2017年04月08日

3月13日 緊迫のグループリース本社訪問!

いよいよグループリース視察ツアー開始です!
10時にホテルをチェックアウトして、グループリースの本社を目指します。

グループリースの本社はバンコク中心部からやや北側にあります。ずっとここに本社を構えていますが、私がウェッジの株主総会に初めて参加した2011年には、株主総会後に開催された事業説明会で、当時の田代社長がグループリース本社前からスカイプで中継して、成績優秀で表彰された社員や本社の様子をレポートしていました。
当時は本社の1階で中古バイクのオークションを開催していたので、スカイプ中継中もひっきりなしにバイクが出入りしていましたが、バイクオークションの規模も大きくなったので、今では郊外の専用会場でオークションを行っています。午後にバイクオークション会場の見学にも行きました。
現在1階はオープンな社員食堂として利用されていて、周りに飲食店が少ないことからお値打ち価格で食事が提供されていました。社員同士のコミュニケーションや風通しも良くなりそうですね。
本社ビルは6階建てですが、かなり古くて耐震性などにも若干問題があるので、近々新しいオフィスに移転するそうです。新オフィスでは社員の創造性が更に発揮できる様な工夫が施されているそうです。
これだけの成長を遂げても同じ本社ビルを使い続けてきたのは、ピーターリンチ的にもプラス評価ですね。新しいオフィスがどうなるのかは気になるところです。
グループリース本社
今日3月13日(月)は、タイ証券取引所に今回カオフンが問題として取り上げているSMEローンについて、詳細を報告する期限になっています。こんな日に本社を訪問することになるとはまったく予想していませんでしたが、ある意味こんな日にグループリース本社に居るというのも凄い巡り合わせだなと感じます。

本社ではタイの事業を担当しているグループリースの取締役で、タナバン社長も兼任している田代宗雄さんから、タイでの今後の取り組みについてプレゼンして頂きました。
プレゼンの途中には、SETへの報告資料作成で大忙しの此下社長も顔を出していただき、今回のカオフン問題の経緯やタイでの事業展開などについて語って頂きました。
主なプレスリリースは、タイ語版も英語版も此下社長が自ら作っているそうです。
話を聞いている最中にも此下社長の携帯には次々と電話がかかってきていて、アナリストや投資家などから問い合わせが殺到しているようです。
カオフンは一部情報では経済紙とされていますが株式新聞の一つで、以前からグループリースを狙い撃ちにしたネガティブキャンペーンを行っている。此下兄弟はヤクザだ!という記事を載せたこともあり、その紙面にはヤクザの写真も添えられていたそうです。日本=ヤクザという発想なんでしょうが、日本の株式新聞でもそんな写真は載せませんよね^_^;

そんな説明の最中に突然前触れもなく、此下益司会長が会議室に登場!

此下益司会長には会ったことがないので、ぜひお会いしたいと希望していましたが、世界中を飛び回っているお忙しい人であり、投資家対応は会長の仕事ではないので会えないだろうと言われていました。
それだけに突然の登場には驚きました。
実際会議室には5分も居なかったと思いますが、その存在感に圧倒されました!

カオフンの一連の報道はデマであり、今回の問題収拾には私が先頭に立って対処するので安心してほしい、と力強く語っていました。
SETへの報告が13日だったので経営トップが本社に集合することになり、その結果会議室に顔を出してくれたのだろうと思います。ある意味カオフンのお蔭と言えるかもしれませんね(笑)

田代さんからのプレゼンは、タイでの今後の事業展開についてです。
グループリースはカンボジアなどタイ以外での成長に注目が集まっていて、タイの事業は今後縮小していくのではないか?と思われています。タイのアナリストや投資家からその様な懸念する声も出ているそうで、決してそんなことはない、今後タイでの事業も拡大していくという説明でした。
懸念を払しょくするために、タイのアナリスト向けにもタイでの事業展開について説明する機会を作っていて、本拠地タイでの事業拡大もアピールしているそうです。

グループリース
上記のグラフの通りGLの売上、利益は順調に成長していますが、タイでの売上を見ると2014年から減少傾向が続いています。同業のタナバン買収で一時的に売上は増えていますが、その後も低下傾向が継続していました。
この間、カンボジアでのデジタルファイナンス事業が大きく伸びているので、タイの投資家からすると、タイでの事業展開には力を入れないんだな〜という印象になりますよね。
ただ実際はタイのデモや洪水などの影響で景気が悪化し、GLやタナバンのポートフォリオも返済が滞るお客さんが増えて、不良債権比率が高くなり質が悪化しました。この事態に対処するため、新規の貸付については与信基準を厳しくしてポートフォリオの拡大を抑えつつ、延滞債権については担保のバイクを回収し不良債権を処理して、既存債権の質向上にも注力してきた結果、この両面からタイでの売上が減少傾向になりました
債権の質向上と並行して、この1年ほどタイでも新たなビジネスモデルを確立すべく、田代社長中心にバイク販売店を回ってニーズを把握するなど現地調査、戦略立案を進めてきました。社長自らバイク販売店を回って顧客の声に耳を傾ける姿勢が評価されたのか、2Qで売上減も底打ちし4Qではタイの売上も増加してきました。
グループリース
国別の売上推移を見るとより顕著です。
2016年4Qはタイは伸びているのに対し、カンボジアは横ばいになっています。カンボジアは昨年の干ばつの影響がまだ続いているのかもしれませんね。
ちなみにシンガポールと表示されている売上が、今回カオフンが問題視したSME融資売上です。
カンボジア、ラオスがデジタルファイナンスモデルによる売上です。

タイでの新たな戦略は、バイク販売店向けにトータルサービスを提供していくことですが、2月にホンダやヤマハなども招いて、タイの全国のバイク販売店を招待して盛大なパーティーを開催し、新たな戦略についてプレゼンしたそうです。
その時使用したスライドを元に、今後の戦略の一部を説明してもらいました。
小さな中古バイク販売店から始めて徐々にビジネスを拡大し、GLから融資も受けながらメーカー認定の新車バイク販売店にまで成長した成功ストーリーが盛り込まれていたりして、販売店のオーナーの方々の共感を呼ぶような内容になっていました。
この映像作成は、ウェッジホールディングスの子会社ブレインナビ(タイランド)が製作しています。先日GLから公開されたドローンを使った映像もブレインナビが製作しています。
グループリース
 <バンコクのYAMAHAバイク販売店 グループリースのPOS設置
GLは新車バイクの割賦販売を提供することで、新車バイク販売店の売上向上に貢献してきましたが、タナバンを買収したことで中古バイクを担保にした小口融資(アセットバックローン、商品名はmoto for cash)に事業が広がりました。バイク販売店の声を聞く中で、新車バイク販売時の下取バイクの処理に困っていたので、独自に開催しているバイクオークションに下取バイクを出品してもらって換金するなど、オークションを核にした事業展開を図っていきます。
複数のバイク販売店を持っているオーナーは、中古バイク店も持っていることが多いので、仕入にもバイクオークションを活用してもらい、オークションでのバイク落札時にもGLが融資することで、中古バイク販売店に取っては品揃えを充実できますし、GLに取っては融資対象が広がって売上の増加が期待できます
オークションでの落札に融資が付くことで、入札側も資金繰りを気にせずに入札できるので、落札価格が他のオークション会場より高くなり、それが出品の増加に繋がるという好循環が生まれつつあるそうです。
現状では担保として回収してきたバイクが中心ですが、下取バイクなど取り扱う商品の幅を広げて、将来的にはバイクオークションNo1を目指すそうです
オークション+ファイナンスは最適な組み合わせですし、そうしたビジネスモデルを作れるのはGLだけなので、バイクオークション事業も伸びていきそうに感じました。
タイの新車バイクの割賦販売は競合も多く単体のサービスでは金利競争に陥ってしまいますが、オークションサービスや下取バイクの処分、スピーディーな融資判断、バイク販売店へのSME融資などのトータルサービスを提供することで、新車バイクの割賦販売もGLにお願いしよう!というフルパッケージ戦略ですが、日本的なかゆい所に手が届くサービスで、なかなか面白いと感じました

グループリースは競合が少ない田舎に特化して、効率的なデジタルファイナンスを提供する会社というイメージでしたが、都市部でも通用するビジネスモデルが確立できれば、鬼に金棒ですね!
新興国を卒業して成熟段階に入った国を含めた事業展開エリアの幅が広がりますし、将来カンボジアなどが成長を遂げて事業環境が変化しても、新たに確立したビジネスモデルで事業を続けることができます

これからはタイでの事業展開や売上、融資ポートフォリオの推移にも注目していきたいと思います。
 応援ポチッとお願いします!
posted by アイル at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 銘柄分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック