2012年05月03日

ピースボート船内見学会

今日は名古屋港で行われたピースボートの船内見学会に行ってきました。
前回の地球一周クルーズまではオセアニック号が使われていましたが、第76回クルーズからは船が変わりオーシャンドリーム号になります。こんなに早く船が変わるとは思ってもいなかったので、早速新しい船を見に行きました。

と言っても今日気になったのはティアの株価推移です(笑)
5月1日に待ちに待った業績上方修正が発表され、今日の株価は吹き上がるぞ〜と朝から期待して株価をチェックしていましたが、何ともおとなしい値動きであり、大きな材料が発表されたとはとても思えないような売買状況でした。
ピースボート船内見学会
あまりにも期待外れだったので、もう日本を脱出するしかない!(笑)とばかりに現実逃避して、地球一周クルーズ体験に行ってきました。

今日はあいにくの雨模様で、天気が良ければ船も映えるのに残念ですね。
ピースボート船内見学会
これがこれからのクルーズで使われるオーシャンドリーム号です。
今までよりも新しい船になったので、船内の設備もきれいですし、水回りも使いやすそうでした。
最近は全国で船内見学会も開催していて、今年1月にも名古屋で船内見学会がありました。その時はオセアニック号だったので、まさか今回新しい船が来るとは思いませんでした。
名古屋の見学会も5千人が申し込んだそうで、船内を案内するボランティアスタッフも大量に動員していましたが、雨ということで来なかった人もけっこういたようです。その分前回の見学会よりもゆっくりと見て回ることができました。
見学会に来ると懐かしいスタッフと再会出来たり、クルーズ仲間との再会もあったりして、また行きたくなってしまいます。それが狙いなんでしょうが(笑)
今回も本当に久しぶりに再会したスタッフもいたりして、色々な話に花が咲きました。
第76回地球一周クルーズは北欧の方を回るクルーズで、来週の5月8日(火)出航ですが、乗船する人にティアの株主がいました。ティア買い増した方がいいかな?と聞かれましたが、好材料が出ても動かない株価にうんざりしていたので、「いや〜無理しない方が良いと思うよ〜」というアドバイスになってしまいました。
昨日までなら「そりゃあ買い増しでしょう!」と答えていたと思いますが、かなり弱気になってます。
これから3ヵ月以上も日本を離れて株価もチェックできないのに、値動きの悪いティアはちょっと薦めにくいですよね。

船内にはピアノをモチーフにしたバーもありました。
ピースボート船内見学会
照明もピアノの鍵盤のデザインで、テーブルも鍵盤の模様が入っています。
もちろん中央にはピアノが設置されています。今までの船には無いような異次元空間という感じでした。

横浜の見学会は早々と定員に達してしまうなど見学会への申込みも好調ですが、クルーズへの申込みも好調のようです。
私は前回は2008年1月〜4月にかけて南極半島遊覧も含む南回りの第60回クルーズに参加しましたが、その時は900人を超える乗船客があり大繁盛でした。しかし2008年の秋以降は、リーマンショックの影響で景気が悪くなって、クルーズどころじゃない!という感じで乗船客も激減し、500〜600人くらいの時期もあったようです。それが最近はコンスタントに900人くらい乗船しているそうです。
現在申込み受付中のクルーズも下記の通りかなり残りわずかになっています。
ピースボート船内見学会
特にシングルルームは満室が多いですね。12月に出航の第78回クルーズは南回りなので特に人気が高く、本当に残りわずかという感じです。
ピースボートが好調というのはありがたいことです。他にはないような地球一周クルーズなので、まだ何度か乗りたいと思っています。そのためにはずっと継続してもらわなければいけません。赤字だと継続が困難になるわけで、多くの人に乗船してもらいきっちりと利益を出していかないと事業として成り立ちません
ピースボートはNGOということもあって、利益を出すのは悪いこと!と思っているような人もいるようなので、それが心配でした。暴利をむさぼるのは良くないですが、きちんと利益を上げてスタッフの方々も安心して生活できるような基盤を作らないと、せっかくの良い事業でも継続できません。きちんと利益を出し、有事に備えて内部留保も厚くして、事業として継続できるような体制を作って欲しいですね。

4月30日には神戸で船内見学会が開催されましたが、ボランティアスタッフの人は神戸港から名古屋港までオーシャンドリーム号に乗ってクルーズを満喫できたそうです。とてもうらやましいですね!
飛鳥などのクルーズでも、港間の移動も無駄にせずワンナイトクルーズなどと銘打って有料でクルーズを行っています。ピースボートでも同様のクルーズを企画すればいいのにと感じました。
今回も博多、神戸、名古屋、横浜と移動しながら船内見学会を開催しているので、それぞれ1泊2日のクルーズを企画して、3〜5万円くらいで募集すればかなり集客できそうです。
リピーターの人は新しい船を体験してみたいでしょうし、初めてクルーズへの参加を考えている人には良い体験クルーズの機会になると思います。
6階のキャビンだけを使うなどの制限をすれば、それほど出航作業の邪魔になることもなく、両者にメリットがあると思います。船内見学に加えてワンナイトクルーズがあればぜひ参加したいですし、少しでもクルーズの楽しさを感じてもらえたら、不安感が払しょくされさらに申込みが増えると思います。そのうえクルーズ売上が計上されるわけですから、スタッフの待遇改善も可能になります(笑)
もっといろんな工夫をして欲しいですね。

次は北欧のフィヨルドやアイスランド、グリーンランドに寄港するような北回りに参加したいんですが、そういったコースは4〜7月に開催されるので、株主総会マニアの私には参加が難しくなってしまいます。
ぜひ7月出航の北回りを企画してほしいとお願いしたら、7月出航では北欧に着くのが8月下旬になってしまい、寒いので無理!と却下されてしまいました(笑)
確かに少し寒いかもしれませんが、寒くなるとオーロラも見えるかもしれませんし(ちょっと無理があるかな^_^;)、ぜひ企画して欲しいですね!
最近話題の北極海をロシア沿いに最短で進む航路であれば、7月出航でも十分に間にあいそうです。
世界初!北極海横断クルーズ!と銘打ちチャレンジして欲しいな〜(笑)
   ブログランキングに参加しています → にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
posted by アイル at 00:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
綺麗な船ですね!
見学会行ってみたいです!

世界一周はムリでも国内だけの体験クルーズ、あったらぜひ参加したいですね!
でも外国船籍の船は、日本国内だけのクルーズは日本の法律で決まっていて、実施できないって聞きました。
従業員の移動はOKでもお金を取ってお客さんを乗せることができないそうです。

日本船籍の船だったら良かったですけどパナマ船籍ですからねー。
Posted by 船マニア at 2012年05月08日 02:44
船マニアさん、コメントいただきありがとうございます。
そんな法律があるとは知りませんでした。
国内産業の保護が目的なのか分かりませんが、時代に合わないような法律は見直して欲しいものです。体験クルーズの需要は大きいと思いますし、手軽に体験することで市場が広がっていくと思うんですけどね!

今後ともよろしくお願いします。
Posted by Zaimax at 2012年05月08日 10:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック