トライアルセット生活

2016年12月07日

ウェッジホールディングスの株主構成

今日ウェッジホールディングスの株主総会招集通知が開示されました。
12月27日が株主総会なので3週間前に開示しており、株主に優しい会社ですよね。
四半期決算発表毎に此下社長が解説動画をアップするなど、株主や投資家に業績や事業環境を説明しようとする姿勢も高く評価しています。
審判の対象になったり、兄弟会社の昭和ゴムの労働組合にディスられたり、過去には悪い噂もありますが、ここ数年の会社側の姿勢を見ていると、かなり印象が良くなってきているように感じます。
ポジショントーク(笑)という面も多分にありますし、リスクが高い銘柄ではあると思うので、自分で投資判断できる投資家限定の銘柄だとは思いますが^_^;

今日は子会社のグループリースで臨時株主総会が開催されており、スリランカの上場ファイナンス会社Commercial Credit and Finance PLCへの3割弱出資、ミャンマーのマイクロファイナンス会社BG Microfinance Myanmarの子会社化が承認された、と発表がありました。
Jトラスト向けの転換価格70バーツの転換社債発行の件は特に触れられていませんが、議案がすべて97%以上の圧倒的な賛成を得て承認されたと書いてあるので、議案通りに発行されるんでしょうね。
今日のグループリースの株価は引けにかけて急騰して、遂に62バーツにまで達しています!
来週にでも70バーツを超えそうな勢いですね^_^;
足元の株価推移を見ると、確かにJトラストに有利すぎる気がしないでもない(笑)
gl21.png
プレスリリースにも書いてありますが、11月23日に節目となる50バーツを突破して、含み益などのリリースが出ましたが、そこからわずか8営業日で60バーツ達成です!
過去の株価推移を見ると、ウェッジに投資するよりグループリースに投資した方が正解でしたね!
私はグループリースは持っていませんが^_^;
gl22.png
過去5年の株価推移を見ても、この2年間の上昇は凄いですし、2016年の春以降上昇ピッチが加速しています。世界的機関投資家からの注目と保有率も急速に高まりつつあります、とリリースにも書いてありますが、腰の入った機関投資家の買いが継続しているんでしょうね。
先日行われたウェッジの決算説明会でも、GLには機関投資家の面談依頼が殺到していて、日程調整ができず面談をお断りしている位だと話していました。

グループリースを買うよりウェッジHDに投資した方が、間接的ではあるが割安にグループリースに投資できる訳で、ウェッジに機関投資家の買いは入らないんですかね〜?と社長に聞いてみましたが、社長の回答としては、まだ時価総額が小さいのでなかなか機関投資家の投資対象になりにくい面があると言っていました。
とはいえ、いつの間にかウェッジホールディングスの時価総額も400億円を超えた!ので、そろそろ小型成長株も組み込むようなファンドなどの買いが入ってきても良さそうに感じるんですが。
機関投資家は買ってないんですか?という問いの補足として、ファイブスター投信というファンドが買っているという話が出たので、調べてみたら確かにウェッジを組み入れていました。
 ファイブスター投信投資顧問株式会社

ファイブスター投信は複数のファンドを運用していますが、ビッグデータ、マサミツ、いつつぼしの3つがウェッジホールディングスを組み入れており、ファイブスター投信として10月末時点で合計10万株ほど保有しています。
まだファンドの規模が小さいので保有株数は少ないですが、平均で2.7%ほど組み入れています。
機関投資家もウェッジホールディングスを組み入れ始めているというのは心強いですね!
次はひふみ投信くらいに組み入れてほしいんですが、藤野さんは来年も大型株中心の相場が続くと見ているので、小型成長株の組み入れには慎重なのかもしれません。

ここまで前振りがかなり長くなりましたが(笑)株主総会招集通知を見ると、3月末と比べて株主に大きな変化がありました。
まず株主数は順調に減少(笑)しています。
16年9月は端株も含めた総株主数で単元株主数ではないので、比較対象としては少し減ると思います。
 15年9月 5,945人、16年3月 5,185人、16年9月 4,515人 
この間、株価の乱高下も激しかったですし、特に今年の2月、6月には大きく下落したので、投げた人も多かったと思います。当時は私も大きな含み損を前にして頭を抱えていました(笑)
投げ売りせずホールドしたことで、結果的には報われましたが^_^;
小口の個人投資家が売却し、ファンドや大口の投資家が買った結果、株主数が減って大株主が変動することになりました。今回注目したのは、
 3位 日本トラスティサービス信託銀行 337,800株
 5位 CHASE MANHATTAN BANK GTS 206,092株

こうしたカストディアンと呼ばれる銀行は機関投資家の保有株を管理しているので、遂にウェッジにも機関投資家の買いが入ってきた事を意味します。3月末には10位以内に入っていなかったので、4月以降機関投資家が買ってきたと思われます。
会社四季報では3月末の投信保有はゼロ%なので、4月以降54万株も買ってきたとも言えます。
データは1ヵ月ズレますが、ファイブスター投信保有分が10万株程度なので、44万株は他の機関投資家が保有していることになります。外資系中心なのかもしれませんが、どんな投資家なのか気になりますね!
10月以降も継続的な買いが入って、機関投資家の保有比率が今後も上がっていくと良いですね!

3月末の大株主には、GMOクリック証券、楽天証券、日本アジア証券の3社が入っており、信用取引で買っていた個人投資家も多かったですが、9月末では楽天証券だけになっています。
返済売りで決済ではなく、現引した人が多いと良いですね。
日本証券金融は14万株から20万株に増えているので、中小証券会社の信用買いが増えたのか、大手でも自社でリスクを取るのが怖くなって繋いだのかどちらなんでしょうね(笑)
ジャパンポケット株式会社が20万株で7位に初登場していますが、ググったところ大阪の元貸金業社みたいです。今年の3月に貸金業は廃業しており、ホームページの情報もほとんどないので、どんな会社なのかはよく分かりません^_^;
≪2016年12月11日追記≫
ジャパンポケット株式会社について、ツイッターでも藤澤さん関連の会社とご指摘を頂いたので、再度調べてみました。その結果、2016年8月19日に提出されたJトラストの大量保有変更報告書が見つかり、その中に下記の記載がありました。
ジャパンポケット株式会社は、発行者(Jトラスト)の代表取締役(藤澤社長のことです)が100%出資する会社であり、(Jトラスト株を)安定株主として保有することを目的
gl31.jpg
クリックで拡大します↑
ポロさんのコメント通り、実質的に藤澤さんがウェッジに投資していることが分かりました。
6月に開催されたJトラストの株主総会で藤澤さんは、グループリースには興味があるが親会社のウェッジに投資することは考えていない、みたいな発言をしていたんですが、こっそり買っていたとは^_^;
まあ、法人としてのJトラストとしてはウェッジに投資する予定はないが、グループリースにお得に投資できることになるので、個人としては買いたいです♪ということなのかもしれませんが(笑)
≪追記ここまで≫

どちらにしろ大株主の変化を見る限りでは、良い方向に進んでいると思います
子会社グループリースの成長に期待してまとまった株数を中長期保有する株主が増え、機関投資家の保有も徐々に増えた結果、株主数が減り大株主が入れ替わっています。
その結果さらに浮動株が減ってくることから、値動きが荒くなる可能性はありますが、機関投資家中心に腰の入った買いが続いて、乱高下しながらも上昇基調が続くといいですね。
今後もグループリースとウェッジの成長を見守りながら、株価の動きも楽しんでいきたいと思っています。
 応援ポチッとお願いします!
皆さまの応援があれば、圏外から浮上できると思います!
posted by アイル at 00:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 銘柄分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アイルさん、こんにちは。
貴重な情報ありがとうございます。
社長に質問されたとのことですが、決算説明会に参加されたのですか?

大株主のジャパンポケット株式会社ですが、Jトラストの藤澤社長が100%所有している会社のようです。
Posted by ポロちゃん at 2016年12月10日 11:04
コメントいただきありがとうございます。
ジャパンポケット株式会社については、藤澤さん関連の会社と確認が取れましたので、記事に追記しました。
ウェッジに限らず決算説明会には可能な限り参加するようにしています。
Posted by アイル at 2016年12月11日 12:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444662318
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック