2023年03月15日

中長期投資で超富裕層を目指そう!

中長期投資で超富裕層を目指そう!をご覧いただきありがとうございます。

このサイトでは、中長期スタンスで株式中心に資産運用を行い、資産を大きく増やして超富裕層と言われるような世界を目指そう!と思い立ち上げました。
とは言っても超富裕層入りするのが目的ではなく、会社を応援するという中長期スタンスで、地味ながらビジネスモデルの優れた会社を発掘して、株式投資を楽しみながら投資家仲間や資産が増えていけばいいな〜と考えています。そんな交流、情報交換の場の一つとしてこのサイトを始めました。
中長期投資だと時間的な自由もあるので、海外クルーズ中心に旅行に行くのも大好きです!
先日はエーゲ海クルーズに行ってきました。GWはクルーズ日記を作りながらゆっくりしています。
   コスタマジカ号 エーゲ海クルーズ日記

2017年3月12日〜25日にグループリースが事業展開しているタイ、ミャンマー、カンボジア、インドネシアの4ヵ国を訪問してきました。
   グループリース現地視察報告

個人投資家が資産運用を行う対象としては、皆が知っているような大型株より、まだ知名度は低いが成長意欲のある割安な小型株が適していると考えています。そのため取り上げる銘柄は自然と皆さんが知らないような小型株が中心になります。株式投資セミナーでも何度も強調しているように、こういった小型株こそ個人投資家の優位性を発揮できるフィールドだと思いますし、同じようなスタンスの投資家の方々と情報交換や意見交換ができると嬉しいですね。
中長期投資に適した銘柄の発掘や、投資してはいけないと感じる会社など多くの会社の分析を行っていきたいと思っています。それ以外にも日々感じたことなども日記として更新していく予定です。

軽くお読みいただけるコラム的な記事として、株主総会事件簿シリーズを始めました!
こちらもぜひご覧くださいね → 株主総会事件簿 トップページ

私は投資とともに節約ということも非常に重要だと考えているので、節約に関連する話題なども取り上げていきます。日々の生活費は節約して貯蓄を増やし、それを元手に中長期の投資を行い資産を増やす!それが理想的な形だと思っています。
姉妹サイトの株主総会に行こう♪とも連動しながら、投資に役立つ情報を発信していきますので、ぜひお気に入りに登録していただき、今後とも末永くよろしくお願い致します。

今後記事が増えてくると捜しにくくなるので、決算などの分析一覧ページを用意しました。
   決算分析などの一覧ページ
このサイトを始めた経緯などは下記の記事にまとめていますので、ご覧ください。

   中長期投資で超富裕層を目指そう!について
 応援ポチッとお願いします!
皆さまの応援のおかげで、圏外から上位まで上がってきました
posted by アイル at 23:23| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

日経マネーに掲載されました!

現在発売中の日経マネー6月号の145ページ 投資のお悩み相談室に回答者として登場しています!
   
昨日発売済みなのに、まだカバー写真がアマゾンに登録されていないのは謎ですね。
ダイヤモンドZAiなどは登録されているのに^_^;
巻頭特集の、人気ブロガー熱血対談 エナフンさんとすぽさんの「大化け株の攻略法」も読み応えがありますので、ぜひ今月号の日経マネーもお読みくださいね!

今回のお悩みは「じっくり値上がりを待とうと思っても、株価が少しでも下がると不安で売ってしまいます。どうしたら我慢できるようになりますか?」というお悩みです。
私は5年〜10年くらいを想定した長期投資をしていますが、キャッシュフローゲーム会に参加頂いている周りの投資家の皆さんを見ていると、株価が少し下がって売ってしまうという人より、株価が少し上がると売ってしまって大きな上昇を取れない!という人の方が多いように感じます
2倍とか5倍という大きな上昇を期待して投資したはずなのに、株価が2割くらい上がると薄利で利益確定してしまいます。そしてその後も株価が上昇するのを見て後悔するというパターンです。
一方で株価が買値より下がった時は、どうすればいいのか分からないまま、株価が戻ることを期待して持ち続ける人が多いですね。これはプロスペクト理論でも証明されている人間の典型的な投資行動です。
今回の相談の様に少し下がると不安になって損切りしてしまう人は、短期のトレーダーとして成功した人が、投資の幅を広げるために徐々に長期投資も取り入れていく過程で出てくる悩みの様に感じました。

投資を始めると様々な悩みや分からない事に出会うと思いますが、基本的には自ら試行錯誤しながら乗り越えていく必要があると思います。そういった気概がなければ、投資の世界で生き残っていくのは難しいのではないかとも感じます。
分からない事は何でも人に聞けば良い!という姿勢では、短期的には上手くいくこともあるかもしれませんが、他人依存姿勢では投資スキルが向上しないので、長期的に成功することは難しいと思います。
ネットには様々な情報があふれているわけですし、調べようと思えば多くのことは調べられると思います。
ぜひ自ら調べる姿勢で投資に臨み、自立した個人投資家が増えると嬉しいですね

そうは言っても悩みを抱えている個人投資家の方もいらっしゃるでしょうし、私たちの経験や考え方を伝えることで何か参考になればと思い、毎月名古屋で勉強会を開催しています。こうした勉強会などで様々な投資家の話を聞いたり、投資仲間を見つけたりすることはとても有益なことだと思います。
あくまでも自立した個人投資家を増やすために開催している勉強会なので、無責任な人や依存体質の人など趣旨にそぐわない人は参加をお断りすることもあります。ぜひ積極的に参加してほしいですね!

次回5月6日(土)に開催する名古屋勉強会では、周りの個人投資家の皆さんにご協力頂いて、個人投資家座談会を開催します!
詳細は下記のホームページをご覧くださいね。

 名古屋キャッシュフローゲーム会のご案内

座談会には色々なタイプの個人投資家に登場いただく予定なので、一つのテーマでも複数の視点から話を聞くことができて、参加者の皆さんのお役に立てるのではないかと思います。
まさに、リアル版 投資のお悩み相談室 という感じですね。
ただいまお申込み頂いた皆さんから、座談会で取り上げてほしいテーマを大募集中です
勉強会にも積極的な姿勢で参加してくださいね!

日経マネー巻頭特集のエナフンさんとすぽさんの対談もとても面白いですね。
対談では株価目標について、3〜5年で利益が2倍になることで株価が2〜3倍になるくらいを狙っているが、弾みがついてPER評価が高まれば5倍・10倍になることもある、というイメージで一致しています。
私の場合は、5年くらいで利益が3倍くらいに伸びそうな会社に投資することを意識しています
利益が25%成長を続けると5年で3倍になります。
そしてこれだけの成長を続ければ、株式市場も成長性を評価してPER評価も2〜3倍くらいは見込めるだろう。そうすると掛け算で5〜10倍株になる可能性があるという考え方です。
2003年や2009年頃にはPER10倍以下の成長株も多かったですが、PERも上昇してきた現状ではPER評価が3倍になる株を探すのはちょっと難しいかもしれませんね。対談を読んでいてそう感じました。
3〜5銘柄くらいの成長株に集中投資するという考え方も、エナフンさん、すぽさんと同じなので、対談を読んでいてその通りだ!と思うこともたくさんありました。

ただ気になったのは、「少数の銘柄に集中投資している投資家の中には、5銘柄のうち1つ2つ値上がりすればいいという人もいるがどう思うか?」という質問です(笑)
少数の銘柄に集中投資をしていると、想定通りに株価が上がらない事もあるんじゃないですか?という質問をよく受けるので、1つ2つが10倍株になれば、残りの銘柄は株価が上がらなくても十分なリターンが得られるという説明をしています。
そうした回答が念頭にあるのかな?と気になりました^_^;
私も集中投資銘柄は5倍、10倍になることを期待して選んでいますし、決して負けてもいいという感じでいい加減に選んでいるわけではありません!
ただ、すべての集中投資銘柄が想定通りに5倍、10倍になる!というほど自分自身を過信はしていませんし、1つ2つでも10倍株になれば十分に満足いくリターンを得られると思います。それだけのポテンシャルのある会社を厳選し、5倍・10倍になるまで持ち続ける握力を鍛えることが大事だと思います。

成長株投資をするうえでとても役に立つ対談記事ですので、興味のある方はぜひお読みくださいね!
 応援ポチッとお願いします!
posted by アイル at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

3月は資産大幅減!

今日はエイプリルフールですね!

ちまたではエイプリルフールのネタとして、資産大幅減!と叫んでいる人もいるようですが、私の場合はリアルに資産大幅減となっているようです^_^;
私もネタだと思い込みたいんですが、2月までの好調な推移から3月は一転してしまい、昨年末と比べても大幅なマイナスになってしまいました。
タイの株式新聞カオフンによる、グループリースへのネガティブキャンペーンの影響が私のポートフォリオを直撃し、ウェッジの株価が大きく下落したことが影響しています。ウェッジの影響を除けば3月の成績もプラスを維持していたので、カオフンいい加減にしろよ!と言いたくもなりますね。

エイプリルフールなので、ネタも交えていろいろ書いてみます(笑)
カオフンがどの程度信頼されている媒体なのか分かりませんが、此下兄弟をやくざだ!と書くなどまともな新聞だとは思えません。噂では、グループリースがカオフンに広告を出さないから嫌がらせでネガティブキャンペーンをしているという説もあるようです^_^;タイ版の総会屋みたいですね(笑)
カオフンは私にはゴシップ紙のような印象ですが、タイの個人投資家はそんなカオフンに踊らされ過ぎですよね。こんなネガティブキャンペーンをして誰が得をするんでしょう?
まさかカオフン関係者がグループリースを空売りしていたりなんてしてないですよね???
そう疑いたくなるくらい酷い記事です。
最初に問題になった記事では、グループリースの監査を担当したEYの監査担当者がインタビューに答えて問題点を指摘したかのような書き方でしたからね。監査担当者がマスコミに暴露するなんて余程の事件なのか!と私もビビりました^_^;
EYほどの大手監査法人の監査担当者が、監査を担当した会社の内情についてマスコミにベラベラ喋るなんて日本では考えられない事です。タイの監査法人には守秘義務はないのか!?などと不思議にも感じましたが、それくらい大きな問題なのかも!とも取れるので困惑しましたが、どうやら監査報告で注記されたことの一部を引用して、いかにもインタビューをしたように書いただけの様でした。
まあ冷静に考えれば、会計監査で意見の相違が埋まらなかったら、カオフンに暴露する前に会計監査人を降りますよね(笑)
そこまでいかなくても適正意見を出さないと思うんですが。

それにしても株価の下落が止まらないので、グループリースの現状はどうなっているんだ!いまこそ現場主義で現地を確認する時だ!と強く思い、急遽タイに飛ぶことにしました!(笑)
タイのグループリース本社は、SETへの報告や投資家向けのプレスリリースの準備で慌ただしい動きが続いていました。まずは消火活動が大事ですし、此下会長も先頭に立って問題の収拾に当たる!ということでしたので、消火活動の邪魔になってもいけないと思い、早々に本社を後にしました。

せっかくタイまで来たのにこのまま帰るのはもったいない!と思い、事業の最前線に影響が出ていないか確認してみよう!と考え直しました。株価は暴落していますが、事業の現場はどうなっているんだろう?変わりなく動いているんだろうか?と思い、隣国のミャンマーに飛んでみました。
グループリースの今後を感じるにはミャンマーは外せない重要な国なので、ミャンマーの現状をまずは確認する事にしました。

ミャンマーはなかなか行く機会のない国ですが、数年前にはジム・ロジャースも「次はミャンマーだ!」と言っていたように、一時期は投資家からも注目を集めていた国です。最近はそうした一時的な投資ブームは終わっているようです^_^;
ミャンマーで感じたのは、ミャンマーの人々は真面目で仕事も熱心で、顔立ちなども日本人と変わらないということです。ホテルのフロントにも日本人みたいな人ばかりで、あれ?ここって日本のホテル?という感じでした(笑)
ミャンマーは他の東南アジア諸国と比べても日本人により近い印象で、ミャンマーは国としての成長の可能性も高いな〜と感じました

ホンダのバイクディーラーに行ってPOSも見てきましたが、稼働して間もないのに順調に契約が取れているようです。POSの社員の方々も新しい仕事で大変だと思いますが、遠方まで調査に行くなど頑張っていました。
ホンダNCXミャンマーとの独占契約がない段階でもPOSの設置は順調に進んでいたので、独占契約後はさらにPOSの設置が進みそうですね。
CCFから買収したマイクロファイナンス会社BGMMも、支店の開設が進み順調に事業が拡大していました。
グループリースの株価は噂で乱高下していますが、ミャンマーの現場では事業も順調に立ち上がっていることが確認できて安心しました。東南アジアまで飛んできて良かったです。

カオフンのネガティブキャンペーンはまだ続いているようですが、こんな言いがかりを誰も気にしなくなるような、圧倒的な成長を続けていってほしいですね!
 応援ポチッとお願いします!
posted by アイル at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

「市場」ではなく「企業」を買う株式投資

「市場」ではなく「企業」を買う株式投資の、はじめにを読み終えました(笑)
   
前書き部分の「はじめに」を読んだだけで書評を書きたくなったのは初めてです!
実質4ページの前書きを読んだだけでも、この本に出会えて良かったと感じます。
この本はろくすけさんがブログで紹介していて知りましたが、投資家仲間の皆さんが薦めてくれる本は本当に勉強になりますね!
   川北英隆編「『市場』ではなく『企業』を買う株式投資」を読む。

平均的な株式市場から離れることにより、株式投資からそれにふさわしい収益が着実に得られる、少なくともその可能性を高められる、と筆者たちは考えているという冒頭の一文で、我が意を得たり!と激しく同意しました。続く一文もよくぞ言ってくれた!という感じです。
東証株価指数や日経平均株価をそっくりまねるインデックス運用は望ましくない。投資対象を選別、厳選し、それらの投資対象に資金を集中することが望ましい。
この投資方法を 厳選投資 と呼ぶことにする!


私が目指してきたのもこの厳選投資です。
まだ本文を読んでいないんですが、ここまで読んだだけでも自分の考えが理論的にも正しいのだな〜と感慨深いですし満足感を感じます。日本の研究者やファンドマネージャーの中にも、投資の常識を疑い検証する方々がいるのは心強いですね!
日本の研究者の方々は、効率的市場仮説などもっともらしい経済理論を信奉しすぎだと思います。

ただ、株式投資に関する指南書が多数書店に並んでいるのは、裏を返せば株式投資が簡単に儲からない証拠、という部分は少し違うと思います。
株式投資が簡単に儲かるとは思いませんが、そんなに難しいものでもないと思います。
投資の指南書がたくさんあるのは株式投資で成功する方法は人によって様々ですし、それらの投資法が個々人に合う合わないがあるからだと思っています。
本や勉強会などを通じて様々な投資法に触れて、実際に実践してみて、自分に合う投資法、自分なりの工夫を加えた自分らしい投資法を作り上げていくことが大事だと思います。
もちろん読む価値のない投資本もたくさんあるとは思いますが^_^;

日本では、本当は儲からない株式投資の方法が、投資の一応のプロたちによってあたかも正当であるかのようにみなされてきた、と言うのもまさにその通りで、本書では一例としてインデックス投資について言及しています。
日経平均株価
日経平均株価の長期チャートは上記の通りで、バブル相場と言われた1989年までは日経平均に投資していても素晴らしいリターンが得られたと思います。しかし90年代以降は1万円から2万円のボックス圏での動きであり、長期投資していてもまったく増えない儲からない株式投資になっています。
1989年までの長期上昇相場でも、個別株は日経平均以上に上がっている株がたくさんあるので、厳選投資の方が遥かに高いリターンをあげていたと思います。
もっともらしいアドバイスでも、思考停止せずに自分自身でよくよく考えることが大事だと思います。

投資の常識として皆が知っている安心な大型優良株に分散投資する、という安易なアドバイスも典型的例だと思います。
しかし日本市場ではこれも儲からない株式投資になっています。
下記はトピックスCore30という大型優良株指数の推移です。
コア30
バブル崩壊からの下げトレンドがまだ続いている感じで、皆が知っている安心な大型優良株に分散投資していたら株式投資が嫌になりますね(笑)
アベノミクスでも含み損が減った、あるいはやっとプラスに浮上した程度ではないでしょうか?

私は、個人投資家はこの様な大型株ではなく、今後の成長が期待できる小型株の中から、割安あるいはフェアバリューな会社を探して、成長を見守りながら長期投資するのが適していると考え実践しています。
個人投資家には多くの利点があるので、それを活かせる分野で勝負することが大事だと思います。
(1)どんな株でも投資できる
時価総額が小さい、流動性がほとんどない、知名度がない、不人気業種悪い噂がある^_^;など
(2)誰かに投資理由、ポートフォリオ内訳、投資成績などを説明する必要がない
自分自身が納得できればどんな会社でも投資できるし、含み損になっても誰にも責めならない(笑)
他人の運用を気にする必要もないし、先行きがよく分からない時は100%現金にしても問題ない
(3)解約に備える必要がない
フルポジションも可能だし、暴落時に安値で投げ売りする必要もない
(4)時間を味方にすることができる
定期的に結果報告する必要がないので、目先の株価に左右されず投資期間を自由に決められる

ざっと挙げてもこんなに個人投資家のメリットがあるので、強みが活かせる投資をしてほしいですね!
 応援ポチッとお願いします!
皆さまの応援があれば、上位に進出できると思います!
posted by アイル at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月11日

DUKE。さんのセミナーを開催しました!

今月の名古屋キャッシュフローゲーム会では、2016年最後を飾るスペシャルゲストとしてDUKE。さんをお迎えして講演会を開催しました!
DUKE。さん、遠方からわざわざ名古屋まで来て講演をして頂き、本当にありがとうございました。
DUKE。さんのブログは下記の通りです。
 DUKE。のサーフィンインベストメント

午後のゲーム会からDUKE。さんは大人気で、質問攻めにあっていました。
途中からは、1勝4敗でもしっかり儲ける新高値ブレイク投資術のサイン会&握手会?も始まり、主催者も嫉妬するくらいの人気ぶりでした(笑)
 DUKE。さんの本はこちら→
DUKE。さんのセミナーは17時から受付開始となりましたが、休日出勤などによるキャンセルを除いたお申込み110人全員が参加するという快挙を達成しました!
毎月何人かは連絡なしに来ない人がいるんですが、ドタキャンゼロというのは初めてでした。
DUKE。さんの講演に対する高い関心が現れていますね。
皆さんの期待が高まる中、17時30分よりDUKE。さんのセミナーが始まりました!
DUKE.jpg
事前の案内で、セミナー前に著書の新高値ブレイク投資術を読んできてくださいね!とお願いしていましたが、7割弱の人が読んできてくれていました。この辺りにも参加者の皆さんの勉強熱心さが感じられます。

DUKE。さんの投資法は、新高値というシグナルが出た銘柄の中からビックチェンジが起きている銘柄を探すので、決算書を分析したり株主総会に参加しながらビックチェンジを探す私よりずっと効率が良いです。
新高値を何度も更新する銘柄はとても強い動きをするので、私もDUKE。さんから学ばせていただき、ウェッジホールディングスでは新高値で買い増しをして含み益を増やすことができました!
このようにDUKE。さんの考え方や投資法は応用範囲が広いので、様々な投資家に役に立つと思います。
セミナーでも強調していましたが、本を読むだけでは利益は出ないので、ぜひ本の内容やセミナーでの講義内容を投資の実践に活かしてほしいと思います。
セミナーは当初の予定を大幅に上回る2時間近くに及び、質疑応答も含めると2時間半になりました。
声が枯れるまで熱心に講演や参加者からの質問に答えていただき、本当にありがとうございました。

余談ですが、私はろくすけさんとともに、新安値ブレイク投資術も極めていきたいと思っています(笑)
新安値ブレイク投資術は、自分が良いと信じる会社の株価が割安水準からさらに下がるのであれば、涙をこらえながら買い下がっていくという、忍耐力が必要な割に報われないこともあるという非効率な投資法です^_^;
一方で戦略が決まるとテンバガーも夢ではない!という破壊力のある?妄想の広がる投資術です(笑)

長時間のセミナーで疲れているはずなんですが、セミナー後には再度サイン会となり、サイン会でも多くの質問に熱心に答えてくれました。本当にDUKE。さんの人柄を感じますね。
7月末にDUKE。さんに初めてお会いした時から、ぜひ名古屋でセミナーを開催してほしいとお願いし続けてきましたが、2016年中に実現できて本当に嬉しいです。
初対面なのに無茶なお願いをしてすみませんでした。
全国というか全世界(笑)から集まってくれた参加者の皆さんに、DUKE。さんの考え方や投資法についての理解を深めてもらえたことはとても喜ばしいです。
今回の勉強会にはイギリスからの参加者もいてワールドワイドな勉強会になりました。
DUKE。さんは英語も堪能なので良かったです。セミナー後にはDUKE。さんを囲んで食事会を開催しましたが、英語での質問にも的確に答えていてさすがです!私ではとても対応不可です^_^;

勉強会の開催などを通して今年も投資仲間の幅が広がり、とても楽しい1年になりました
今年の1月はひふみ投信アナリスト栗岡さんに講演して頂きましたし、その後も大膨張さんやまつのすけさん、御発注さん、かぶ1000さん、たーちゃんさん、yorozunoさんなど大物個人投資家の方々にセミナー講師を務めて頂き、参加者の皆さんにも喜んでいただけたのではないかと思います。
来年も魅力的で投資の勉強になるセミナーを開催していきたいと思いますし、真面目に投資について学びたいという人が集まるような勉強会にしていきたいと思っています。
DUKE。さんからも勉強熱心な方が多い勉強会ですね!とお褒めの言葉を頂きましたが、規模を追い求めず参加者の方々も含めて質をさらに向上していきたいと思っています。
師走のお忙しいなかセミナー講師を務めて頂き、DUKE。さんには感謝の気持ちで一杯です。
これからもどうぞよろしくお願い致します。
 応援ポチッとお願いします!
皆さまの応援があれば、圏外から浮上できると思います!
posted by アイル at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月02日

東京出張報告その1

11月28日から2泊3日で東京に行っていました。
株主総会や会社説明会、決算説明会に参加し、夜はオフ会という充実した3日間になりました。
29日午後は渋谷のホープくん前でポケモンGOをしていたところ、コンプリートまであと1種類を残すのみとなっていたプテラが突然登場し、ポケモンコンプリートのおまけまで付いてきました!
11273.jpg 11274.jpg
本当に充実した3日間でしたね。
同じく東京に来ていたかぶ1000さんのオフ会に合流できなかったのは残念ですが、オレンジ会もニッチな話題で盛り上がりました(笑)

まず28日は15時から地域新聞社の株主総会です。
4年ほど前にも地域新聞社の株主総会に参加しましたが、当時は千葉県で開催していてかなり遠かったことが印象に残っています。
ここ数年は東京国際フォーラムで開催しているので、参加しやすくなりました。
地域新聞社は各戸配布の週刊のフリーペーパーを発行している会社です。中広やタウンニュース社の様な会社ですね。
フリーペーパーと一緒に折込みチラシも各戸に配布していて、最近は新聞を取らない家庭も増えたので、チラシ配布も収益源のひとつになっています。しかし2年前に東京新聞ショッパー社という同業を買収してから業績の悪化が続いています
東京新聞ショッパー社が実質的に赤字で、予想していた以上に立て直しに時間がかかり、連結業績を悪化させています。ただ黒字化の目途はついてきたそうなので、来期くらいからは黒字化してきそうな感じでした。
新規エリアにゼロから進出するよりも、例え赤字会社でも事業基盤のある会社を買った方が早く展開できるという考えで買収したそうですが、想定以上に会社内容が悪くて立て直しに時間がかかっています。
VTホールディングスがイギリスの三菱ディーラーを買収した時も同じような感じで、親会社の支援を受けてなんとか存続している様な会社は、立て直しに想像以上に時間がかかりますね!
フリーペーパー事業に加えて、行政向けのビジネスにも力を入れていて、議会だよりとか行政から市民へのお知らせ文書などの受託を目指して、入札に積極的に参加しているそうです。
文面の作成から印刷、各戸への配布までワンストップで依頼できるので、行政から見ても便利な存在の様です。
行政が住民向けに発行する文書の需要は安定的にあるので、一定量の受託ができれば業績も安定しそうですね。

続いて夕方からKCR総研のIRセミナーに参加しました。
今回はKeePer技研の谷好通社長が登場するので楽しみにしていました。
KeePer技研は投資仲間の間でもよく話題に出る会社ですし、地元の会社でもあるので気にはなっていましたが、多くの人が話題にするという事はすでに割高なんだろうな〜今から買ってもしょうがないよな〜と思って特に調べてもいませんでした^_^;
あまのじゃくなので、皆が良いという銘柄にはあまり興味を感じないんですよね(笑)
4〜5銘柄くらいに長期集中投資しているので、新しい銘柄を次々と発掘してくる必要もそんなにないですし^_^;
そんな状態で説明を聞きましたが、安定した成長を続けていますし、期待以上のサービスでお客様も喜び、感謝の言葉を頂くことで社員も喜び、というビジネスモデルは素敵だなと感じました。
車のコーティングをしている会社なので、アフターサービス部分を担っている会社になります。
私の主力投資先のVTホールディングスは新車ディーラーを中心に、車の販売やアフターサービスなど関連事業を手掛けていますが、アフターサービスは安定したストックビジネスで、利益率も新車販売より高いので重要な収益源になっていますが、KeePer技研はこの美味しいサービス部門だけを切り出した様なイメージなので、安定成長しているのも納得でした。
説明後の質疑応答も途切れることなく質問が出て、予定時間をオーバーしてしまいました。
それだけ個人投資家の関心が高いということですね。
おかげでその後に予定していたオレンジ銘柄について語り尽す会に遅刻してしまいました^_^;
オレンジ銘柄は将来性が高いものの、不透明な要素もあって予測が困難という特徴があるので、比較的難易度の高い投資先になりますが、難易度が高い分挑み甲斐がありますし、高い成長の可能性があるというのはとても魅力的なので、時々そういった銘柄を無性にポートフォリオに加えたくなる時があります(笑)
そんな銘柄について気軽に語り合える仲間はとても貴重ですし、予測の難しい将来像について語り合うのもとても楽しい時間です。大人数でワイワイとオフ会をするのも楽しいですが、少人数でじっくりと語り合うオフ会も大好きです。今回はじっくり系のオフ会を堪能してきました。
思う存分語り合って、東京出張1日目は終了となりました。

2日目は10時からトランザクションの株主総会に参加しました。
トランザクションの株主総会に参加するのは初めてですが、業績・株価とも順調に推移しているので、質問1つだけであっさりと終わってしまいました^_^;
その質問も今後の株価はどうなるのか?という質問で、そんなこと誰にも分かりませんし、社長が答えられるわけがないですよね。石川社長はせっかくの機会なので、質問してくださいと呼びかけていましたが、誰も手を挙げずそのまま終了です。けっこう参加者も多かったのに質問が1人だったのは残念です。
お前が質問すればいいじゃないか!と言われそうですが、トランザクションは電子タバコとか新しい事業に力を入れていて、ネット上でもそこそこ話題になっている会社なので、質問もたくさん出るだろうと油断して何も準備をしていませんでした(笑)
株主総会出席もちゃんと事前準備をして参加しないといけませんね。

総会が渋谷だったので、ランチは半年振りにゼットンの神南軒に来てみました
ここはランチにサラダビュッフェが付いていたので、野菜が不足しがちな出張中には有難いお店だったんですが、ランチの値段が若干値上げされているうえにサラダビュッフェが別料金になっていてがっかりでした。
11271.jpg
いつから変わったのかは分かりませんが、ダイヤモンドダイニング傘下に入って色々と変更があったのかな〜などと考えてしまいました。
以前はピーク時には待たなければ入れない感じでしたが、満席に近いものの待ちは発生していなかったので、以前よりは客数が減っているようです。ただ私以外はほとんどサラダビュッフェをセットしていたので、客単価は3〜4割くらいアップしていると思います。売上は若干増えているのかもしれませんね。
日替りランチの照焼きチキンは美味しかったです!

ランチ後は冒頭に書いた通り、渋谷駅前のホープくん前でポケモンGOを楽しみました。
ホープくん前はレアポケモンもよく出るらしいと聞いていたので期待していましたし、実際多くのポケモントレーナーが集結していました。ただ路上喫煙所があって煙草臭いのは困りますね。
投資家のバイブル?東洋経済オンラインでも記事になっています。
 ポケGO新聖地、渋谷「ホープくん」とは何か
GMOインターネットの人が書いているんですね。
記事を読むとプテラはよく出るみたいですね^_^;シャワーズやカメックスは見かけませんでしたが(笑)

昼過ぎから風も強くなって急に寒くなり、2時間ほど歩き回ったものの期待したレアポケモンも出ず、そろそろホテルに戻ろうかな〜と思っていた時にプテラが突然目に飛び込んできました!
心の中で一人で盛り上がりながらスクショを撮り、プテラを捕まえましたが、周りの人たちは何の変化もなくポケモンを続けていました。東京ではプテラなんてフシギダネくらいの扱いなんでしょうか?
大阪の天保山公園に行った時は、ナッシーでも人がワラワラと集まってきたのに(笑)
先日はジム戦で訪れた神社でいきなりリザードンの影が登場して歓喜しましたし、ずっと影さえも見たことがなくて、出会えたらラッキーくらいにしか思っていなかった最後の2匹、リザードンとプテラが1週間ほどで意外とあっさり捕まえることができて、そのことに驚きました。
と言ってもポケモンGOを始めてから4ヵ月以上かかりましたが^_^;

ポケモンもコンプリートして満足しましたし、夕方からのミニオフ会&忘年会に備えて新宿に移動しました。
風邪をひきそうなくらい寒かったですが、ホープくんに行って良かったです!
パンローリングの忘年会では、夕凪さんにポケモンGOコンプリートしたよ〜と自慢してしまいました(笑)
忘年会以降は、東京出張報告その2 に書いてみたいと思います。
 応援ポチッとお願いします!
皆さまの応援があれば、圏外から浮上できると思います!
posted by アイル at 02:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月06日

今年もよろしくお願いします

今日の日経新聞1面に、最新iPhone3割減産 部品メーカーに打撃!と言う記事が出ていますが、10万円を超えるようなスマホは必要ないですよね。
私が12月初めに購入した、フリーテルのシムフリースマホ極は税込み4.3万円くらいですが、画面も6インチと大きくて十分にハイスペックなので、特に不満は感じません。
6インチサイズだと横にすれば適時開示のチェックも可能ですし、株価やメールの確認、ツイッターやLINEの確認もできるので、パソコンを使用する時間が減りました。電気代の削減にも貢献しているかも(笑)

パソコン使用時間が減ったのでブログの更新はまたしても滞りがちに^_^;
さすがにスマホでブログを書く気にはなりませんね。
その分ツイッターで呟くことが増えました。
そのツイッターは140文字という制限があったんですが、1万文字まで増えるらしいというニュースも飛び込んできています。3月末頃に実現するらしいです。
確かに140文字だとリンク付きのニュースなどを引用すると足りないこともありましたが、1万文字はやり過ぎな感じがします。ほとんどブログと変わらないし^_^;
200文字とか300文字くらいにするとか、リンクなどを除いてどんなツイートでも140文字はコメントできるなどの改善の方がツイッターらしさが残りそうです。1万文字についてはやはり反対意見が多いようです。

スマホのシムは株主なのでbic simにしましたが、一番ミニマムなプランが3GBです。3GBで契約して1ヵ月が経過しましたが、使用したのは28MB(笑)ほとんど使ってないし^_^;
Wi-Fi経由のデータ使用量が1.3GBくらいなので、ほとんどが無線LAN経由での使用でした。
Wimaxの契約をしているので、家の中でも外出先でもほとんどがWimaxのデータ通信ですし、ホテルなどでは無線LANも整備されているので、4Gを使うのは新幹線での移動中とか、ホテルの宴会場などWimaxが圏外の場所などに限定されます。
4Gでスマホを使うのは初めてで、どのくらいの使用量になるのか分からなかったので慎重に使ってきましたが、もっとバンバン使っても問題ないようですね!

年末年始は実家に帰っていましたが、朝から夜中までテレビが流れていて落ち着きませんでした。
普通の人はあんなにテレビを見るんですね。特に見たいわけでもないみたいなのに、家に帰ったらテレビを付ける!という感じです。年末年始は本でも読もう!と何冊か持ち帰ったんですが、テレビがうるさくてなかなか集中できませんでした。ホント、テレビなんて有害で不要だな〜と思います。ネットがあれば十分ですよね。

12月下旬くらいから読んだ本は下記の通りです。最後の朝倉さんの本は読書中です。
      
運を支配するは、v-com2さんが10月のセミナーで紹介していた本ですが、やっと順番が回ってきて借りることができました。読めば読むほど思い当たることがたくさんある本ですね。
投資にも生きていく上にも役に立つ考え方が散りばめられています。
勝負は複雑にすると負ける、悪手で勝つ誘惑を断てるか、など投資そのものですよね。
中には現時点の私には納得がいかない話もありますが、状況が変わったりさらに成長すれば分かることなのかもしれません。この本は折に触れて読み返すタイプの本だと感じました。

澤上篤人さんと藤野英人さんの本は何冊も読んでいます。どちらも投資に関する本ですが、なぜだか澤上篤人さんの本は印象に残りませんでした。どの本でも主張したいことは同じですし、視点を変えて説明しているわけでもないので、新たな気付きを感じられないからなのかもしれません。
一方藤野英人さんの本は、主張したいことは同じでも視点を変えて説明したり、新しい内容を加えたり、具体的な投資先を例に出して説明しているので分かりやすくて、読み応えを感じます。
相性が合わない銘柄は捨てる、というのは上記の運を支配するの「悪手で勝つ誘惑を断つ」にも通じる感じがします。プロの成功要因の多くは『運』である、という考え方も運を支配するにつながります。
色々な本を読むことで知識が蓄積され、思わぬところで役に立つこともよくあるので、もう少し幅広い本を読まないとな〜と感じました。最近読んでいるのは投資に関する本が多過ぎる感じがします^_^;

そう言った意味でも4冊目は少し毛色の変わった本です。
ジャンルとしては自己啓発系で、こちらも比較的よく読むジャンルです。
「どうせ私は」という言葉を多用して自己否定したり人生を諦めてしまうと、自らを幸せから遠ざけることになりかねません。日本人は謙遜するのを美徳と考える人が多いですが、過度の謙遜は逆効果になることもあります。

私の周りにも世間一般から見れば十分に成功者なのに、他人と比較して自分を卑下しているような人がいます。
たぶんネタで言っているのでしょうが、普段使っている言葉が人生を作り出す!という考え方もあるので、あまりに謙遜し過ぎるのも良くないよな〜と思います。謙遜も過ぎれば嫌味になりますからね(笑)
決してけんそんさんのことを言っているわけではないので誤解なきよう^_^;
この自己啓発系の本も、藤野さんの投資関連の本も、最後は感謝の大切さを取り上げているのが興味深いですね。投資は人生に通じるところがたくさんありますが、どちらも感謝の気持ちが大切ですよね!

2016年はもう少しジャンルも広げて読書したいと思います。哲学なども良いのかもしれませんね。
 応援ポチッとお願いします!
皆さまの応援のおかげで、圏外から上位まで上がってきました
posted by アイル at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月30日

2015年もお世話になりました!

今日は大納会でしたが、2015年もあと1日少々になりました。
今年の株式市場もクローズとなりましたので、今年の成績を集計していました。
長期投資をしているので年度ごとの成績を重視しているわけではないですが、やはり気にはなるので毎年集計しています。昨年はマイナスでしたが今年は30%を超えるプラスで終わることができました
今年の相場を振り返ってみると、7月頃までは株価も順調で私のポートフォリオも過去最高まで増加していましたが、チャイナショックの影響で8月以降は資産が減ってしまいました。ただ前半の貯金のおかげで年間ではプラスとなりました。

7年以上保有しているティアとVTホールディングスの株価推移は下記の通りです。
両銘柄とも今期は増収増益で安定成長を続けています
VTホールディングス
どちらも今では東証1部上場企業になりましたが、株価もTOPIXやジャスダック指数を上回って推移しています。VTホールディングスは50%ほど上昇しましたし、ティアも20%ほど上昇しています。
VTの方が上昇率が高いですが、これは前年の業績が消費税増税の影響で減益だったことの反動という面もあります。
過去2年間の株価推移を比較してみるとよく分かります。
VTホールディングス
過去2年間で見ると、青線のVTは2014年は減益の影響で株価も低迷しました。赤線のティアは秋頃までは頑張っていましたが、2014年末に公募増資の影響で力尽き^_^;これらの影響で2014年の成績はマイナスとなりました。
2015年はVTの株価が低い位置からスタートしているので、上昇率が大きくなりました。
当面はこの2銘柄がポートフォリオの主力を占め続けると思うので、これからも成長を続けていくことを期待しています。この2銘柄ともひふみ投信の上位40以内に組み入れられています
特にティアは2015年に入ってから本格的に組み入れられました。大量保有報告が出た時は、なぜこのタイミングで組み入れるんだろう?と感じましたが、何らかの大きな変化の兆しを見ているのかもしれませんね。
来年のセミナーを楽しみにしています。

2015年に新たに組み入れた銘柄はまだ苦戦している印象で、新規組み入れ銘柄の合計ではマイナスとなっています。もちろん半年から1年ほどでは判断できないので、今後の業績推移を注視していきますが、期待ほど株価は伸びなかった印象です。
ジーフットは東証1部上場も果たしましたし、株価ももう少し反応するかと期待していましたが、あまり伸びませんでした。東証1部上場から2ヵ月近く経過してもまだ名証での出来高の方が多いのは意外でした。
通常名証単独上場銘柄が東証に上場すると、名証での出来高はほとんどなくなり東証での売買が中心になるんですが、ジーフットの場合は名証での出来高の方が多くて、株価も名証の方が高かったりします。不思議ですね。
SBI証券の優先取引所は東証になっているので、名証の方が株価が高くても東証にしか注文を出せないのは不便ですね。どちらで売買するか選べればいいのに!と思います。
ジーフット
上記チャートの青線がジーフットで、赤線がCREの株価推移です。
どちらも主に7月に買い進んだのでジーフットは横ばい、CREはマイナスとなっています。
ジーフットはもっと以前に見つけていたら今期の成績にも大きく貢献してくれたはずですが、気付くのが少し遅かったです。
CREについては2015年4月に上場したばかりの会社であり、私のルールからすると1〜2年は様子を見ないといけないわけで、本来は投資対象にならないんですが、成長が期待できる業種であること、業績も絶好調なのに割安だったこと、などから投資しました。
結果としては3Qまでの業績は好調だったものの、上場以降の4Qの業績は期待外れだったこと、今期計画も保守的な数字を発表していることなどから株価は低迷したまま終わりました。
会社によって業績の癖とか季節変動、計画の出し方など様々な特徴があるので、やはり新規上場企業には飛び付かず、しっかりと上場以降の会社側の動きをチェックする必要があるな〜と実感しました(笑)

今年最後のブログ更新となると思いますが、本年もブログをお読みいただいたり、名古屋キャッシュフローゲーム会やオフ会に参加いただきありがとうございました。
2015年は投資仲間の幅も深さも広がる楽しい1年になりました
2016年もさらに投資仲間を広げていくとともに、投資については今年の反省も活かして、楽しみながらも投資リテラシーを高めていきたいと思っています。
来年もブログともども、どうぞよろしくお願い致します。
 応援ポチッとお願いします!
皆さまの応援のおかげで、圏外から上位まで上がってきました
posted by アイル at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月13日

第76回名古屋ゲーム会

昨日は76回目の名古屋キャッシュフローゲーム会を開催しました。
今回も80人近くの方々に参加いただき、楽しい時間を過ごすことができました。
多くの個人投資家の皆さんに参加いただいているので、行き届かない点などもたくさんあると思いますが、参加者の皆さんのご協力・お手伝いのおかげで、長く続けられてきたと感謝しています。これからもよろしくお願いします。

昨日はかぶ1000さんにもキャッシュフローゲーム会に参加いただき、今回講師を務めていただいた証券非行被害者救済ボランティアの山口さんなどベテラン投資家テーブルでキャッシュフローゲームを楽しみました。
凄腕投資家の皆さんはやはり視点が違いますね。初めてとは思えないような的確な指摘が相次ぎ、バンカー役の私はタジタジでした^_^;
アービトラージキングのかぶ1000さんは本質を見抜く眼が本当に鋭いな〜と改めて実感させられました!

キャッシュフローゲーム会に続いては、証券非行被害者救済ボランティアの山口三尊さんに、MBOとは何か?MBOを活用した投資方法などについて講義して頂きました。
まさに人気講師に講義して頂いた感じで、本当に話すのが上手いな〜と感心しました。
MBOというものは投資初心者にはよく分からないと思いますが、こういった知識が無いと安い価格で泣く泣く持ち株を手放さなくてはならなくなることがある!ということが分かっただけでも価値があると思います。
知らないと泣き寝入りするしかないですが、MBOの例や経緯などを知っていると、どう対応すればいいのか?誰に相談すればいいのか?などが分かり、行動に移すことができます。
私もTRNコーポレーションやシンプレクステクノロジーのTOBやMBOで痛い目に遭っているので、もっと早く山口さんと知り合っていたら良かったな〜と実感しました。
TRNコーポレーションの臨時株主総会の様子はブログにもまとめているのでご覧ください。
私も含めて質問者3人で30件も質問したんですが、株主総会で質問しても何の意味もないんですね^_^;
 TRNコーポレーション臨時株主総会レポート
シンプレクステクノロジーもそうですがTOBやMBOをする会社は、今後しばらくは業績を立て直すために抜本的な改革を行うので、一時的にさらに業績が悪化します。株主の皆さまにこれ以上ご迷惑をお掛けできないので、スズメの涙ほど上乗せして(笑)全株強制的に買い取ります、というような発表をしてMBOを行います。
長期投資家からすれば改革に成功する可能性が高いなら最後まで付き合いますよ〜というスタンスなのに、強制的に買い取られて損益が確定してしまうのは本当に納得できないですね。
MBOなんかするなら最初から上場するなよ!と言いたいです。
アメリカではMBOなどの場合、取締役に、株主に最も有利な提案を採用する義務があったり、裁判で買取り価格が上乗せされると、クラスアクション制度が適用されて全株主の買取り価格がアップするなど、株主に有利な制度になっているので、日本の様な酷いことはないようです。
なんでも訴訟!のアメリカもやり過ぎだと思いますが、コーポレートガバナンスコードで取締役の義務・責務についてももっとはっきりと打ち出してほしいですね。

その後は山口さんも含めて忘年会を開催し、投資話を楽しみました。
忘年会では山口さんに失礼なことをたくさん言ってしまい、申し訳ありませんでした。
酒の席での発言なので、非礼を訴えないでくださいね(笑)
自由解散で遠方の方から散会となり、最後まで残った私を含めた5〜6人は23時30分頃にお店を出ました。
外に出たら雨が降っていてびっくりです!しょうがないので濡れながら帰りました。
昨日は4時間半もしゃべり続けたので喉がガラガラで、今日はカブオケ会なのに歌えるのか心配です^_^;
まあそれくらい楽しい1日だったということで、歌が下手なのは勘弁してもらおう(笑)
 応援ポチッとお願いします!
皆さまの応援のおかげで、圏外から上位まで上がってきました
posted by アイル at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月07日

SIMフリースマホデビュー

名古屋市のプレミアム商品券の使用期限が12月末までなので、スマホかタブレットかエアコンのどれかを買おうと検討してきましたが、結局simフリースマホとbicsimSMS付をセットで購入しました。
機種は色々と検討しましたが、画面が大きい方が便利なのでFREETEL SAMURAI極にしました。
極
6インチ画面は大きくて見やすいですね!
 フリーテル SAMURAI 極 ホームページ
画面を横にすれば、日経新聞の適時開示情報サイトもチェックできますし便利です。
メールのチェックにも十分なサイズなので、パソコンを立ち上げる必要性が低くなり、パソコンの使用時間が大幅に減っています。その影響でブログの更新が滞るようになってしまいました(笑)
さすがにスマホでブログ更新しようとは思わないので^_^;
代わりにツイッターでつぶやくことが増えました。
6インチサイズだと画面下にキーボードを表示してローマ字入力にしても十分な大きさで、快適に入力できます。ツイッターやLINEならこのスマホだけで十分ですね。
まだ発売して間もない新商品なのでどんな評価なのか気になり、価格.comなども頻繁にチェックしたんですが、発熱が凄いとかバッテリーの持ちが最悪などけっこうネガティブな評価が並んでいました。
スマホでゲームなどはしませんし、そんなにハードな使い方をしないので発熱は大丈夫でしょうし、バッテリーはモバイルバッテリーを使えば大丈夫!というアドバイスもいただいたので、問題にならないだろうと考え購入しました。
上記のスペックで4.3万円くらいで買えるわけですからお値打ち商品ですよね!
10万円前後のハイスペックスマホが人気の様ですが、スマホに10万円も払う気になりません^_^;
極
カラーバリエーションが黒と白しかないのは残念ですが、新たに追加された白を購入しました。
12月2日にビックカメラで購入してから6日目ですが、大満足です。
発熱はほとんど気になりません。まあライトユーザーなので熱の出しようがないのかも(笑)
バッテリーの持ちも特に不満に感じません。ゲームなどをしなければ問題なさそうです。
6インチなので携帯性に問題があるのかもしれませんが、普段からポケットなどに入れて持ち歩いていないのでこれも問題になりません。バックに入れて持ち歩いていますが、薄くて大きいので荷物をバックに詰め込んでいる時は、スマホが折れ曲がってしまうんじゃないかと心配になるくらいです^_^;
Gorilla Glass 3採用なので折れ曲がることは無いと思われる(笑)
指紋認証機能も便利らしいので、挑戦してみようと思います。

ネットもほとんど別途契約しているWiMAXのWi-Fi接続で使っているので問題ありません。
最初SIMカードを挿してもドコモの3Gしか電波を拾ってくれなくて心配しましたが、しばらく放置しておいたら4Gマークが出て、無事高速通信も使えるようになりました。
今まではお試しスマホをWiMAXのWi-Fi接続で使っていましたが、ビルの中に入ったり、地下に降りたりすると圏外になってしまって不便だったことが買換えの一番の理由ですが、思った以上に便利でこれは手放せませんね。
昨日は近鉄で奈良まで行きましたが、三重県の山間部を横断中はWiMAXが圏外になるのに、ドコモの電波は届くのでLINEなどチェックすることができました。
今までパソコンで行っていたことがスマホでもできることが増えるので、電気代も節約できそうです(笑)
パソコンの使用時間は減りそうですが、ブログの更新はサボらない様にしたいと思います!

購入価格は定価の税込み42,984円の4,298ポイントで買いましたが、プレミアム商品券使用なので実質的には35,800円くらいですし、ポイント分を引けば31,500円くらいで手に入れたことになるので、お値打ち感を感じますね。真夏の炎天下に3時間くらい並んで商品券を手に入れて良かったです。
新しいスマホも大事に使っていこうと思います。
 応援ポチッとお願いします!
皆さまの応援のおかげで、圏外から上位まで上がってきました
posted by アイル at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月25日

村上世彰元代表に相場操縦の疑い

村上世彰元代表に相場操縦疑い 監視委が関係先強制調査 と報道されています。
11月17日には東京地検特捜部が、投資集団誠備グループ元代表 加藤あきら容疑者ら3人を逮捕していますし、なんか最近、元代表に相場操縦の疑いというニュースが多いですね^_^;

NHKの報道によれば、投資先の株価が上がったところで大量に売って株価を下げ、下がったところで再度買って、また上がったら売ったので相場操縦らしいですが、これだけの説明では何が相場操縦に当たるのかよく分かりません。
株価が上がったので売るというのは別に普通の投資行動でしょうし、投資額が大きければ自らの売りで下がることも普通です。上がれば売り、下がれば買いは普通の投資スタンスだと思うので、これを相場操縦と言われてしまうと大口投資家は日本から居なくなってしまいそうです
今後詳細が明らかになってくるので、何が相場操縦と判断されたのか明確になってくると思います。
新村上ファンドの代表銘柄は黒田電気(7517)ですが、過去5年間の株価推移は下記の通りです。
村上世彰
そんなに変な値動きはなさそうです。8月以降の値動きは激しいですが、これはチャイナショックの影響なのでしょうがないですよね。
強制調査が入ったという報道で大引け間際に出来高が急増して株価は急落しています。
何時に強制調査が入ったのか気になりますね。事前に漏れてたら大変です。
村上世彰
金融商品取引法違反(相場操縦)容疑で、東京都内にある村上元代表の長女の自宅など関係先の強制調査に乗り出した、ということなので、今回も親子が捜査対象になっているようです。
村上絢さんのインタビュー記事がありますが、まさか自分たちが「ルール違反」を徹底追求されるとは予想外の展開なのでしょうね!
 ガバナンス向上を求め「ルール違反」を徹底追求 村上絢 ・C&I Holdings CEOに聞く

仕手グループ般若の会に強制捜査が入った件では、新日本理化(4406)の株価を動かしたと大きく取り上げられています。
この銘柄、略称がリカちゃんなんですね(笑)名前はかわいいですが、値動きはダイナミックです!
村上世彰
これは確かに仕手株だよな〜と一目で分かる値動きです。黒田電気とは値動きがまったく違いますし、ほとんどファンダメンタルに基づいていないので、仕手グループが抜けてしまえば株価は元に戻ってしまいます。
一方で黒田電気の場合は、ファンダメンタルから見て割安だと判断して買い進んだわけで、買い集めていけば株価が上がるの当たり前です。さらに大量保有報告の義務もあるので、5%以上保有すると村上ファンドが買っているぞ!ということは分かってしまいます。そうなるとさらなる提灯買いが入ってきて株価は上げ足を速めます。想定以上に株価が上がれば利益確定するのは通常の投資行動だと思うんですが、会社側に自分たちを取締役に選任しろ!などと要求していたのがまずかったんでしょうか?
一方では会社側に要求しているのに、実は売り抜けていたとか?
2社の値動きや株価が上昇した背景にはかなり違いがあるのに、どちらも相場操縦として強制捜査されているのは不思議に感じます。まだ初期段階の報道なので、今後の続報を待ちたいと思います。

それにしてもこの2件の報道に共通するのは、仕手グループや投資集団が家内制手工業になっていることですね(笑)
般若の会事件で逮捕されたのは、K氏と言われていた元代表と、その妻、長男の3人でした。
今回の強制調査の対象になったのは、村上世彰元代表と村上元代表の長女の自宅などです。
新・村上ファンドは家族だけで経営しているわけではないでしょうが、どちらも家族中心になっているのが意外でした。
特に仕手集団はもっと大人数で、売買を担当する人、ヤフー掲示板などで買い煽り、売り煽りをする人など、業務分担して株価を吊り上げていると思っていました。
早稲田大学の投資サークルOBも相場操縦で捕まっていましたが、時代とともに仕手集団のメンバーや規模も変わってきているんですね!

それにしても今日はブログネタにしたいことが次々起きてくるので、3件も記事を書いてしまった(笑)
 応援ポチッとお願いします!
皆さまの応援のおかげで、圏外から上位まで上がってきました
posted by アイル at 20:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月19日

ジャパンレンタカー&カラオケ

ジャパンレンタカーは24時間営業のレンタカー事業を行っている業界7位の会社です。営業所には24時間社員が常駐しているので、レンタカーだけではもったいない!手間の掛からないカラオケ店も併設しよう!という感じで(笑)24時間営業のカラオケ店を併設する店舗を増やしています。
その名もジャパンカラオケという店名で中部圏中心に展開しています。
 ジャパンカラオケ 24時間営業・飲食持込OK
カラオケ事業と言ってもほとんど部屋貸しという感じで、飲食物の提供は無し、飲食物の持ち込み自由、部屋には冷蔵庫も完備という面白いスタイルのカラオケ店です。
飲食物を提供しないので厨房などは不要で、受付業務と部屋の清掃ぐらいしか手間はかかりません。
レンタカー事業でも受付や車の清掃、整備などは必要になるので、カラオケ店を併設しても追加で必要となる運営費はそれほどかかりません。レンタカーだと24時間営業していてもお客さんの出入りはそれほどありませんが、カラオケならそこそこ人の出入りもあるので、治安面でも安心感が高まると思います。特に持ち込み自由なので、飲食物を買いに行ったり人の出入りは普通のカラオケ店より多そうです。
レンタカー+カラオケはなかなか考えられたビジネスモデルだな〜と思います。
部屋貸しなのでカラオケ料金も1室2,000円〜3,000円という料金体系で、人数が多いと飲み物などを買ってきても1人500円くらいで収まります。土日の昼間に6時間くらい使っても1人500円くらいですから本当にお値打ちですよね。
以前はカラオケだと、株主優待が使えるラウンドワンとかビックエコーを利用していましたが、最近はジャパンカラオケばかり(笑)という感じになっています。
ラウンドワンとかビックエコーは、平日とか早朝だとお値打ちですが、土日になると目が飛び出るほど高くなります。優待を使っても土日は高いので、自然とジャパンカラオケになってしまいます。
決算発表をみてもカラオケ店を運営している会社は業績が厳しいですね。
ラウンドワンもウチヤマHDもカラオケ事業は苦戦しています。

レンタカー事業はVTホールディングスもJ−netレンタカーブランドで展開しています。
こちらはレンタカー専業ですが、損保会社の代車需要を取り込んだり、レンタカー利用後に中古車として高く売れる車を導入するなどの工夫で、業界でもトップクラスの利益率を確保しています。
レンタカー保有台数順位は下記の通りで、J−netが6位、ジャパンレンタカーが7位となっています。
1位 トヨタレンタカー 107,076台
2位 オリックスレンタカー 55,996台 オリックス
3位 ニッポンレンタカー 28,211台
4位 タイムズレンタカー 26,018台 パーク24
5位 日産レンタカー 18,211台
6位 J−netレンタカー 12,440台 VTホールディングス
7位 ジャパンレンタカー 7,546台


タイムズレンタカーはコインパーキング最大手のパーク24が運営していますが、元はマツダレンタカーを買収して始めた事業です。J−netレンタカーもオリックスレンタカーのフランチャイズから始まっています。
VTホールディングスはM&Aをしながら成長を続けてきた会社なので、この順位を見ていて、レンタカー事業でもM&Aがあってもいいんじゃないか?と妄想が広がってきました(笑)
J−netレンタカーもジャパンレンタカーも本社は名古屋市なので統合しやすいですし、中部でのネットワークが充実します。この2社が統合すると保有台数が19,986台になるので業界5位に浮上します!
ジャパンレンタカーがVTホールディングスの子会社(正確にはトラストの子会社になるでしょうが)になったら、ジャパンカラオケでもVTの株主優待が使えるようになりそうなので、嬉しいですよね〜
ジャパンレンタカーの会社情報を見ても株主構成が分かりませんが、レンタカー業界上位を目指すには良い戦略なんじゃないかな?と思いました。

このブログを会社の人も見ているらしいので、あまりヘンなことばかりも書けないんですが(笑)
ぜひジャパンカラオケ!じゃなくてジャパンレンタカーのM&A検討もよろしくお願いします!
 応援ポチッとお願いします!
皆さまの応援のおかげで、圏外から上位まで上がってきました
posted by アイル at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

後発薬を新薬の半額に!

今日の日経新聞1面に、後発薬 新薬の半額に 厚労省検討 価格下げ普及促すという記事が出ています。
後発薬(ジェネリック医薬品)は、大手製薬会社が巨額の開発費をかけて開発した新薬の、特許が切れた後に同じ成分で作る薬ですから、ほとんど開発費がかかりません。新薬の半額でもまだ高いと思います。
ジェネリック医薬品大手の日医工(4541)、沢井製薬(4555)、東和薬品(4553)は業績も好調で儲かっているようです。
2015年2Qの業績は下記の通りです。
日医工 売上690億円(13%増) 営業利益58億円(32%増) 利益率8.4%
沢井製薬 売上590億円(17%増) 営業利益116億円(14%増) 利益率19.7%
東和薬品 売上392億円(17%増) 営業利益55億円(32%増) 利益率14.1%

利益率の高さが目を引きますね!
ジェネリック医薬品の製造会社は、乱暴に言ってしまえばEMS(電子機器の受託生産サービス)みたいな存在だと思いますが、薬を作るだけなのにちょっと儲けすぎだと思います。飲みやすくしたり色々研究しているんです!と言うのでしょうが、そんなことは製造企業であればどこでもやっていることだと思います。
今まではジェネリック医薬品の普及を優先するために、製造会社や調剤薬局が優遇され過ぎているのだと思います。もうそろそろ見直す時期に来ていると思います。
ジェネリック医薬品
沢井製薬以外は株価も好調に推移しています。

2014年度の改定で新薬の7割だったジェネリック医薬品価格を6割に下げましたが、ジェネリック医薬品の普及率を欧米諸国並みの80%にするためにはさらなる引き下げが必要と判断し、5割への引き下げを検討しています。
ジェネリック医薬品大手の業績は好調のようですし、年々規模も拡大しているので生産コストも下がっていると思います。日本の医療費は年々増加して財政を圧迫しているんですから、岩盤規制をアベドリルで粉砕していってほしいと思います。

調剤薬局ももっとジェネリック医薬品を積極的に使用するように、政策的な対応が必要だと思います。
現状の使用促進策は一定以上の後発薬を処方すると点数が加算されて、調剤薬局の収入が増えるインセンティブ型となっています。
日本のジェネリック医薬品の普及率は2013年に46.9%となっており、2017年半ばに70%以上、2018年から2020年末までの間のなるべく早い時期に80%とする数量シェア目標も定められています。
2015年1月以降はシェアが58%を超えてさらに上昇傾向であり、現状でジェネリック医薬品がすでに6割近くを占めているので、インセンティブ型の促進策ではなくペナルティ型に切り替えていく必要があると思います。
ジェネリック医薬品処方に伴う加算金は廃止して、ジェネリック医薬品の比率が一定以下の調剤薬局は点数を減点するとか、ジェネリック医薬品があるのに新薬を希望する患者には費用負担を上乗せするなど、ジェネリック医薬品がデフォルト!にしていかないと医療費を減らせないと思います。

ジェネリック医薬品を製造している会社は後発薬専門の製薬会社が多いですが、新薬開発メーカーももっとジェネリック医薬品事業に力を入れてほしいと思います。競合他社が開発した新薬の特許切れに合わせて、ジェネリック医薬品を投入することにもっと力を入れる必要があると思います。
ジェネリック医薬品の割合が今後さらに高まっていくと、ジェネリック医薬品の生産能力が足りなくなる!ということで、ジェネリック医薬品メーカーの工場新設やライン増設などが続いていますが、無駄な投資のような気がしてなりません。
ジェネリック医薬品の数量シェアが80%になれば、新薬開発中心の製薬会社の生産数量は減ってしまうわけですから、製造部門の稼働率が低下してしまいます。せっかく立派な工場があるんですから遊ばせずに、空いたラインで他社のジェネリック医薬品をどんどん作れば良いと思います。そうなれば日本の製薬会社の生産性も上がりますし、大手製薬会社製のジェネリック医薬品も選べるようになれば、患者さんとしても選択肢が増えて価格面や安心感でメリットが大きいと思います。
欧米でジェネリック医薬品の使用割合が高いのは、大手製薬会社がジェネリック医薬品に力を入れているという点も大きいので、日本でももっと抜本的な普及促進策を取らないといけない時期に来ています。
業界の利益優先より、患者あるいは国民の利益を優先して考えてほしいものですね。
 ブログランキング参加中 → にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ お役に立ったら応援お願いします!
皆さまの応援のおかげで、圏外から上位まで上がってきました
posted by アイル at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月15日

ジャパンパイルも杭打ち不正

旭化成建材に続き、杭打ち大手のジャパンパイルでもデータ改ざんが発覚しました。
コンクリートの杭打ち業界で旭化成建材はシェア2%なのに対し、ジャパンパイルは25%の大手だそうです。業界大手でもデータ改ざんが発覚したことで、予想通り業界全体に広がっていることが明らかとなり、今後も続々と、実はうちもやってましたというカミングアウトが続きそうです。
杭打ちを実際に行っているのは地元の小さな工務店や一人親方みたいな人たちで、杭打ちの仕事が入ると杭打ちを下請けした会社の社員として現場で杭打ちをして、次の現場では別の杭打ち会社の社員として仕事をしているという記事もあり、杭打ち会社は調べればどこでも不正が出てきそうなので、早く報告した方が心証が良いという競争になりそうです。

今日の日経新聞にジャパンパイルの黒瀬晃社長のインタビュー記事が載っていました。
記事を読むと、黒瀬晃社長の意図とは異なり、ますます業界に対する不信感が高まりますし、業界の常識は世間の非常識という感じがしました。素人考えですが、インタビューを読んだ感想を書いてみます。

地盤の抵抗値を電流計のデータでチェックしていて、このデータがうまく取れなかった時に流用をしているが、データを見る装置は掘削機の外側の印刷装置と運転席の2ヵ所に設置されており、運転席でデータをチェックしながら杭打ちを行っているので、データ流用の有無に関わらず工事はしっかりやっているはずだ。杭が想定より短ければ元請けに必ず報告し対処する。支持層に未到達を知りながら放置することはあり得ない。いずれ施工不良が分かるからだ。元請けも杭が支持層に未到達なのに対処せずに工事を続けろということはないだろう。杭打ち業者も不備が分かれば急いで報告した方が得で、気を使って報告しないことはあり得ない、と答えています。

完全に性善説からの発言ですが、これはさらに不正が発覚した場合に備えての逃げなのかなとも勘ぐってしまいます。まさかそんな悪意を持って不正をしていたとは思いもよらなかった、と言い逃れるための布石という見方ですね。
旭化成建材の現場でデータ流用が発覚した物件では、一部の杭が支持層に達していなくても問題が起こるわけではないので安心してほしいという見解が出されています。不安を抑えるという意図もあるでしょうが、安全域があるはずなので一部の杭が未達でも大きな問題にはならない感じがします。
上記のインタビューでは、「支持層に未到達を知りながら放置することはあり得ない。いずれ施工不良が分かるからだ」と発言していますが、これにはものすごく違和感を感じますね。杭打ちは地中深くの見えない部分ですし、杭打ちの場所にもよりますが一部が未達でもすぐには分からないと思います。
杭打ちを始めてから、支持層が想定より深くて杭の長さが足りないと分かった場合、元請けに報告しても工事関係者全員が困ることになります。支持層までの深さを再調査したり、必要な長さの杭を新たに発注しなければならないでしょうから、その間工事は止まってしまいます。杭打ちが終わらないと建築工事はできないですからね。
そうなるとすべての工事が後ずれしてしまうので、ただでさえ職人が足りないのに工事スケジュールを見直すのは大変な労力になります。
現場がマンションなどの場合、顧客への引き渡し時期などの関係から竣工を伸ばすのはさらに困難が予想されます。立場の弱い多重下請け先の杭打ち業者に一時的に雇われた杭打ち職人が、これだけ影響の大きい報告をできるのか甚だ疑問です。
たとえ杭打ち業者に報告したとしても、これは聞かなかったことにする、そのまま杭打ちを続けろ!となるんじゃないでしょうか?不正をしろとは言わないでしょうが^_^;
杭打ち業者の報告で工事計画が遅れたとなれば、元請けから工程管理もできない業者のレッテルを貼られて、次からは仕事が回ってこなくなりそうです。正直者がバカを見るという世界は良くないと思いますが、聞かなかったことにする可能性が高そうです。
元請けに報告したとしても、杭打ちを担当しているのは御社なんだから、決められた納期通りに杭打ちを完了させてください、と言われるだけじゃないでしょうか?
きちんと報告すれば納期を見直すなどの対応をしてくれるなら報告するかもしれませんが、報告してもしなくても状況は何も変わらなくて、逆に報告すると不利益を被る可能性があるとなれば、報告しなくなるでしょうし、杭打ち担当者にも自分でどうにかしろ!という流れになっていきそうです。
そして社長は、私は性善説を信じていますから!としか言わないという

不正の原因は印刷用紙がなかったり、紙が風で飛ばされてしまった、雨で濡れてしまったなど、いつの時代の言い訳だよ!と突っ込みたくなるような内容です。電流計データは運転席で確認すると同時に、無線でリアルタイムにクラウド上に保管し、杭打ち会社・元請け・地方自治体・入居予定者なども見れるようにすれば、データの流用や施工不良はかなり防げると思います。
今回の不正も、杭打ちを始めたら杭の長さが足りないことが分かったという要因もあるので、支持層の深さを正確に把握する方法や、必要な長さの杭をすぐに入手できるような仕組みも必要になると思います。
現場の性善説だけに頼らず、不正ができない、不正をする必要がないような抜本的な対策が必要です。

インタビュー記事の中で、それもそうだな〜と思ったのは、一番最後の部分です。
横浜のマンションはなぜ傾いたと思うか?との問いかけに対し、下記の様に答えています。
深刻な施工不良は通常は完成から1〜2年以内に異常が現れる。完成から約8年たって出たのが信じられない。東日本大震災による地盤変化の可能性も否定できない
確かに8年も経って急に出てくる問題なのかな?と不思議に感じる部分もあります。

杭打ちに関連したニュースや今回のインタビュー記事を読むと、
電流データは流用したかもしれないが、杭打ちはきちんと行っているはず
たとえ一部の杭が支持層に到達していなかったとしても、建物全体の安全性に問題はない
深刻な施工不良は通常は完成から1〜2年以内に異常が現れる

ということのようですが、これらが本当に正しいかどうかは徐々に明らかになってくると思います。
現状では、新築より築10年以上の中古マンションが安心ということですね。
新築マンションの価格は高騰していますし、今後はさらに中古マンション市場が活性化しそうですね。
関連する銘柄にも注目が集まる機会が増えそうです。
 ブログランキング参加中 → にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ お役に立ったら応援お願いします!
皆さまの応援のおかげで、圏外から6位前後まで上がってきました
これからもクリック応援よろしくお願いします!
posted by アイル at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月14日

株価は2016年8月1万5000円を割る

ヤフーニュースをチェックしていたら、現代ビジネスが配信している 手遅れになる前に「売ったほうがいい銘柄」〜景気と経済大予測。株価は来年8月「1万5000円」を割るというセンセーショナルな記事を見つけました。
 記事はこちら→株価は来年8月「1万5000円」を割る

2015年は「冴えない一年」だったと総括し、2016年の日経平均株価は15,000円を割り、さらには悪夢の1万円割れも とまで書かれています
どんだけ危機を煽るんだよ!とツッコミを入れたくなるタイトルです。
これは11月20日(金)に恒例の危機煽り本 2016年日本経済 複合危機襲来の年になる!が発売となる、高橋乗宣氏と浜 矩子氏が、本の宣伝を兼ねてインタビューに応じたのかと思いました(笑)

記事を読み進めてみると、BNPパリバ証券日本株チーフストラテジストの丸山俊氏と、ミョウジョウ・アセット・マネジメント代表の菊池真氏の意見をまとめたようです。
BNPパリバ証券日本株チーフストラテジストの丸山俊氏は、
世界中が景気後退期に入り、株式市場は大幅な調整期に突入する。それが2016年の株式マーケットの風景となるでしょう。調整期に入れば、株価が3〜4割ほど下落するのが当たり前。日経平均株価が2万円台から一気に1万5000円ほどまで落ち込んでもおかしくはない。私は2016年7月予定の参議院議員選挙の後、8月頃から本格的な『売り』が始まると見ています。と述べています。
その根拠として、GPIFの買いは止まり、国家公務員、地方公務員、私学共済などの年金マネーの買いも2016年の春から夏にかけて組み入れが終わる、だから8月の参院選後は日本売りが本格化して15,000円へ下降していくシナリオが濃厚なんだそうです。
2015年の株価上昇が年金の買いに支えられているのはその通りだと思いますが、年金の買いが止まっても売りに転じるわけではないので、日経平均株価が4割も下がるというのは飛躍し過ぎだと思います。頭が重い展開になるとか、じりじり下がる展開ならまだ分かりますが、そんなことを言っても取り上げてもらえないと思ったのか、日本株大暴落と勝負をかけたようです。

8月以降はチャイナショックでさえない展開ですが、それでも年初から考えれば「冴えない一年」ではないと個人的には捉えています。2015年の相場展開を読み違えてしまったBNPパリバ証券日本株チーフストラテジストの丸山俊氏にとっては「冴えない一年」だったということなんでしょうか?

丸山俊氏の実績を調べるため過去の予想をググってみると、昨年末に2015年見通しを語る記事を発見!
 日本株、2015年は「最後の良い年」か=丸山俊氏 2014年12月22日
2015年も日本株を取り巻く環境は、良好である。背景には大別して次の5つの好材料がある。国内景気の持ち直し、企業収益の拡大、株主還元の強化、国内年金基金のポートフォリオシフト継続、日銀の追加金融緩和期待だ。2015年中の日経平均株価については、下値めどを1万7000円、年央および年末のターゲットをともに1万8000円(1ドル120円)と予想している。
堅調な値動きが期待されるが、18,000円を超えていくほどの力はなく小幅上昇、日銀が追加緩和に踏み切れば19,000円を試す展開になると予想していました。
日銀の追加緩和は行われていませんが、日経平均は6月24日に20,952円まで上昇しています。
日経平均株価
予想より3,000円近くも上振れています。2014年はボックス圏の値動きが続いて値幅が小さかったので、2015年も同様の傾向でじり高という無難な予想をしたら、かなり外してしまったという印象です。
ならば今年はセンセーショナルな暴落説を唱えて勝負を賭けよう!と考えたのでしょうか?
あるいは、8月にチャイナショックで株価が暴落したので、来年も暴落だ!と考えたんでしょうか?

万年暴落説を唱えている高橋乗宣氏と浜 矩子氏に加えて、丸山俊氏も暴落説に組しましたが、暴落派が増えるほど翌年の株価は堅調に推移することが多い印象なので、もっともっと暴落説を唱える人が増えるのを期待しています(笑)
図書館で2015年 日本経済 景気大失速の年になる!を借りてきたので、まずはこの本でしっかりと暴落説の根拠を勉強させて頂きます!

週刊ポストには、今の状況はバブル前夜の1987年と酷似している、株価上昇が期待できるぞ的な記事が載っています。
 投資のプロだけ気づいてる バブル前夜1987年と今は状況酷似
どちらももっともらしいことを言うので、投資のプロの言うことなんてまとも聞いていたら何もできません!
マクロよりミクロ、森より木を観て、経済環境が悪くなっても良くなっても成長していく会社を厳選して、じっくり投資を続けていきたいと思っています。
 ブログランキング参加中 → にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ お役に立ったら応援お願いします!
皆さまの応援のおかげで、圏外から6位前後まで上がってきました
これからもクリック応援よろしくお願いします!
posted by アイル at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

所さん!大変ですよ 潜入!投資家たちの秘密パーティー

NHKの 所さん!大変ですよ で、株式投資が取り上げられました!
サブタイトルが、潜入!投資家たちの秘密パーティーという怪しげで、番組宣伝文はさらに???です。

日本各地の投資家たちが、身分を明かすことなく、新宿・歌舞伎町の雑居ビルに集まり、秘密パーティーを開くという。一体、何が話し合われるのか。潜入したディレクターが目の当たりにしたのは、たとえ損を出しても、将来への不安から株を続ける主婦や元派遣社員の姿だった。

ちょっとネガティブ過ぎますし、盛りすぎな宣伝文ですよね〜NHKらしくないというか(笑)
こんな宣伝文を見たら、株式投資はやっぱり危ないんだな〜と思われてしまいそうです。
将来への不安から株式投資というのは分かりますが、株式投資も含めて何事も楽しんだ方が上達は早いと思いますし、ネタなのかもしれませんが、株式投資を始めて余計に将来への不安が増えたので意味がないですよね
トレードで損が出ているならまずはポジションを小さくして、利益が出るようなスタイルを身に付けることが大事だと思います。ポジションを減らせばより平常心でトレードしやすくなるでしょうし、儲けることよりも躊躇なく損切りできて、大きな損失を出さないように腕を磨いた方が先決かと。
まあトレーダーでもない私が言っても説得力はありませんが(笑)

投資家たちの秘密パーティーとはヤーマンさんが主催しているオフ会みたいですが、240人も集まるとは凄い規模ですよね。私が主催しているオフ会は60人くらいまで増えてきましたが、60人でもう運営が限界だ〜と思っているのにその4倍ですからね!ちょっとイメージできません。
日本各地の投資家たちが、身分を明かすことなく、新宿・歌舞伎町の雑居ビルに集まり、って煽りすぎの文章ですよね。投資家というよりトレーダーさんが中心でしょうし、雑居ビルかもしれないですけど、雑居ビルにテナントとして入っている居酒屋でオフ会なんですよね?
オフ会はハンドルネームやニックネームで参加する人が多いので、「身分を明かすことなく」という部分は正しいと思いますが、全体的にはかなり煽情的な宣伝文だと思います。
公共放送のNHKらしく正確に書けば、
日本各地のトレーダーたちが、身分を明かすことなく、新宿・歌舞伎町の居酒屋に集まり、オフ会を開く ですよね(笑)
一体、何が話し合われるのか?ってオフ会ですから、最近のトレードについて語り合ったりしているんじゃないですか?トレーダーさんの飲み会だと、飲みが進むにつれて段々とトレードや投資と関係ない話題で盛り上がっていくような印象があります。デイトレードは人によってはかなりストレスが溜まると思うので、投資家の飲み会とはかなり雰囲気が違います。
投資家の飲み会はコストパフォーマンスやお値打ち感も重視しますが、トレーダーの場合は食べっぷり飲みっぷりも豪快、金額には糸目を付けない感じで、飲酒率・喫煙率も高めですね。
一方投資家仲間のオフ会だと、この料理でこの値段はお得だよね〜などと言いながら、ソフトドリンクを飲みながら語ることも多く、アルコールを飲む人は6割くらいで、喫煙率はゼロに近いです。あくまでアイル調べ(笑)
お値打ち感を重視しているのは、バリュー投資家の私が主催者だからだけなのかもしれませんが^_^;
株主優待投資家中心のオフ会だと、さらに優待券が使えるお店という必須条件が加わり、持っている人が多い優待銘柄でかつ使用期限の近いお店が優先されます。
主催者が誰か?でオフ会の雰囲気はかなり変わりますよね。

番組ではオフ会出席者にインタビューしていましたが、顔出しNGの人がほとんどで、画面の下半分はぼかしが入っていました。まあテレビに出るメリットは特にないですからねぇ
続いては、オフ会に参加していたトレーダー?2人の追跡取材でした。
アベノミクス相場で資産が増えて、熟年離婚したところに8月のチャイナショックの直撃を受けて資産を大幅に減らしてしまった主婦と、派遣社員を辞めてシェアハウスに住みながらトレードで稼ぐしかない!と悲壮な決意でデイトレードに挑戦している若者が登場していました。
オフ会には240人ものトレーダーが参加していますし、オフ会に来るくらいですから儲かっている人も多いと思うのに、損をしている人とか投資で追い詰められている人を選んでいる所に、NHKの投資に対する考え方が表れていますね。2人登場するなら1人はそこそこ儲かっている人が出ても良いと思うんですが。

続いてトレードで6億円以上を稼いでいる謎のトレーダーが登場しました。
超豪華マンションに住む謎のトレーダーの正体はテスタさんらしいですが、テスタさんを際立たせるためにわざと儲かっていない人にインタビューしたのかもしれません。
テスタさん本人にお会いしたことがないので普段どんな人なのかは分かりませんが、番組では演出なのか謎めいた雰囲気でインタビューなどに答えていました。
トレードの様子も公開していて、あ〜また儲かっちゃいましたね〜みたいな感じでした。
これ以上資産を増やすことに意味があるのかな?と、無我の境地に達した凄腕トレーダーは語っていました。さすが重みのある言葉ですね。

1日密着取材していた様ですが、感覚が鈍るので朝から何も食べないと語り、トレード終了後におもむろに棚から取り出したのは日清のカップヌードル!というのは、受け狙いの演出ですよね?
これが美味しいんですよね〜って、1日の食事がカップヌードル1個かよ!と突っ込んでしまいました(笑)
かなり以前にテレビに登場したBNFさんが、やはり高級マンションでトレードしながらカップラーメンを食べていたので、これを真似したんでしょうが、凄腕トレーダーがテレビに出る時はカップヌードルしか食べない!という秘密の取り決めでもあるんでしょうか?

番組を通して株式投資の厳しさがヒシヒシと伝わってくる感じで、だから投資なんかに手を出したらダメなんだ!という失望最小化戦略が多数派の現代にマッチした番組内容でした。
番組内容を簡単に要約すると、
株式投資なんかに手を出したら、一時的には儲かった気分になることもあるかもしれないけど、結局はほとんどの人が損をして、ほんの一部の「これ以上増やすことになんの意味があるのかな〜」と語りながらカップヌードルだけを食べているストイックなトレーダーに、吸い取られてしまうんですね、みたいな結論でした(笑)

今回の企画は、チャイナショックで株式投資をしている人は大変なことになっているに違いない!という前提から始まっているように感じるので、今回のような構成になったんでしょうね。
もう少し株式投資の明るい面も取り上げれば良いのにと感じますが、こちらは桐谷さんをはじめとする優待投資家ばかりという感じです。日本に投資を根付かせるためには、中長期スタンスのバリュー投資家なども取り上げたら良いと思うんですが、そういった人たちは
「テレビに出ることに何か意味があるのかな?」という人が多くて、なかなか登場しないんでしょうね(笑)
 ブログランキング参加中 → にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ お役に立ったら応援お願いします!
皆さまの応援のおかげで、圏外から6位前後まで上がってきました
これからもクリック応援よろしくお願いします!
posted by アイル at 20:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月02日

キャッシュフローゲーム会

今日は、毎月開催している名古屋キャッシュフローゲーム会の会場予約に行ってきました。
11月に入って急に寒くなり、今日は氷雨という感じの天気だったので、自転車は諦めて地下鉄で会場に向かいました。帰りは運動も兼ねて30分ほど歩いて帰宅しました。
今月のゲーム会は今週末の11月7日(土)に開催します。
 名古屋キャッシュフローゲーム会11月7日(土)

毎月月初に2ヵ月先の予約会が開かれるので、今回は2016年1月分の部屋を抽選で予約しますが、1月の第1土曜日は1月2日で休館なので、9日(土)の予約を狙っていました。
中村生涯学習センターの予約方法は、受付順にくじを引いて、その番号順に希望する日時・部屋を予約していきます。1日が午前、午後、夜間と3つの時間帯に分けられています。
ゲーム会は第1土曜日か第2土曜日の午後・夜間で開催していますが、rikaさんのお陰で参加者が増えたので、最近はずっと一番広い視聴覚室を予約しています。
視聴覚室は利用料金が高いので以前は予約を取りやすかったんですが、最近は競合することが増えてきて、くじ運が悪いと希望する日に取れないこともあります。今回は真ん中くらいの24番目だったので、大丈夫かな〜と思っていましたが、9日は取れませんでした^_^;
2016年最初のキャッシュフローゲーム会は1月16日(土)に開催することになりました!

リーマンショックの傷がまだ癒えていない2009年7月から装いも新たに名古屋キャッシュフローゲーム会をスタートしましたが、参加者15人前後のボックス圏の動きが長く続きました。
rikaさんに参加いただくようになり、ボックスの上限30人を突破し新高値を更新してからは、ダイヤモンドZAiでも紹介されるなどして順調に申込みが増えています。
キャッシュフローゲーム
最近長大陰線が多いのは、募集開始するとすぐに申込みが殺到するので早めに申し込みしておかないと!という感じで、申込む時期が開催日の1ヵ月前くらいになっています。15人前後だった頃は、慌てて申込まなくても^_^;という感じで、開催日の1週間前頃から申込みが増えていました。予定が固まってから申し込んでいるのでキャンセルも少ないですが、今は1ヵ月前に申込むので仕事が入ったり用事ができたりしてキャンセルする人が増え、上記のような長大陰線になっています(笑)

私たちのキャッシュフローゲーム会は、午後はキャッシュフローゲーム会、夕方からは株式投資の勉強会というスタイルですが、参加者が増えたことで勉強会の内容も充実しバラエティに富んできました。
以前はほぼ私1人で講師役を務めていましたが、今では周りの投資仲間の皆さんに講師を務めて頂いたり、著名な個人投資家の方をお迎えして講演会を開催したりしています。
今年は、5月に夕凪さん、7月にDAIBOUCHOUさん、10月にはv-com2さんに来ていただいて講演会を開催しました。講演代はおろか交通費や宿泊費も出ないという無茶なお願いにも関わらず、快く講師役を引受けていただいている皆さんに本当に感謝しています。
 夕凪さん ダントツ投資研究所
 DAIBOUCHOUさんツイッター
 v-com2さん 21世紀投資


上場企業の経営者やIR担当の方をお迎えして会社説明会も開催するようになり、VTホールディングスさんが2回、ジーフットさんも2回、モリトさん、サンセイランディックさんに来ていただきました
個人投資家が主催する勉強会に、上場企業のトップ自ら参加いただいて本当に感謝しています。
今後も、ビジネスモデルに特徴があって中長期的な成長が期待できるのに、株式市場で十分に評価されていない会社に来ていただいて、中長期的な株主を増やすお手伝いをしたいと思っていますし、機関投資家の目線から見たセミナーなども開催したいな〜と思っています。
これからも投資について気軽に語り合ったり学べる場所として、大切に育てていきたいと思っています。
今後の開催予定は12月12日(土)、2016年1月16日(土)ですので、遊びに来てくださいね!
 ブログランキング参加中 → にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ お役に立ったら応援お願いします!
皆さまの応援のおかげで、圏外から6位まで上がってきました
これからもクリック応援よろしくお願いします!
posted by アイル at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月の資産増減

激動の8月、9月を何とか生き延び(笑)、アノマリーでは厳しい結果も予想された10月をなんとかプラスで終えることができました。
2015年10月末の資産額は前月と比べて4%ほどのプラスとなりました。

2015年は1月、2月と2ヵ月連続でマイナススタートとなり、2014年に続いて厳しい年になりそうだな〜と思いましたが、その後は順調に資産が増加し、4月以降は連続で過去最高を更新していました。
7月初めのチャイナショックにはびっくりしましたが、株価急落後の戻りも早く、7月末時点では4ヵ月連続で過去最高更新となりました。7月はマイナスも覚悟していただけに、予想外のプラスには驚きました。
しかしここが資産のピークで、8月・9月は連続して5%前後のマイナスに沈み、資産額は6月末頃まで後退してしまいました。
10月はなんとかプラスで終えることができたので、8月末の資産近くまで回復してきました。

私は長期投資でほとんど銘柄の入替もしませんし、株価が少々上下しても売買するわけでもないので、あまり月々の資産額の変動は気にしていません。
長期投資でかつ集中投資なので、資産額は投資先企業の株価次第になります。すぐに売る気もないので資産額を気にしてもしょうがないですが、それでも増えた方が嬉しいですよね。
7月までは若干銘柄の入れ替えをしていたので売買もありましたが、8月以降は売買もしていません。
正確には、いつもフルポジションなので株価が下落しても買い余力がありません
8月、9月に買い出動していたらもう少し回復ペースも早まったんでしょうね。でも暴落に備えてキャッシュを残しておくのはもったいないというのが基本的な考え方です。
周りの投資家仲間は、流動性の高い大型株をキャッシュ代わりに使っていて、暴落時には流動性が高くてそれほど下がらない大型株を売って、大きく下落した小型株に入れ替えています。これは上手な運用方法だな〜といつも感心しているので、見習いたいと思うんですが、どうも大型株には食指が動きません(笑)

現状の主力株は、アルファベット順(笑)にジーフット、ティア、VTホールディングスの3社です。
ここ5〜6年はティアとVTホールディングスがメインでしたが、夏以降ジーフットも追い上げてきました。
優待銘柄など100銘柄以上持っていますが、資産額はこの上位3社の業績&株価次第です。
7月末の株価を基準として7月以降の株価推移をみると下記の通りです。
 ジーフット 8月末 ▲9.5%、9月 ▲11.3%、10月 +4.1%
 ティア 8月末 ▲4.5%、9月 ▲13.5%、10月 ▲15.1%
 VTホールディングス 8月末 ▲4.0%、9月 ▲6.4%、10月 ▲2.3%
 TOPIX 8月末 ▲7.4%、9月 ▲15.0%、10月 ▲6.1%


10月に東証1部上場が発表されたジーフットががんばってくれていますし、9月と比較するとVTホールディングスも幾分回復しています。VTホールディングスはボラティリティが高い銘柄というイメージでしたが、最近は安定した値動きが続いています。機関投資家の保有割合が増えた影響でしょうか?
一方でティアは9月以降厳しい展開が続いています。
先ほど葬儀業界の分析記事をアップしましたが、ティアの業績は好調に推移している予想しているので、今月の決算発表とともに株価も持ち直してほしいものです。
 葬儀業界分析〜こころネット下方修正
ティアはいつも保守的な予想数字を発表するので、来期予想に過度な期待は禁物ですが(笑)

今月は11月10日に東証1部に上場するジーフットの値動きにも注目ですね。
 ジーフット東証1部上場決定!
11月9日の引け後にはティアとVTホールディングスの決算発表もあるので、11月10日は朝からワクワクドキドキです!
3社の株価がどう反応するのか!?私にとってはメジャーSQ並みの注目の1日ですね(笑)
VTホールディングスは10月30日に業績の上方修正を発表済みで、ブログにも記事をアップしています。
 VTホールディングス上方修正

今年も残すところ2ヵ月となりましたが、例年11月下旬くらいから春頃まで株価は堅調に推移しています。
11月、12月と資産が順調に増えて、過去最高を更新して2016年を迎えたいものですね。
投資先企業の業績が好調に推移して、大型のM&Aなども決まることを期待しています!
 ブログランキング参加中 → にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ お役に立ったら応援お願いします!
皆さまの応援のおかげで、圏外から6位まで上がってきました
これからもクリック応援よろしくお願いします!
posted by アイル at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月27日

最高投資戦略会議最終日

2日間にわたって開催された最高投資戦略会議最終日は、高原の山荘に場所を移してバーベキューを楽しみながらのオフ会となりました。
前日は長島温泉で夜遅くまで投資について語り合ったので、最終日は幅広い話題で盛り上がりました。
まあどんな話題も最後には投資に結びつくんですが(笑)
airBnB(エアビーアンドビー)についても話題に出ましたが、早速昨日のクローズアップ現代で取り上げられていました。インバウンド増加は成長戦略の柱の一つですし、ホテルが足りないという問題に留まらず、より日本らしさを感じてもらうためにも、様々な形態の民泊が広がればいいな〜と感じました。
多くの外国人に日本を旅して、日本を大好きになってもらうことも日本のプレゼンスを高めることになりますし、全国規模で規制緩和に取り組んでほしいと思います。

花粉症についても話題になりました。
私もずっと花粉症ですが、ここ数年はかなり症状が緩和されています。
特に何かをしているわけではなく、花粉症など気にせず自転車で走り回っていたら、いつの間にか症状が軽くなりました。別に鼻水が出ても支障はないですし、目がかゆくなれば軽く掻けばいいだけだ!と花粉症を気にしない様になったら、いつの間にか症状が軽くなっていた感じです。

先日読んだマーフィーの法則でも奇跡的な治癒への3つのステップが紹介されていました。
第1段階は、いますぐその病気や傷が重くなった場合を想像することをやめること
第2段階は、過去をくよくよ思い出したり、後悔するのをやめること
第3段階は、自分の中にある自然治癒力を高めること

病気であることを忘れてしまうと、病的症状が気にならなくなることはよくあり、気にならないのであれば病気ではないという見方もできると書いてありました。
花粉症は難病ではないですが、難病が治るケースとして、「病気をあきらめた人」「病気を忘れた人」「人のために尽した人」の3つしかないという事例も紹介されていました。
「病気をあきらめた人」というのは、たえず病気のことを考え続けるのをやめて、いまの症状と折り合って暮らしている人という意味だそうです。
「病気を忘れた人」によくあるのは、忙しくて病気を気にしてなんかいられない人
「人のために尽した人」は、「忘れた人」とも重なる部分がありますが、社会的な貢献だけではなくて、子供の世話や介護などに全愛情を注いでいる人などで、ときには薬を飲むことさえ忘れていたのに、いつの間にか症状が劇的に改善していた、というケースが実際にあるそうです。
もう少し広げれば、大好きなことをしていても症状が改善するかもしれませんね。
私の花粉症の場合は、「病気をあきらめた人」になりますね。
鼻水が出るならしょうがない、ティッシュを用意しておけばいいじゃん!と思っています(笑)

話がそれましたが、2日間に渡って全国から投資仲間の皆さんに集まっていただいて、楽しい時間を過ごすことができました。
全国から参加いただいた皆さん、そして今回のオフ会運営でたいへんお世話になった株水兵さんご一家の皆さんやかんちさん、本当にありがとうございました。
私は株式投資が大好きなので、楽しい投資仲間に恵まれていることに本当に幸せを感じます。年齢や投資経験、資産額などに関係なく、気軽に楽しくお付き合いできる投資仲間が増えて本当に感謝しています。
すぐに調子に乗ってしまう性格なので、失礼な発言も多々あるかもしれませんが、悪気はありませんのでご容赦のほどよろしくお願いします。

長島温泉からの帰り道で、成功している個人投資家の人は近付き難い雰囲気があると思っていたが全然違うんですね〜みたいな話が出ましたが、私の周りの印象では、成功している人ほど謙虚で話しやすい雰囲気を持っている感じがします。
これからもそんな投資仲間の輪を広げていきたいな〜と思っています。

2日間にわたった最高投資戦略会議が無事終了し、決算発表シーズンに突入しました!
魅力的な株主優待を新設したダイコク電機が大幅な業績下方修正を発表するなど、序盤から波乱の展開ですが、目先の株価に一喜一憂せず中長期的な成長性を見極めていきたいと思っています。
 ブログランキング参加中 → にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ お役に立ったら応援お願いします!
posted by アイル at 17:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月26日

最高投資戦略会議in長島温泉(笑)

週末2日間は投資仲間とのイベント盛りだくさんで、楽しい時間を過ごしました。
遠路はるばる参加いただいた皆さま、本当にありがとうございました。
24日(土)は前夜祭として朝からカブオケ会でスタート!
今回のカブオケ会はランチを含めて4時間くらいと時間が短かったので、投資話もそこそこにカラオケタイムに突入か!?と思いきや、3時間くらいは投資話に花が咲き、最後の1時間だけカラオケとなりました。
DAIBOUTYOUさん株水兵さん伝説の投資家かんちさんなど、いつも以上に豪華メンバーが集結したので、投資話が盛り上がりますよね!
東証上場が承認された名証単独上場のジーフットや、名証つながりでギガプライズなど小型株の話題で盛り上がりました。それにしてもDAIBOUTYOUさんはすでにツイッターフォロワーが5千人を超えているとは凄いペースですね。
ツイッターといえば、ウルフ村田さん資産運用・株式投資で注目の「Twitterアカウント10選」というリツイートをしていて、チェックしていたらかぶ1000さんも選ばれていました。
ZUU onlineというサイトが選定しているようで、株式投資家必見の「ブログ10選」もありました。こちらでもかぶ1000さんが選ばれています。
さすが大物ですよね〜またお話しできるのを楽しみにしています\(^o^)/

カブオケ会後は大物投資家3名も合流し、長島温泉湯あみの島に移動して最高投資戦略会議です(笑)
まずは8月・9月の乱高下相場の疲れを温泉でゆっくりと癒し、18時過ぎから22時まで美味しい料理を堪能しながら投資話を楽しみました。話は尽きないんですが、22時で営業終了でした^_^;
今回は泊りではなかったんですが、温泉でゆっくりしながらのオフ会開催も良いですね。
私も温泉大好きなので、再度湯あみの島に入ってから帰途につきました。

段々と涼しくなってきましたし、温泉が恋しくなる季節になってきましたよね。
そんなに頻繁には温泉に行けませんが、スーパー銭湯なら気軽に行けます。
時々スーパー銭湯に行っては2〜3時間くらい温めの湯に入って、投資先企業の今後の成長イメージなどをじっくり考えるのが大好きです。水が流れる音がすると周りの話声などもあまり気にならなくなり、想像力が広がる気がします。
長期投資には想像力もとても大切なので、想像力を膨らませる場として温泉やスーパー銭湯を活用しています。
長島温泉湯あみの島は先週の下見に続いて2回目ですが、山奥の森の中の露天風呂に来た雰囲気でとても気に入りました。川も流れていますし、露天風呂も種類がたくさんあって、平日だと比較的空いているようなので想像力を高めるのにぴったりです。
湯あみの島に3時間くらいゆっくり入っていたら素敵な投資アイデアも浮かんできそうですよね!

まだ少し先ですが、12月6日(日)12時50分から奈良市で中長期株式投資セミナー講師を担当することになりました。関西圏でのセミナー開催は初めてなので、関西圏の皆さま、ぜひ参加してくださいね
 奈良シカCFG第10回記念会 2015年12月開催

土日はイベント続きだったのでブログ更新ペースが落ちましたが、読んでいただいている皆さんのおかげで、 「株中長期投資」カテゴリーで8位までランクアップしてきました!
これからもその時々に感じたことをブログにしていきますので、今後ともよろしくお願いします。
 ブログランキング参加中 → にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ お役に立ったら応援お願いします!
 日本株で20年に一度の大波に乗る方法 
アベノミクス相場の初期2013年春に書かれた本ですが、大きな流れを考える際には参考になりますね。
デフレからインフレなどパラダイムが大きく変わっていくので、自己変革も必要になる。
自己変革を行う一番の近道は、自分が本当にやりたいことを見いだすこと
自由に物事を発想し、考えること、これこそが、これからの成功を望む日本人には必要不可欠
やりたいことは見いだしているので、やはり湯あみの島で自由な発想で考えてこよう!
posted by アイル at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする