2017年02月09日

「市場」ではなく「企業」を買う株式投資

「市場」ではなく「企業」を買う株式投資の、はじめにを読み終えました(笑)
   
前書き部分の「はじめに」を読んだだけで書評を書きたくなったのは初めてです!
実質4ページの前書きを読んだだけでも、この本に出会えて良かったと感じます。
この本はろくすけさんがブログで紹介していて知りましたが、投資家仲間の皆さんが薦めてくれる本は本当に勉強になりますね!
   川北英隆編「『市場』ではなく『企業』を買う株式投資」を読む。

平均的な株式市場から離れることにより、株式投資からそれにふさわしい収益が着実に得られる、少なくともその可能性を高められる、と筆者たちは考えているという冒頭の一文で、我が意を得たり!と激しく同意しました。続く一文もよくぞ言ってくれた!という感じです。
東証株価指数や日経平均株価をそっくりまねるインデックス運用は望ましくない。投資対象を選別、厳選し、それらの投資対象に資金を集中することが望ましい。
この投資方法を 厳選投資 と呼ぶことにする!


私が目指してきたのもこの厳選投資です。
まだ本文を読んでいないんですが、ここまで読んだだけでも自分の考えが理論的にも正しいのだな〜と感慨深いですし満足感を感じます。日本の研究者やファンドマネージャーの中にも、投資の常識を疑い検証する方々がいるのは心強いですね!
日本の研究者の方々は、効率的市場仮説などもっともらしい経済理論を信奉しすぎだと思います。

ただ、株式投資に関する指南書が多数書店に並んでいるのは、裏を返せば株式投資が簡単に儲からない証拠、という部分は少し違うと思います。
株式投資が簡単に儲かるとは思いませんが、そんなに難しいものでもないと思います。
投資の指南書がたくさんあるのは株式投資で成功する方法は人によって様々ですし、それらの投資法が個々人に合う合わないがあるからだと思っています。
本や勉強会などを通じて様々な投資法に触れて、実際に実践してみて、自分に合う投資法、自分なりの工夫を加えた自分らしい投資法を作り上げていくことが大事だと思います。
もちろん読む価値のない投資本もたくさんあるとは思いますが^_^;

日本では、本当は儲からない株式投資の方法が、投資の一応のプロたちによってあたかも正当であるかのようにみなされてきた、と言うのもまさにその通りで、本書では一例としてインデックス投資について言及しています。
日経平均株価
日経平均株価の長期チャートは上記の通りで、バブル相場と言われた1989年までは日経平均に投資していても素晴らしいリターンが得られたと思います。しかし90年代以降は1万円から2万円のボックス圏での動きであり、長期投資していてもまったく増えない儲からない株式投資になっています。
1989年までの長期上昇相場でも、個別株は日経平均以上に上がっている株がたくさんあるので、厳選投資の方が遥かに高いリターンをあげていたと思います。
もっともらしいアドバイスでも、思考停止せずに自分自身でよくよく考えることが大事だと思います。

投資の常識として皆が知っている安心な大型優良株に分散投資する、という安易なアドバイスも典型的例だと思います。
しかし日本市場ではこれも儲からない株式投資になっています。
下記はトピックスCore30という大型優良株指数の推移です。
コア30
バブル崩壊からの下げトレンドがまだ続いている感じで、皆が知っている安心な大型優良株に分散投資していたら株式投資が嫌になりますね(笑)
アベノミクスでも含み損が減った、あるいはやっとプラスに浮上した程度ではないでしょうか?

私は、個人投資家はこの様な大型株ではなく、今後の成長が期待できる小型株の中から、割安あるいはフェアバリューな会社を探して、成長を見守りながら長期投資するのが適していると考え実践しています。
個人投資家には多くの利点があるので、それを活かせる分野で勝負することが大事だと思います。
(1)どんな株でも投資できる
時価総額が小さい、流動性がほとんどない、知名度がない、不人気業種悪い噂がある^_^;など
(2)誰かに投資理由、ポートフォリオ内訳、投資成績などを説明する必要がない
自分自身が納得できればどんな会社でも投資できるし、含み損になっても誰にも責めならない(笑)
他人の運用を気にする必要もないし、先行きがよく分からない時は100%現金にしても問題ない
(3)解約に備える必要がない
フルポジションも可能だし、暴落時に安値で投げ売りする必要もない
(4)時間を味方にすることができる
定期的に結果報告する必要がないので、目先の株価に左右されず投資期間を自由に決められる

ざっと挙げてもこんなに個人投資家のメリットがあるので、強みが活かせる投資をしてほしいですね!
 応援ポチッとお願いします!
皆さまの応援があれば、上位に進出できると思います!
posted by アイル at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446828719
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック