2020年09月15日

Casa2021年2Q決算分析2

Casaの2021年1月期第2四半期決算分析の続きです。
今回は売上のベースとなる、契約件数の推移などを見てみたいと思います。
四半期ごとの新規契約件数と保有契約件数の推移は下記の通りです。
2016年までは期末の件数で、今期末の値は目標の保有契約件数です。
c7.jpg
2020年1Q以降はコロナの影響を受けていますが、1Q(2月から4月)は引越しシーズンで繁忙期なので、コロナ下でも新規契約件数、保有契約件数とも伸ばしています。業界全体では人事異動の時期見直しなどの影響で例年と比べると転居需要が減少している中では健闘していると思います。2Qは閑散期なので1Qと比べると減りますが、それでも前年同期比で10.3%伸びています。転居需要が後ずれした影響もあるのかもしれませんね。

競合他社は新規契約件数を開示していない会社も多いので、保有契約件数の推移を比較してみます。
c8.jpg
ジェイリースは2Qと4Qにしか開示されないのでグラフ化できず、近似線を載せています。
各社とも保有契約件数を積み上げていますが、ジェイリースが一番伸びが高くて、現状では4社の中でトップになっています。
続いてCasa、イントラスト、あんしん保証の順になっています。
このグラフだけ見ると、ジェイリースが絶好調で業績も一番良さそうに感じますが、売上推移は下記の通りです。
c9.jpg
売上高ではCasaとジェイリースの差はまだまだ大きくて、保有契約件数と売上高の関係が不思議ですね。
契約件数では差があったイントラストとあんしん保証ですが、売上で見るとほぼ同額になっています。
これはイントラストは家賃保証サービスをOEM提供するソリューション事業の割合を高めているので、保有契約件数の割に売上は低くなっています。一方で利益率では他社と比べて圧倒的に高い水準を実現しています。
先日開催したCasaの会社説明会でも、イントラストとの利益率の違いについて質問が出ましたが、他社とはビジネスモデルが異なる形で事業展開しており、親会社のプレステージインターナショナル的なビジネスモデルで、とても面白い会社だと思います。
次回9月27日の勉強会に、イントラストの桑原社長に来ていただき会社説明会を開催しますので、高収益の理由などを直接聞いていただけたらと思います。
詳しくは下記のページをご覧くださいね!
オンライン参加も可能ですので、全国どこからでも参加いただけます。

4社の経常利益率の推移ですが、イントラスト(En)は安定して30%近い高利益率を維持しています
Casaも十分に高い利益率だと思いますが、それでも平均すると16%程度です。
イントラストは貸倒リスクを取らずに、家賃保証事業の裏方に徹するソリューション事業を伸ばすことで、売上単価は低くなりますが高利益率を実現しています。

c11.jpg
経常利益額の推移は下記の通りで、四半期毎の季節変動はありますが、売上同様Casaがトップになっています。
c10.jpg
4社の過去1年間の株価推移を比較してみると、下記の通りとなります。
一番下の青がCasa、一番上の緑がジェイリース、赤があんしん保証、オレンジがイントラストです。
c13.jpg
今年の1月頃までは4社とも同じような動きをしていて、4月からの民法改正の追い風を受ける銘柄ということで堅調に推移していました。
そんな中でコロナ禍が拡大し、家賃の滞納が増えるのでは!?という心配で全体的に売られて、4月から5月にかけては財務基盤が脆弱なジェイリースだけ株価が回復しない時期もありました。5月末にラカラジャパンとの業務提携を発表して他社の株価に追いつき、1Q決算が良かったことや著名投資家が推奨したことなどから、現状では4社の中で一番株価上昇率が高くなっています。
1月まではほぼ同じような値動きだったのに、かなり差ができてしまいましたね(^_^;)
勉強会に登場いただいているCasaの巻き返しにも期待したいと思います。

最後にジェイリースの売上高と保有契約件数の関係について、考察してみたいと思います。
下記はジェイリースの2020年本決算の決算説明会資料ですが、商品プラン別売上高と保証料の内訳が掲載されています。
c12.jpg
一般的には毎年支払型が標準となっていて、Casaはほとんどが毎年支払型です。
毎年支払型は契約時に月額家賃の50%程度を保証料として頂き、毎年継続保証料として1万円頂くというケースが主流です。
それに対してジェイリースの場合、契約時に一括して保証料をもらい、継続保証料の無い一括支払型が現状でも売上の1/3を占めています。年度別推移を見てもわかる通り、以前は一括支払型がもっと高かったので、契約は継続しているものの売上としてはあまり寄与していない契約がかなりあると思われます。
またジェイリースは大分県から九州に展開し、そこから関東中心に全国展開を進めているので、現状でも九州での売上が1/3を占めており、東京と比べると家賃の水準は低いので、これも契約件数の割に売上が低い要因だろうと思います。

直近では差が開いてしまった4社の株価ですが、業績の変化とともに今後どのように推移するのかも楽しみですね!
 応援ポチッとお願いします!
posted by アイル at 00:56| Comment(0) | 銘柄分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。