2015年11月22日

VTホールディングス決算分析2

VTホールディングス決算分析の第2弾です。
前回の記事↓では四半期の業績推移中心にまとめましたが、今回は年単位の業績推移を見てみます。
 VTホールディングス2015年2Q決算分析

VTホールディングス
2001年以降の業績推移は上記の通りです。棒グラフは営業利益で右軸になります。2005年度以降は上期下期別の積み上げグラフにしています。
2006年から2007年にかけて大型のM&Aを行い、日産ディーラー3社を子会社化したので売上が大きく伸びています。翌年にはリーマンショックが発生し、新車販売も凍り付いたので、売上・利益とも減少しています。新車販売は2月、3月にピークを迎えるので、車検などのサービス収益も含めて4Q(1-3月)の割合が高くなり、下期の方が構成比が高くなります。2008年度は10月にリーマンショックが発生したので、下期の落ち込みが大きくなり上期下期が半々くらいになっています。
半期業績の構成比については今期の業績にも関係してきますので、後ほど分析してみます。
2009年からは景気対策のエコカー補助金制度などの追い風や、M&Aした子会社の業績立て直しなどで順調に利益を伸ばしてきました。国内の新車市場は年々縮小傾向なので売上は落ちていますが、効率化を高めることで利益を伸ばしています。
2012年以降は国内の日産ディーラーの買収もありますが、海外ディーラーのM&Aにも力を入れるようになり、売上も過去最高を連続更新するようになりました。現状では海外売上が2割まで増加しています。
2013年は消費税増税前の駆け込み需要もあって過去最高の業績を達成しましたが、翌年はその反動減で減益となっています。2015年度は前年を上回る計画を立てているものの、株主の期待からすると控えめな目標となっています。これは経営陣が今期の業績について弱気なのではなく、昨年2回下方修正をすることになってしまったので、今期は従来よりさらに保守的に堅めの計画を発表したためです。
実際2Qの実績は上方修正となりました。通期予想は保守的な計画を据え置いているので、上記のグラフの通りですが、下期はもう少し伸びると思います。
VTホールディングス
このグラフは通期の実績(2015年度は計画値)に対する上期実績の割合を表したものです。
2008年度や補助金があった年度などは振れが大きくなりますが、ならせば上期構成比が売上は46%くらい、営業利益は40%くらいになります。
今期は補助金などの特殊要因がないのに、2008年や2010年のような異常値に近くなっており、ここからも下期計画は保守的過ぎることが分かります。
上期の実績と平均的な上期構成比から通期の業績を予測すると、下記の通り計画を上回ることになります。
 売上計画 146,000百万円 予測 156,000百万円 +6.8%
 営業利益計画 8,100百万円 予測   9,400百万円 +16.0%

4Qの比重が大きいのであくまで予測ですが、今期の業績は順調に推移していると思います。

次に自動車セグメントの粗利内訳を見てみます。
VTホールディングス
VTホールディングスの自動車セグメントは、新車、中古車、サービス、レンタカーに分類されています。
営業利益では2013年が過去最高で、次いで2012年、2014年の順になります。
一方で事業のほとんどを占めている自動車セグメントの粗利ベースでは、2013年、2014年、2012年という順番になります。順位が異なるのは2012年以降年々海外ディーラーの比率が高まっていて、本部経費が増えていることが要因だと思いますが、本業部分の粗利は順調に増加しています。粗利についても上下比は46:54くらいと下期の割合が高いので、上期実績を元に通期予測をしてみると29,000百万円となり、粗利ベースでは過去最高益の更新が期待できるペースになっています。
部門別に利益率を見ると、下記の通り部門間の差が大きいです。
VTホールディングス
新車、中古車部門は利益率が低く、レンタカーやサービス部門の利益率が高くなっています
新車、中古車部門の売上が大きいことから、自動車セグメント全体では20%くらいの粗利率になります。
サービス部門の利益率は安定していますが、レンタカーはここ数年積極的に出店を続けていることもあって、利益率は低下傾向です。レンタカー事業は日本で6位の規模まで拡大してきましたが、今後も成長が期待できると思うので、レンタカー事業でもM&Aなどがあると良いですね。
下記の記事にも書きましたが、ぜひジャパンレンタカーを子会社化して、カラオケでも利用できる優待制度に拡充してほしいですね(笑)
 ジャパンレンタカー&カラオケ

部門別の業績については、続編でもう少し詳しく分析してみたいと思います。
 応援ポチッとお願いします!
皆さまの応援のおかげで、圏外から上位まで上がってきました
posted by アイル at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 銘柄分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック