

最後にバランスシートを見てみます。
グループリース
固定負債が大幅に増加していますが、これはJトラストアジア向けに転換社債130M$(5,000百万バーツ程度)を発行したためです。これが株式に転換されれば株主資本比率も一気に高くなりますが、行使可能期間は5年間あり、その間5%の金利も付くので、転換期限まで社債として保有しそうですね。
GLの株価が上昇しているのでJトラストはデリバティブ評価益も計上できますし、この面からも転換権行使はギリギリになりそうです。
それでも株主資本比率50%と言うのは、ファイナンス会社ではあり得ないほどの高い数値で、財務体質は強固と評価できると思います。

今回のグループリースの決算発表は、ウェッジが日本で決算発表をする必要があるため、未監査の状態で計算書類だけ開示されています。事業報告書が出るともっと詳しく分析できますが、可能な範囲で分析を続けていこうと思っています。
2016年も順調に業績が拡大しましたし、この勢いで2017年も伸びていけそうだな!と感じるような決算だと評価しています。続報も楽しみにお待ちくださいね!
 応援ポチッとお願いします!
皆さまの応援があれば、上位に進出できると思います!
posted by アイル at 01:41| Comment(1) | TrackBack(0) | 銘柄分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

「市場」ではなく「企業」を買う株式投資

「市場」ではなく「企業」を買う株式投資の、はじめにを読み終えました(笑)
   
前書き部分の「はじめに」を読んだだけで書評を書きたくなったのは初めてです!
実質4ページの前書きを読んだだけでも、この本に出会えて良かったと感じます。
この本はろくすけさんがブログで紹介していて知りましたが、投資家仲間の皆さんが薦めてくれる本は本当に勉強になりますね!
   川北英隆編「『市場』ではなく『企業』を買う株式投資」を読む。

平均的な株式市場から離れることにより、株式投資からそれにふさわしい収益が着実に得られる、少なくともその可能性を高められる、と筆者たちは考えているという冒頭の一文で、我が意を得たり!と激しく同意しました。続く一文もよくぞ言ってくれた!という感じです。
東証株価指数や日経平均株価をそっくりまねるインデックス運用は望ましくない。投資対象を選別、厳選し、それらの投資対象に資金を集中することが望ましい。
この投資方法を 厳選投資 と呼ぶことにする!


私が目指してきたのもこの厳選投資です。
まだ本文を読んでいないんですが、ここまで読んだだけでも自分の考えが理論的にも正しいのだな〜と感慨深いですし満足感を感じます。日本の研究者やファンドマネージャーの中にも、投資の常識を疑い検証する方々がいるのは心強いですね!
日本の研究者の方々は、効率的市場仮説などもっともらしい経済理論を信奉しすぎだと思います。

ただ、株式投資に関する指南書が多数書店に並んでいるのは、裏を返せば株式投資が簡単に儲からない証拠、という部分は少し違うと思います。
株式投資が簡単に儲かるとは思いませんが、そんなに難しいものでもないと思います。
投資の指南書がたくさんあるのは株式投資で成功する方法は人によって様々ですし、それらの投資法が個々人に合う合わないがあるからだと思っています。
本や勉強会などを通じて様々な投資法に触れて、実際に実践してみて、自分に合う投資法、自分なりの工夫を加えた自分らしい投資法を作り上げていくことが大事だと思います。
もちろん読む価値のない投資本もたくさんあるとは思いますが^_^;

日本では、本当は儲からない株式投資の方法が、投資の一応のプロたちによってあたかも正当であるかのようにみなされてきた、と言うのもまさにその通りで、本書では一例としてインデックス投資について言及しています。
日経平均株価
日経平均株価の長期チャートは上記の通りで、バブル相場と言われた1989年までは日経平均に投資していても素晴らしいリターンが得られたと思います。しかし90年代以降は1万円から2万円のボックス圏での動きであり、長期投資していてもまったく増えない儲からない株式投資になっています。
1989年までの長期上昇相場でも、個別株は日経平均以上に上がっている株がたくさんあるので、厳選投資の方が遥かに高いリターンをあげていたと思います。
もっともらしいアドバイスでも、思考停止せずに自分自身でよくよく考えることが大事だと思います。

投資の常識として皆が知っている安心な大型優良株に分散投資する、という安易なアドバイスも典型的例だと思います。
しかし日本市場ではこれも儲からない株式投資になっています。
下記はトピックスCore30という大型優良株指数の推移です。
コア30
バブル崩壊からの下げトレンドがまだ続いている感じで、皆が知っている安心な大型優良株に分散投資していたら株式投資が嫌になりますね(笑)
アベノミクスでも含み損が減った、あるいはやっとプラスに浮上した程度ではないでしょうか?

私は、個人投資家はこの様な大型株ではなく、今後の成長が期待できる小型株の中から、割安あるいはフェアバリューな会社を探して、成長を見守りながら長期投資するのが適していると考え実践しています。
個人投資家には多くの利点があるので、それを活かせる分野で勝負することが大事だと思います。
(1)どんな株でも投資できる
時価総額が小さい、流動性がほとんどない、知名度がない、不人気業種悪い噂がある^_^;など
(2)誰かに投資理由、ポートフォリオ内訳、投資成績などを説明する必要がない
自分自身が納得できればどんな会社でも投資できるし、含み損になっても誰にも責めならない(笑)
他人の運用を気にする必要もないし、先行きがよく分からない時は100%現金にしても問題ない
(3)解約に備える必要がない
フルポジションも可能だし、暴落時に安値で投げ売りする必要もない
(4)時間を味方にすることができる
定期的に結果報告する必要がないので、目先の株価に左右されず投資期間を自由に決められる

ざっと挙げてもこんなに個人投資家のメリットがあるので、強みが活かせる投資をしてほしいですね!
 応援ポチッとお願いします!
皆さまの応援があれば、上位に進出できると思います!
posted by アイル at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

私は株で200万ドル儲けた!

私の話ではなく、ニコラス・ダーバスさんの不朽の名作 私は株で200万ドル儲けた を読みました。
         
たぶんDUKE。さんに出会っていなかったら、まだこの本に気付いていないと思います。
私はファンダメンタリストなのでテクニカル系の本はほとんど読みません。
しかしDUKE。さんの新高値ブレイク投資術を読んで、あまりにも効率的な投資法に圧倒されました!

私の場合は割安な成長株を株価が底ばいと思われる間に少しずつ買い、あとは上がるのを気長に待つという忍耐投資法だったので(笑)
新高値という分かりやすい指標でビックチェンジを秘めた会社を探す!というのは非常に効率的で、とても敵わないな〜と痛感しました。
そんなDUKE。さんのお薦め本なので、早速図書館で借りてきて読んでみました。
独自のボックス理論を確立するまでの試行錯誤が書かれており、投資家はみな一度は通ってきた道なので共感しながら読めますね。私の場合はボックス理論に辿り着く前に、ファンダメンタル分析をもっと深掘りして粘り、今の忍耐投資法に辿り着きました(笑)
ただそれほど意識してはいませんが、ボックス理論的なことも考慮して株価推移を見ています。この本を読んでそのことにも気付きました。
DUKE。さんなどはテクニカルが先で、条件を満たした銘柄のファンダメンタルを調べるという流れだと思いますが、私の場合はファンダメンタルを徹底的に調べた上で、テクニカルも参考に買い場や売り場を検討するという感じです。
うまくいけば大きく上昇する株を底値圏で買うことができますが、いつ大きく上昇するかはまったく分かりませんし、上昇を待っている間に外部環境の変化などで成長期待がはげ落ちてしまうこともあります。
新高値ブレイク投資術と比べると負けてる感がハンパないです^_^;
良いところを取り入れて、自分の投資方法の改善につなげていきたいと思っています。

私は2003年発刊のオリジナル版を読みましたが、この本を読んでもボックス理論についてあまり詳しくは書かれていない印象です。ボックスを積み上げて高値を更新していくような会社に投資し、ボックスを下抜けない限りは持ち続ければよい、と大まかに理解しました。
こういった本を読むと早速身近な株で検証してみたくなりますよね(笑)

ということで昨年秋以降高値を更新しているウェッジに当てはめてみました!
まずは週足で見てみます。
ボックス理論
私が本格的に買い始めたのは2015年末からですが、この頃は400円を下限とするボックス圏の値動きで、2016年には子会社のグループリースがインドネシアに進出するし、400円が底なんだろうな〜と判断して買っていました。ところが2月に大幅な下方修正が出たり^_^;、全体相場が大きく崩れて一気に300円まで割ってしまったのは予想外でした。ボックス理論的には400円を割れたら即損切りですよね!
私の場合は、『私、損切りしないので!』なのでwもちろん損切りせず持続です。
2月以降は辛い日々が続きました(笑)
6月のブリグジットの時には200円さえ割れるんじゃないか!とビビりましたが、そこを底に緩やかに戻り始めました。日足チャートを見るとよく分かります。
ボックス理論
7月頃は400円の以前のボックス下限に近付くとすぐに跳ね返される展開でしたが、8月下旬に400円を突破してからはきれいにボックスを積み上げている感じです。
10月には600円から740円くらいのボックス圏の動きが1ヵ月ほど続きましたが、11月14日の決算発表で「どこまで事業が拡大するか現時点では分からないので、今期の予想は発表しない!」という発表が投資家の妄想を掻き立て(笑)ボックス上限を軽々と飛び越え、1000円から1200円のボックスに移行しました。
一気に跳ね上がったこともあって、このボックスでの動きは2ヵ月近くに渡りました。それでもほとんど千円を割れなかったのは、強い動きが続いていたという事なんでしょうね。
12月27日午後の株主総会前日に千円を割れているのは謎ですね。
総会で悪材料でも出ると思ったんでしょうか?
あるいはここ数年流行の決算プレイを応用した総会プレーのポジション外しでもあったんでしょうか?
まあ総会で悪材料など出る訳もなく、その後はボックス半ばでの値動きが続きました。
今はこのボックスを抜けて、新たなボックスの形成に入った段階です。
今後1300円から1500円程度のボックスでの動きが続くのか?注目していきたいと思っています。

2月14日には決算発表が予定されていますが、1Q決算には過度の期待をしない方が良いと思います。
期が進むに連れて業績が右肩上がりに向上していくと予想していますし、本格的に業績が伸びるのは2018年からだと思っています。目先の業績に期待し過ぎるのはどうかと思います。
決算期待を煽って売り抜けたい短期筋の書き込みに惑わされない様ご注意くださいね!

以上、なんちゃってテクニカルアオリストのボックス理論でした(笑)
「私は株で200万ドル儲けた」は一読されるのをお薦めします!
 応援ポチッとお願いします!
皆さまの応援があれば、上位に進出できると思います!
posted by アイル at 00:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 投資関連書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする