トライアルセット生活

2012年11月09日

ユニクロは贅沢。しまむらで買え!

SankeiBizに掲載されているPRESIDENT Onlineの下記の記事が面白いです。
   「ユニクロは贅沢。しまむらで買え!」 限界に挑む年収300万円世帯の節約術

私は投資と並んで節約も大好きなので、とても面白く読ませて頂きました。
FP事務所に相談に来た年収400万円なのに毎年200万円も貯金している家庭にインタビューし
これだけの支出でよく生活していけますね。どう節約の技術の限界にチャレンジしているのですか」と称賛の意味を込めて尋ねたら、
これで支出が少ないって一体どういうことでしょう。もっと切り詰められないかと思って相談にきたのに…… と切り返され、たじろいでしまったことがある、というのは笑えます。
節約に拒否反応を示す人には分からないでしょうが、節約もゲームの一種であり、生活の質を維持向上しながらどこまで節約できるのか!?というチャレンジは楽しいんですよね!
はた目から見ると楽しそうに見えないかもしれませんが(笑)
食費の工夫について、もやしやバナナをよく購入していると書いてありますが、確かに私ももやしやバナナは良く買いますね。もやしには、たんぱく質、カロチン、ビタミンCなどの栄養素がバランスよく含まれているうえに、カロリーが低い。だから家計にも健康にも優しいということまでは知りませんでした。水分ばかりであまり栄養はないと思っていましたが、発芽したばかりの豆なので、考えてみれば栄養豊富というのもうなづけます。
実際もやしやバナナの消費量は伸びているそうです。
私の場合は、もやしは近所のスーパーで1袋15円で買ってきますし、バナナも特売や見切り品以外はほとんど買いません。どうしても必要というわけでもないので、お得な時にまとめ買いという感じです。バナナは少し斑点が出てきて見切り品になった頃が、味も価格的にも美味しいです(笑)
大根も最近は78円で売っていてとてもお買い得なんですが、量が多いので使い切れないことがあるのが問題ですね。記事にある様におでんなどの煮物にして保存しておく必要がありそうです。
超安売り商品の情報に敏感になるために「底値帳」なるデータ集を手作りしている節約長者もいるそうですが、「底値帳」を作らなくても日々の買い物に敏感になっていれば、頭の中にお値打ちな価格帯のデータベースが自然と出来てきます。生鮮食料品などでは天候などによる変動も大きいので、ある程度柔軟に対応する必要もありますね。

記事のタイトルにもなっている「いまやユニクロは贅沢。しまむらで買え」ですが、しまむらより安い衣料品店もあります。
衣料品は長く使えるのでほとんど買わないですが、ユニクロでも季節外れの商品や少し汚れがあったりすると、大幅に値引きして販売していたりします。そんなお値打ち品も時々買っていましたね(笑)
衣料品や耐久消費財の一番の節約は、大事に長く使うこと です。

休日の過ごし方にも触れていますが、私の場合節約の一番のポイントは株主優待の活用です。
株主優待の活用で、たぶん自炊するより外食の方が安くなりますし、映画もタダで見れます。DVDなどを借りるのも半額になりますし、株式投資自体がレジャーのようなものです(笑)
考え方次第で毎日の生活を楽しみながら節約することも可能です。

最近よく食べに行っているテンアライドの新業態ステーキ大作戦も節約に貢献してくれています。
チキンステーキセットが営業時間中ならいつでも620円で食べられるのは本当にありがたいですね!
ステーキ大作戦
実質的な出費は120円なので(^_^)v ただテンアライド株の含み損を考えると恐ろしくなりますが^_^;

ステーキ大作戦の評判を見ていると、メニューが少ない!とかこんなステーキでは満足できない!みたいな声もありますが、何と比較しているのか?を明確にする必要があります。私は十分なメニュー数だと思いますし、お値打ち価格で提供するためには売れ筋のメニューに絞るのは当然だと思います。
こんなステーキでは満足できない!というのも、1万円もするような霜降り黒毛和牛の極上ステーキと比べられても困ります(笑)
だいたい霜降り牛肉なんて、脂肪分が多くて健康にも悪い食べ物だと思います。あんな脂肪たくさんの牛肉を、ありがたがって高いお金を払って食べるのは、少しおかしいんじゃないかな〜と感じます。もちろん人間には、太古の昔から脂肪は貴重なもの!いくら払ってでも手に入れなさい!という刷り込みがあるので、つい食べてしまうんでしょうが、これだけ脂肪分に囲まれた現代では脂肪過多で健康を害します。
そろそろ時代に合せて考え方を変える必要があるのではないか?と感じますね。

500円のステーキに満足できない!という考え方の根底には、私は500円のステーキで満足するような安っぽい人間じゃないわよ!という意識があるのではないか?とも感じます。美味しいかどうかではなく、こんな安い値段で満足してはいけない!という想いに捕らわれているように感じます。
これはもっともっと消費してもらうために、大量に流されているマスメディアの広告などに洗脳されている結果なのかもしれません。
自分の頭でよく考えることは本当に大事ですし、500円のステーキでも満足できれば5千円のステーキならもっと満足感を感じると思います。満足感や感謝のハードルを出来る限り下げておいた方が、幸せな人生を送れると思います。
5千円もするステーキなんてビビってしまって、味わう余裕がないかもしれませんが(笑)
5千円を投資に回したら数年後には...なんて考えたら、高額消費なんてきっとできませんね!
   ブログランキングに参加しています → にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
posted by アイル at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする