2013年03月21日

新橋名物 肉めし岡むら屋

アークランドサービスの期待の新業態 肉めし岡むら屋に行ってきました。
アークランドサービスはカツ丼のかつやを展開していますが、牛めしの松屋がカツ丼への参入を表明するなど、カツ丼チェーンにも牛丼戦争の余波が波及してきそうな雲行き です。
敵がカツ丼に参入してくるなら我々も!という感じなのか、アークランドサービスも牛丼風のテストを始めたようです。それだけ危機感を感じているとも言えそうです。
肉めし岡むら屋
肉めし岡むら屋は新橋駅前のニュー新橋ビル1階にあります。
隣は天丼アキバ、その隣はかつやで、アークランドサービスのお店が並んでいます。
通り側からだと入り口が少し分かりにくく感じました。ビル内からもお店に入ることができます。
中はカウンター席とテーブル席があります。
メニューは肉めし中心で至ってシンプルです。
肉めし岡むら屋
基本の肉めしに卵や豆腐、味噌汁などが選べます。
よく煮込んで味のしみた豆腐を見ると、濃厚な味を想像しますよね!
味噌汁とのセット販売を推進していて、みそ汁はいかがですか?と聞かれます(笑)やはりセット販売は基本中の基本ですね!
味噌汁は他の牛丼店より美味しそうでした。ネギもちゃんと入っています。

もちろん肉めし380円を注文しました。豆腐も試してみたかったんですが、それほどお腹が空いていなかったので、今回は肉めしだけにしました。
会計は吉野家形式で、食事後に精算する方式でした。
肉めし岡むら屋
見た感じも他社の牛丼とはまったく違います。肉の他にたまねぎ、こんにゃくがゴロゴロと載っています。肉もけっこう載っていました。ところどころに白く見えるのは、刻んだにんにくやしょうがなどと思われます。
肉は牛スジ肉をじっくり煮込んだ感じで、ゴロゴロと入っています。
それ以上にご飯の量も多くて、ボリューム感は満点です。

味はイメージしていたものとはまったく違いました
牛丼も焼き牛丼も、基本的には濃い目の味付けの牛肉が食欲をそそり、ご飯が進むという感じですが、岡むら屋の肉めしは薄味です。肉はよく煮込んでありますが、味付けが薄めなのであまり主張しない感じです。その代わりに、上に生姜やにんにくなどがトッピングしてあるようでした。
よく煮込んだ肉めしということで、すき焼き風を想像していたのに対し、薄味でよく煮込んだ感じで、正直なんとも評価しづらい味でした。まずいわけではないんですが、薄味で特徴がないので評価しづらい感じです。
他社にはない味ということは確かなので、この肉めしが好きな人はリピートしてくれるでしょうし、あっさり系なので、リピートしても食べやすそうです。かつやは毎週のようには行けませんが(笑)肉めしなら大丈夫です。
3月16日にオープンしたばかりですが、今後いろいろな感想が集まってくるでしょうし、多くの顧客に受け入れられて新たな肉めしジャンルを創造できるのか、今後の動きに注目ですね!
   ブログランキングに参加しています → にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
posted by アイル at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 銘柄分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック