2015年11月25日

サンヨーハウジング名古屋株主総会

今日はサンヨーハウジング名古屋の株主総会に行ってきました。
今日が株主総会ということを完全に忘れていて、昨夜も遅くまで林則行氏の、伝説のファンドマネージャーが実践する株の絶対法則を読んでいました。
株の公式とか株の絶対法則など林則行氏の本を寝る前に読むと、不思議と睡魔に襲われます。同じくカリスマファンドマネージャーの藤野英人さんの本だと目が冴えてくるので、合う合わないがあるのかな?と思います。どちらも良い本だと思いますが、昨日は林さんの本で良かったです!
9時前に目が覚めて、ふとサンヨーハウジング名古屋の総会って今日だっけ?と思い出し、慌てて準備して駆けつけました(笑)以前と比べると株主総会に対する関心が少し低下している様です。
それは今のポートフォリオにかなり満足しているのも関係しているのかな〜と思っています。

前置きが長くなりましたが、サンヨーハウジング名古屋の株主総会の感想をまとめてみます。
サンヨーハウジング名古屋は2002年の上場当時からずっと株主で、ほとんどすべての株主総会に出席していると思います。上場前の株主総会にも参加できたのは貴重な経験ですね。
過去からの株主総会の様子を振り返りながら今日の感想を書いてみます。
サンヨーハウジング名古屋
最近10年間の株価推移は上記の通りで、あまりアベノミクス相場の恩恵を受けていない感じです。

上場当時は金山のグランコート名古屋で株主総会を開催していましたが、株主優待新設や株主総会後の懇親会開催で株主数が激増し、最近はずっと千種のメルパルク名古屋で開催しています。株主優待廃止で株主数も減っているので、2008年頃と比べると出席者もかなり減りました。
サンヨーハウジング名古屋の株主優待制度の推移については下記の記事にまとめています。
 サンヨーハウジング名古屋株主優待廃止!
2010年頃には15,000人近くいた株主数も、2015年8月末では9,522人まで減っています。それでも優待もないのに1万人近くいるのは凄いと思いますね。
2011年、2012年頃の株主総会は、上着やネクタイを外したクールビズ総会が一世を風靡しましたが、もう跡形もなくなってしまいましたね。クールビズ総会は定着させても良いのにと思うんですが

質疑応答では、最初質問ゼロで終わってしまうのか!?という雰囲気でしたが、最前列の人が質問してからは次々と手が挙がり、8件の質問が出ました。今回は質問もまったく考えていなかったので、質問が出て良かったです。
旬な話題として、旭化成建材の杭打ち不正の影響についても質問が出ました。
戸建て住宅では地盤強化のために杭打ちすることはないので、旭化成建材とも取引はないそうです。戸建ての場合、地盤強化する場合でも杭打ち以外の方法を使うそうです。
一方マンション事業では杭打ちも行うので、過去に手がけたマンションで旭化成建材が関係した現場が1つあったそうです。ただ杭打ちの方法が今回問題になった方法とは異なっていて、旭化成建材からも問題ないと連絡があったそうです。国土交通省が発表している不正物件のリストにも載っていないので、購入者の方々にはその旨説明しているそうです。

質問の前に長々と自己紹介というか自分の考えを述べる株主も多かったですね^_^;
今回初めてサンヨーハウジング名古屋の株主総会に出席したという株主は、証券会社でどこか良い銘柄はないか?と聞いたら、足元の業績は良くないがキラリと光る銘柄がある!と紹介されて、四季報などを調べて将来性があると感じて株主になったと言っていました。
どこの証券会社がそう言ったのかは分かりませんが、サンナゴの過去10年の業績推移は下記の通りです。
サンヨーハウジング名古屋
2008年頃までは成長していたのかもしれませんが、それ以降は横ばいという感じです。
この間にリーマンショックや東日本大震災、消費税増税など外部環境の悪化はありましたが、キラリと光る銘柄はそういった環境変化も乗り越えられる会社なのではないか?と私は思ってしまうんですが。
私が思う「キラリと光る銘柄」はこんな感じの業績推移をしてほしいと思っています。
サンヨーハウジング名古屋
これでも利益の伸びが低いと少し不満なんですが、ハードル高すぎなんでしょうか?
伝説のファンドマネージャー林則行さんは利益の伸びは20%以上!と言っているので、もっとハードルが高いわけで、本当に投資価値のある会社はそれくらいの利益成長を続けていくのだろうと思います。
サンヨーハウジング名古屋も2005年頃まではキラリと光る銘柄だったと思います。
成長率を高めるためにはマンション事業の規模ももう少し大きくした方が良いと思いますし、M&Aも積極化してもいいんじゃないかと感じます。地元の東海圏を強化するという意味で、VTホールディングス参加のマンションデベロッパーのエムジーホームを買収すればいいんじゃないかと思います。
サンナゴは東海圏でのプレゼンスを高められますし、マンション事業の規模も拡大できます。VTも本業に集中できるので、お互いにメリットがあると思います。
M&Aもうまく活用して成長性を取り戻してほしいと思います。

この株主は前年と比べて株主数を減っていることを問題視していました。キラリと光る会社なら株主数が増えるはずだ!ということですが、確かにその通りかもしれません。
旧国際証券出身の小原取締役が回答しましたが、時価総額175億円くらいの規模で株主数9,400人というのは少ないとは考えていない。個人株主が95%位を占めているが、大口の外国人株主が増加しているので個人株主が減ってきているという面もある、来週も外国人投資家が来社予定だと回答していました。
株主優待も無くなったのに1万人近い株主数はけっこう多い方なんじゃないかと思います。
四季報によると2015年2月末の外国人比率は22.2%なのでけっこう多いですね。フィデリティやクレディスイス(チューリッヒ)AIFファンズなどが保有しています。業績推移を見る限りではなぜフィデリティが保有し続けるのかよく理解できませんが、私が気付かないようなキラリと光る何かがあるんでしょうか?

この回答はまあそうなんだろうな〜と感じましたが、後々問題となります(笑)
企業が成長して上場市場が変わっていくに連れて、株主構成が変化するのは当たり前だと思います。
新興市場に上場している間は、創業者一族や役職員、関連業者、個人株主などが中心となりますが、東証1部上場後は機関投資家の構成比が高まってきます。最近はインデックス投資が全盛期を迎えているので、東証1部上場後はインデックスファンドの保有が増える影響も年々大きくなっています。
大口の機関投資家の保有割合が増えれば小口の個人株主は減るので、株主数は減少していきます。
逆に言えば東証1部に上場して数年経過しても、機関投資家の保有割合が増えない会社は注意した方がいいのかもしれません。投資対象にできない何か問題が隠れているのかもしれませんからね。

私は上記のように考えていますが、最後に質問に立った株主は違う考えの様です。
現在は取締役を退任している沢田正子専務の大ファンの様で、先ほどの小原さんの株主数に対する回答はとても残念だ。株主数が減ったのは株主優待を廃止したことや、以前は株主総会後に懇親会を開催していたのに止めたからだ。沢田正子先生がいた頃は株主を大事にしていて、毎年懇親会も開催して株主に優しい会社だった。優待も懇親会も止めて株主に冷たくなったから株主数が減っているのだ!机の上だけで考えているからあんな回答になるんだ!とお怒りの様でした

こういった質問というか意見は、他社の株主総会でもよく出ますが、懇親会を行う会社が株主に優しい会社だとは思いません。業績が悪いなど後ろめたいことがあって(笑)懇親会で株主のご機嫌を取っているような会社もありますし、最近は株主がモンスター化しているので、懇親会を開くと株主の不満が高まる恐れすらあります。サンヨーハウジング名古屋もこうした経緯から懇親会を廃止したのだと思います。
私は本当に株主に優しい会社なら、懇親会ではなく経営近況報告会を開催すべきだと思います。
せっかく多くの株主が集まっているんですから、今後の成長戦略や中期計画などを経営トップから説明して、株主と意見交換する場を作ることが大事だと思います。
懇親会なんて開催してもコジコジ株主が大集合するだけで、総会への出席者が激増して阿鼻叫喚の地獄絵図が繰り広げられるだけだと思います。より広い会場が必要になり、懇親会で総会運営コストも増加するのに、参加した株主の満足度は低下し、参加できない株主の不満も高まるので、慎重な検討が必要です。

サンヨーハウジング名古屋も上場した当時の株主総会は出席者も少なく、隣の部屋で懇親会を開催していましたが、ほのぼのとした雰囲気で役員の方々と歓談したり食事を楽しんだりできていました。しかし2〜3年経つと懇親会目当ての出席株主が激増し、総会会場に入りきれない位まで膨らみ、懇親会会場では料理が出てくるテーブルの周りを占拠して動かない株主集団が出現するなど、まさに地獄絵図となり、これでは懇親会が無くなってもしょうがないな〜という感じでした。
沢田先生もこんな懇親会なら開く意味がないと判断したのではないでしょうか?
懇親会を開く会社=株主に優しい会社ではないと私は考えています。
本当に株主に優しい会社は、安定成長を続けていく会社、きちんと株主還元も充実させていく会社、会社の現状や経営戦略をきちんと株主に伝えていく会社だと思います。

サンヨーハウジング名古屋もぜひ来年からは、株主総会後に会社説明会を開催してほしいと思いますし、そういった会社が今後増えていくことを期待しています。
エムジーホーム(8891)のM&A検討もぜひよろしくお願いします!
 応援ポチッとお願いします!
皆さまの応援のおかげで、圏外から上位まで上がってきました
posted by アイル at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 株主総会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/430232635
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック