2012年05月09日

東祥2012年3月期決算分析

東祥(8920)の2012年3月期決算が発表されました。
売上は11.1%増の120.04億円、営業利益は14.8%増の25.24億円、経常利益は16.3%増の23.26億円、純利益は15.3%増の12.34億円となり、すべて2桁の増収増益となりました。
2013年3月期の計画も増収増益が続く計画になっています。
東祥2012年3月期決算分析

上記グラフは2002年以降の売上と営業利益率の推移ですが、リーマンショック後の2009年はホテル事業の稼働率が大幅に低下し、売上も減少していますが、それ以外は順調に成長しています。
経営資源をホリデイスポーツクラブ事業に集中してきた効果で、利益率も一貫して上昇傾向が続いています。売上が伸びながら利益率も上昇しているので、利益額は大きく伸びています。
東祥2012年3月期決算分析

2011年度も過去最高益を更新していますが、今期2012年度も連続して最高益を更新する計画です。
今期の計画はレンジで発表していますが、上記グラフは上限の計画値を使用しています。なぜ今回はレンジでの予想になったのかはよく分かりません。2013年3月にホリデイスポーツクラブ東大阪がオープン予定になっているので、このオープンが4月以降にずれるかもしれないということなのかもしれません。
東祥のリスクとして借入金が多いことを挙げられますが、豊富なキャッシュフローを使って借入金の返済も行っており、株主資本比率も31.3%まで向上しています。それに伴い支払利息の負担も減ってきており、経常利益の改善につながっています。上記グラフでも営業利益と経常利益の差が、2006年・2007年頃と比べると小さくなっているのが分かります。

東祥は大きく分けて、大人向けのフィットネスクラブを運営しているホリデイスポーツクラブ事業、ビジネスホテルのABホテルを運営しているホテル事業、賃貸マンションなどを運営している賃貸事業の3つに分けられます。
それぞれ事業ごとの総利益率の推移を表したのが下記のグラフです。
東祥2012年3月期決算分析
ホテル事業はトヨタのお膝元に立地しているビジネスホテルが中心なので、稼動率は世界景気の影響を大きく受けます。2006年以降は特に変動率が大きくなっています。リーマンショック後の2009年には利益率も大きく落ち込みましたが、その後ビジネスマンだけではなくてファミリー需要も取り込むために、部屋を改装するなどの対応を行い業績も回復してきました。
賃貸事業はあまり景気変動の影響も受けず安定しています。現状の東祥のビジネスモデルは、賃貸事業で安定したキャッシュを創出し、それをホリデイ事業に集中的に投下して業績を伸ばす!という形になっています。スポーツセンター事業は出店が続いていることから、出店経費や減価償却費なども増加するので、利益率は横ばいで推移しています。出店を止めれば利益率は改善しますが、成長も大事なので出店を継続し売上を伸ばすことで比例して利益も伸びるという状況になっています。
利益率が維持できていれば問題ないと思います。

2005年の秋以降ホリデイスポーツクラブの出店が加速しているので、上記のグラフで分かる様にこの時期からホリデイ事業の利益率が低下しています。
キャッシュフローの推移を見ると、年度ごとの投資額の変化がよく分かります。
東祥2012年3月期決算分析
出店が多かった2005年から2007年にかけては、投資キャッシュフローが50億円前後という状態が続き、足りない資金を借り入れで賄ったので有利子負債が大幅に増加しました。
リーマンショック後はホテル事業の新規投資を止めるなど投資を抑えたので、フリーキャッシュフローがプラスに転じました。
2010年以降は設備投資額を抑えたスポーツクラブを開発したり、地主さんに建物も建ててもらって賃借料を払う形式の出店も行うなど、出店を加速しながらも投資額は抑えています。それが上記キャッシュフローの推移にも表れています。
今期も増益予想なので営業キャッシュフローが増えると思うので、さらに右側に移動してくると思います。出店を続けながらも安定した利益が計上でき、借入金の返済に回したり配当として株主に還元できる余力が大きくなっています。
業績の向上とともに増配のペースももう少し上げて欲しいなと感じますね!
東祥2012年3月期決算分析
株価は3月中頃までは順調に上昇してきましたが、その後は乱高下という感じになっています。
2007年4月には上場来高値の1,199円を付けていますが、業績は過去最高益を2年連続して更新する勢いなんですから、株価も上場来高値を目指してほしいですね!

団塊の世代など健康に関心の高い層は増えており、あまり外部環境の影響を受けずに安定した成長ができる会社だと思っています。業績とともに株価もまた力強く上昇することを期待しています。
   ブログランキングに参加しています → にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
posted by アイル at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 東祥(8920) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック