2012年07月17日

株主総会事件簿 総会屋見習い!?

一般消費者向けサービス業で株主優待も行っている会社は、個人株主兼顧客という方々がたくさん株主総会に参加します。
中にはモンスター株主^_^;も含まれているので、より過激な事件(笑)も発生します!
今回は遂に総会屋(見習い中?)登場です!

その事件は6月中旬のある日、飲食サービス業の株主総会で発生した!

その株主は毎年議決権行使書を5枚かき集めて株主総会に参加し、お土産を5つ持ち帰ることを生き甲斐にしているようです(笑)
2010年までは問題なくお土産をゲット出来ていたようだが、2011年からは正当な手段ではお土産を1つしかもらえなくなり、会社側を困らせて強引に利益供与を求めるようになったようだ。

そうなった背景として、株価が高かった頃に買ったので大きな含み損を抱えており、お土産で少しでも損を回収したいという切実な事情と、株価低迷で含み損が出ていることに対する会社側への不満があるようだ。
この株主の辞書には自己責任という言葉は載っていない!
この株主は株主総会中に質問に立ち長々と自説を主張していたが、まさに総会屋という感じの長時間の演説でした。
最初は会社側を褒めまくっていたが、上記のような背景があるので完全に褒め殺しと思われる^_^;
それにしても与党総会屋を彷彿とさせる名演説でした。
それなのに総会屋見習い?と見習いを付け、さらに?マークを付けているのには理由がある。
総会屋としての基本動作が出来ていない!のだ。
もし本当の総会屋さんだったら、見習いを付けてしまいすみません。私がイメージしている総会屋像とはかなり異なるので、たぶんまだ見習いだと思いますが、新タイプの総会屋出現なのかもしれません。
どこが基本動作から外れているかについては、徐々に明らかになっていきます。

演説の続きですが、後半からは会社側への不満をぶつけるようになり、野党総会屋としても一面も覗かせます。与党総会屋と野党総会屋の立場をうまく使い分けるあたりなど流石です!
一番不満に感じているのは、議決権行使書を5枚持ってきたのに、お土産との引換券になる出席票を1枚しか貰えなかった ことです。
この点について総会屋仲間なのか、大阪から来た株主も引き合いに出しながら会社側の対応を批判していました。この株主の主張によると、お土産を議決権行使書の枚数分こころよくくれる会社が誇りを持てる会社 であり、1個しかお土産をくれないような会社は誇りの持てない会社ということらしい(笑)
まあこの辺りは個人個人の考え方なので特に問題はありませんが、株主総会の質問時間は限られているので、長々と演説されるのは他の株主には迷惑です。
個人株主だとしたら困った株主だな〜という感じですが、総会屋となると目立ってなんぼという世界なので、長々と演説するのも理解できます。事前に話が付いていれば質問もしないですが、今回の様に株主総会までもめ続けている場合は、株主総会を長引かしたり経営陣を困らせる質問をする必要があるので、今回の様に 長々と演説して存在感を誇示することになります。

この会社の場合、質問が多いので株主総会後にも質問タイムを設けています。
この場で 衝撃的な事実 が判明しました!(笑)

株主総会で大演説を行い存在感を誇示したので、株主総会後の休憩中に再度受付に行き、またしても責任者を呼び出してお土産を5つゲットしようと再交渉したようです。
しかし失敗に終わり再度の大演説に臨みました。
今回は完全に野党総会屋に豹変していました(笑)
その演説は物議を醸す内容を多分に含んでいましたが、中でも昨年の株主総会でもお土産は1つと言われながら、受付でゴネた結果お土産を5つ貰って帰った という発言には耳を疑いました!

これは完全に会社側からの利益供与ですよね?
他の株主は出席者1人に対しお土産1つだったのに、ゴネたこの株主には5つお土産を渡したわけですから、4千円分の利益供与ということになります(笑)
受付でゴネて会社側を困らせることで4千円分の利益を得たわけですから利益供与だと思うんですが、それを堂々と株主の前で自慢してしまう辺りが総会屋らしくありません
自ら私は利益供与を受けました!と宣言しているようなものです。総会屋に対する取り締まりが厳しい中で、こんな発言をするような脇の甘い(笑)総会屋がいるんでしょうか?
そんなわけで総会屋見習い?とさせて頂きました。
こんな基本ができていない状態だと、本物の総会屋になる前に警察に連行されてしまいそうです^_^;

あくまで噂ですが、2回に渡る大演説の効果で、今年も5つお土産を持って帰ることに成功したようです。
噂が本当なら2年連続して会社側から利益供与を受けたことになります。
果たして来年もこの株主は株主総会会場に姿を見せるのか気になりますね!
姿を見せれば健在ということですが、今年は登場しなかったらしい大阪の株主のように、来年会場に姿を見せなかった場合、利益供与が警察にばれてお縄頂戴になったのか、あるいは事前に会社側と利益供与の話し合いがついたためなのか、余計に気になりますよね!
コンプライアンス強化が叫ばれる昨今ですから、もしかしたら会社側も特定の総会屋への利益供与と取られるのを避けるために、来年からは出席した株主全員に議決権行使書枚数分のお土産を渡すように、受付での対応を変更するかもしれません^_^;
来年の株主総会の見どころがまた一つ増えました(笑)

そういえば昨年のあみやき亭の株主総会でも、受付でお土産を議決権行使書枚数分寄こせ!と怒鳴っている株主がいたことを思い出しました。
その人も受付の女性に対し、お前じゃ話にならん!責任者を呼んで来い!と怒鳴っていて、責任者がお土産は1つだと説明しても納得せず、ずっと怒鳴り続けていました。
そのうち受付横でずっと揉めるのは印象がよくないと感じたのか、上の階に2人で上がっていきました。
密室での交渉となり結果は分かりませんが、もしかしたら同一人物の仕業なのでしょうか?
あるいはこうしたモンスター株主が増えているのでしょうか?
株主総会事件簿 お土産強奪事件 でも取り上げたように、同じような株主が増えているのは事実の様です。
いい大人なんですから、もう少し節度を持って株主総会を楽しんでほしいですね!
   ブログランキングに参加しています → にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
こんなアンビリーバブルな株主がいた!というタレコミも大募集中です!
株主総会事件簿シリーズを続けていくために、皆さまからの情報提供もお待ちしております。
こちらの 株主総会 連絡フォーム からも情報提供可能です(笑)

   株主総会事件簿シリーズ トップに戻る
   ブログランキングに参加しています → にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
posted by アイル at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 株主総会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/281497204
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック