2012年03月13日

東祥ホリデイスポーツクラブ出店

東祥からホリデースポーツクラブの新規出店が発表されました。
2店舗ずつ発表するケースが多いように感じるんですが、気のせいでしょうか(笑)
今回発表されたのは、
 2012年11月オープン 神奈川県座間市小松原のホリデイスポーツクラブ座間
 2013年2月オープン 岩手県盛岡市月が丘のホリデイスポーツクラブ盛岡


ホリデイスポーツクラブ座間は首都圏なので、新開発のノンプールモデルの2階建て約1,350uで3億円の投資、ホリデイスポーツクラブ盛岡は東祥が得意としてきた地方型の出店であり、プール併設の1,700uでこちらも3億円の投資を予定しています。
これで今期の出店予定は7店が発表されています。中期計画に沿って順調に事業が進捗していますね。
今期の出店予定をまとめてみると下記の通りです。
 2012年 5月 ホリデイスポーツクラブ日進長久手(愛知県)
 2012年 5月 ホリデイスポーツクラブ船橋日大前(千葉県)
 2012年11月 ホリデイスポーツクラブ海老名(神奈川県)
 2012年11月 ホリデイスポーツクラブ座間(神奈川県)
 2013年 1月 ホリデイスポーツクラブ東京小平(東京都)
 2013年 2月 ホリデイスポーツクラブ東大阪(大阪府)
 2013年 2月 ホリデイスポーツクラブ盛岡(岩手県


上記の通り、来期のオープンは都市近郊型が大部分を占めていることが分かります。
今までは中国や九州、北関東など地方中心に出店してきましたが、大都市圏でも地価が下がり、賃料水準も東祥の出店基準に合うようになってきたので、大都市圏での出店が増えてきました。
地方中心だと競争はあまりありませんが、全国的な知名度がなかなか上がらないので、株価的には苦戦していました。同業で上場しているセントラルスポーツ(4801)ルネサンス(2378)メガロス(2165)などはそこそこ人気があるのに、東祥だけは株式市場では取り残されているような寂しさを感じていました。
スポーツクラブ株価
値動き自体は大きな差はないようにも見えますが、東祥の業績が一番良いのにPERでは2〜3倍の差を付けられていて、東祥の株価だけ割安な水準に放置されていました。
他社はカタカナ社名でブランド名と社名が一致しているのに対し、ホリデイスポーツクラブは社名が東祥であり、結びつかないという部分も知名度が低い一因だと思います。会社側でも株価の低迷に危機感を感じたのか、2010年頃から個人投資家向けのIR活動を強化しています。とはいえIR活動がすぐに株価に結び付くわけではなく、割安な状態は続いていました。

そんな東祥も大都市圏への出店が進むに連れて徐々に知名度も上がっているのか、最近の株価は順調に上昇しています。
東祥株価
500円前後をうろうろすることが多かったんですが、今年の1月以降上昇基調が鮮明になり、今日遂に700円を突破しました。2009年9月に721円の高値を付けているので、次はここが目標になりますね!
東祥は地味な会社なので時間をかけてゆっくり上がっていくと思っていたので、最近の上昇には驚くばかりです。

東祥にもこれだけの資金が回ってくるということは、日本の株式市場も本格的に温まりだしているのかもしれませんね。中小型株をリーマンショック前からずっとストロングホールド(笑)してきた私にとっては、2012年は久々に大きなリターンが期待できそうな気がしてきました\(^o^)/
私のポートフォリオの中でもまだ動きがない会社もたくさんありますが、徐々に循環物色の対象となって水準訂正が進んでいくと嬉しいですね!
   ブログランキングに参加しています → にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
posted by アイル at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 銘柄分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック