2010年05月02日

割安な成長株はどこにある?

今まで、中長期投資に適した会社は、成長性が見込めるのに割安に放置されている会社だということをお話してきましたが、そのような会社はどこにあるのでしょうか?

日本の人口を考えると、関東圏に集中しています。証券取引所も東京証券取引所が日本最大ですし、東証上場企業は一流企業と見られています。特に東証1部に上場することは、日本を代表する企業の仲間入りを果たすという感じです。
ですから関東圏に本社のある会社は、多くの人の注目を集めやすいですし、すでに東証に上場している会社は全国的に注目されている可能性があります。するといい会社であれば割安な株価で放置されている可能性は低くなります。割安に放置されているのは何か理由があるのかもしれません。成長性に疑問が付いているとか、会社自体が何か問題を抱えていることもあります。
もちろん東証上場企業もたくさんあるので、なかには割安な成長企業も隠れています。しかしそれ以上に、地方の証券取引所(名古屋証券取引所、福岡証券取引所、札幌証券取引所、大阪証券取引所)にはいい会社が隠れている可能性が高いと思います。それはほとんどの人が注目していないからです。特に名古屋証券取引所、福岡証券取引所、札幌証券取引所に単独上場しているような会社は、地元の会社も多いですし全国的な知名度はないに等しい会社もたくさんあります。
そのような地方の証券取引所に上場している会社からいい会社を探すというのも有効な手段だと思っています。
私たちは東海地方に住んでいるんですから、名証に上場している地元の会社の中からいい会社を探してみるというのもいい方法だと思います。地元の会社だったら会社の評判なども耳に入りやすいですし、本社などを見に行くことも可能です。株主総会も地元で開催されるので出席も楽です。

一方今後の成長性をイメージするという点からは、サービス業の会社は比較的成長イメージが描きやすいと思います。地元で評判のカレー屋さんであれば、全国展開していくことで会社が成長して利益も伸びることがイメージしやすいですし、お店がはやっているかどうかは実際にお店を見に行ったり、自分で食べてみれば多くのことが分かります。これも地元の会社ならではです。

私は地元本社のサービス業の会社に投資することが多いですが、それは上記の理由からです。サービス業全体としては、少子高齢化の日本では縮小していくと考えられ、株式市場ではあまり人気がありません。しかしそのような市場環境でも成長を遂げていく会社はたくさんあると思います。そのような地元のいい会社をこれからも発掘していきたいですねるんるん
posted by アイル at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資姿勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック