トライアルセット生活

2014年10月11日

葬儀会館ティア

最近ティアについて書いてないじゃないか!みたいなご意見を頂くようになったり^_^;、ブログ更新しないから株価が上がらないじゃないか!とか言われてるようなので、久しぶりにティアについても書いてみます。
と言ってもあまり話題がないんですよね〜
ブログ記事を書けば株価が上がるのなら喜んで書きますが(笑)

最近はティアのホームページを見てもあまり情報が更新されていなくて、ブログ記事を書きたくなるようなトピックスがないですし、トップページで気になるのは、東京都向けの画面が表示されるんですよね。
以前は関東でティアのホームページにアクセスすると関東向けのページが表示され、名古屋でアクセスすると見慣れた名古屋向けのページが表示されていたんですが、最近はずっと関東向けのページが表示されてしまい、使いにくいです。
関西方面の皆さま、関西からアクセスすると関西向けのページが表示されていますか?

今期というかもう前期になりましたが、2014年9月期の業績は来月上旬ぐらいに発表されますが、3Qまでの進捗をみると例年通り売上は若干未達、利益はほぼ計画通りで着地すると思います。
葬儀会館ティア
4Qの売上はこんなに伸びないよね(笑)毎年のことですが^_^;
葬儀会館ティア
営業利益は4Qは新規出店もないし、このくらいは十分行くでしょう。

そんなわけで特に書くこともない、という結論になってしまいます(笑)
先週くらいの日経新聞に、これからは内需の小型株に資金が回ってくるみたいな記事が載っていて、外国のファンドマネージャーが一例として台湾の葬儀会社を挙げていました。
なぜ台湾なんだ!?という感じですが、日本の葬儀会社ならティアですよね!

ちょっと視点を変えて、ティアの今後の成長戦略について少し語ってみたいと思います。
数年前までは葬儀事業への参入がブームで、イオンの参入が話題になり、その後ファミリーマートまで参入しました。ヤフーも参入していましたよね?
どこも実際に葬儀を施行するわけではなくて、葬儀紹介業あるいは葬儀仲介業ですが、あまりうまくいっているようには感じません。ファミマとか葬儀ビジネスをまだやってるんでしょうか?
ネットを検索してみたら、ファミマは葬儀ビジネスへの参入を検討しただけで、結局断念したのかな?サイトなどは見つかりませんでした。
業界団体の全日本葬祭業協同組合連合会が、イオンとファミリーマートに参入断念・撤退を要望する申し入れをおこなったという記事も見つけました。
 (株)ファミリーマート・イオンリテール(株)へ要望書
なんか茶番劇という感じですね。
全日本葬祭業協同組合連合会は、奉仕の精神で葬儀ビジネスを行っており、イオンなどの営利を追求する会社とは根本的に違うので参入するなということですが、本当なんですか?(笑)
価格をブラックボックス化して営利を追求しすぎたから、異業種からの参入を招くことになったような気がするんですが^_^;

どちらも問題があるように感じますが、ブームに乗って新規参入してみたものの、あまり依頼件数が伸びない、あるいはトラブルが続くなどの理由で下火になったのかなと思います。
価格破壊とか価格の透明化を打ち出して参入しながら、手数料を抜いて葬儀自体は葬儀会社に丸投げではうまくいかないですよね。紹介する方は手数料が落ちて美味しいですが、丸投げされた方はただでさえ安い価格からさらに手数料まで差し引かれるんですから堪りません。そのうえ対応が悪いとかいろいろ指摘されるのではやってられない!となりそうです。
そんなわけで新規参入ブームも下火となりましたが、一方で小規模な家族葬専用を謳う小規模な業者は増えています。

こういった背景をベースに、今後のティアの成長戦略を考えてみたいと思います。
葬儀仲介業への参入がブームになるということは、
(1)葬儀会社や葬儀会館が需要以上に多い
(2)消費者が既存の葬儀会社に満足していない
(3)営業力のない葬儀会社が多い

と言えると思います。
今までのティアは、愛知県、大阪府、埼玉県中心に直営葬儀会館を出店し、その周りのエリアはフランチャイズ会館で拡大してきました。しかし最近3年くらいは新たなフランチャイズ契約が決まっておらず、既存のクライアントが出店しているだけです。
新たなFC契約開拓に力を入れているはずなのに全く決まらず、FC戦略は停滞している印象です。
特に関東でのFC開拓がまったく進んでいないので、関東には自社直営の2会館しかありません。
こういった現状から、今後は同業他社のM&Aや営業譲渡などにもっと積極的に取り組む必要があると思います。数年前までは、同業者とは考え方や理念がまったく違うので同業者のFC契約は認めないし、同業者のM&Aにも否定的でした。
しかし主要な都市部では葬儀会館はすでに十分にありますし、新たに葬儀会館を建てるのはなかなか手間のかかる仕事です。もっとM&Aに積極的に取り組んでもいいと思います。

葬儀業界も徐々に成熟産業になっていくと思われ、昔のようにぼったくり商売もできなくなっていくので、経営が厳しくなる葬儀会社はたくさん出てくると思います。
ティアは人財教育に力を入れていて、人を育てるノウハウを蓄積してきたのですから、葬儀業界の常識に染まってしまった人にもティアイズムを浸透できるようになったのではないでしょうか?そろそろM&Aを積極化してもいいと思います。

日本のような成熟した国で事業展開するには、業績を立て直すノウハウを持っていることが前提ですが、同業他社のM&Aが一番確実な成長戦略になります。
私が以前投資していたゲオ(2681)も、ビデオやDVDレンタルという成熟産業の中で、業績が悪化した同業他社をM&Aして独自のノウハウで立て直しながら成長してきました。
現在の私のポートフォリオの中でティアとともに主要銘柄となっているVTホールディングス(7593)も、新車ディーラーという成熟産業の中で競合他社をM&Aして、業績を立て直して成長を続けています。
そろそろティアもこのような戦略に移行する時期ではないかと感じます。
これからは、
(1)大都市部中心に直営出店で拡大
(2)直営展開エリアの周囲でFC展開
(3)直営展開エリアやFC空白エリアなどで葬儀会社のM&A

の3本柱で成長していってほしいと思います。
FC開拓もM&Aも相手があっての話なので、計画的に毎年決まるようなものでもないので、戦略の幅は広く持っていた方がいいですし、ぜひ関東などでM&Aを決めてほしいなと思います。
秋にはティア滝ノ水がオープンするようですが、直営会館ではほぼ1年ぶりの新規出店で出店ペースが鈍っていることもあり、この点からもM&Aにも力を入れてほしいと思います。

M&Aを決めて業績を立て直すことができると実証できれば、株価の評価も変わってくるでしょうし、成長スピードももう少し上がると思います。
FC展開だけでは現状では力不足なので、ぜひM&Aにも力を入れてほしいと思います。
   ブログランキングに参加しています → にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
posted by アイル at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ティア(2485) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月08日

2010年8月7日ティア決算分析の概要

2010年8月7日に開催した中長期株式投資セミナーで、ティアの第3四半期決算について分析しました。
私のセミナーにご参加いただきありがとうございます。
途中で用事があり帰った方もいますので、使用したスライドの一部をこちらに掲載します。
セミナーの中でもご紹介しましたが、株式投資をするならマネーパートナーズでも口座を開設しておくと便利です。ぜひこちらのページから開設してみてくださいねるんるん
ご協力よろしくお願いします。
   お薦めの証券会社 マネーパートナーズぴかぴか(新しい)
ティア第3四半期決算
   クリックで拡大 グッド(上向き矢印) 以下すべて同様です。拡大してご覧ください。
今回の第3四半期決算のポイントです。
 閑散期なのに繁忙期並みの利益率!
 通期業績の上方修正ほぼ確実♪
 株主資本比率が上昇し、安定感が向上

通常葬儀業界では、4月から9月というのは閑散期にあたります。ティアの場合下期(3Q、4Q)が閑散期になります。上期の繁忙期に稼いで、下期の閑散期はティアの会の会員を増やしたり地道なPRに努めて、翌年度の繁忙期につなげるという流れになります。
ティアのような装置産業(葬儀会館を作ってお客さんに使用してもらい、使用料をいただくというビジネスモデル)の場合、葬儀会館の賃借料や人件費などの固定費が毎月発生します。繁忙期でも閑散期でも一定のコストが発生します。
そのため売上の少ない閑散期はコストの占める割合が高くなり、利益率が大きく落ち込みます。
上の表を見ていただければ分かるように、2008年、2009年とも1Q2Qは10%以上の営業利益率ですが、3Q4Qは半分程度の5%程度に落ち込んでいます。
それが2010年の3Qは10.9%exclamation×2と繁忙期並みの利益率をたたき出しています。これは驚くべきことです。カンブリア宮殿効果恐るべしです(笑)
1Q2Qも前年と比べると、営業利益率が0.7〜2.5ポイント向上しており絶好調なんですが、閑散期の3Qに繁忙期並みの売上を上げることができたので、利益率も繁忙期並みになりました。
にもかかわらず業績見込みに慎重なティアは、通期見込みの上方修正を行いませんでした。そのため4Qの業績見込みは、表のように大幅減益で営業利益率2.6%というありえないような数字になっています。
6月まで名古屋市内で20%近いシェアを獲得していたのに、7月以降一気にシェアが激減というのは考えにくいですので、今回の3Q決算を受けて通期の業績が上方修正されるのは確実だと私は考えています。
ティアについて、借入金が多くて株主資本比率が20%程度と低いことを心配する声も多く聞きましたが、現状では27.4%まで上昇しており、安定感も増してきました。
私は設備投資が先行するティアのような業態の場合、株主資本比率が低いのはやむを得ないと考えています。設備投資がしっかりと利益に結び付いていれば問題ないと考え、株主資本比率が低くても躊躇せずに投資しています。


ティア第3四半期決算
四半期ごとの売上・営業利益推移をグラフにすると上記の通りとなり、特に利益は3Q4Qと落ち込んでいることが分かります。このグラフからも毎年利益額が増加してきていることが分かります。3Q4Qの関係は年毎にばらばらで、減る年もあれば増える年もありますが、傾向としては若干3Qを下回るという感じです。
2010年の4Qは、5月10日発表の上方修正後の数値です。利益が特に大きく落ち込んでおり、こんなことはありえないと私は思っています。4Qも売上の好調さが続き、利益率も10%程度を確保するという前提で出したのが水色の点線で表している私の予想数値です。シェアの落ち込みがないかぎり、このくらいの利益になってもおかしくないと思います。
ただし、ティアの売上は名古屋市内の死亡者数の影響を大きく受けます。死亡者数が前年を下回るようだと、業績の上方修正がないかもしれません。そんなこともあってティアは3Q決算では上方修正をしてこなかったと思われます。
ティア第3四半期決算
5月10日発表のティアの今期の1株当たり利益計画は173円ですが、私の予想では上記の通り200円程度になるのではないかと考えています。
その場合、ティアの配当性向目標は20%なので、最大40円までの増配も期待できます。現状は据え置きの25円予想になっていますが、35円程度は期待できると思いますし、業績次第では40円もあると思っています。
業績の上方修正&増配の発表は、10月下旬か11月初め頃と予想しています。
ただ先ほども指摘した通り、名古屋市内の死亡者数推移のチェックが重要です。
私のブログでも記事にしていますので、定期的にチェックしてくださいね。
最新の記事はこちら 右斜め下
   名古屋市の人口統計分析2010年6月分

ティア第3四半期決算
今年は3〜5月に前年を上回っていたので、特に8月などに前年の反動が出て、死亡者数が落ち込む恐れもあります。ティアの業績に大きな影響を与える死亡者数の推移には注意が必要です。


また、来期は「資産除去債務に関する会計基準」の適用で、純利益は減益の可能性が高いと思います。今期業績が大きく伸びた反動で、営業利益などの伸び率が鈍ることも予想されます。ティアは業績見込みを堅く見積もる会社なので、来期の業績予想はかなり控えめ(営業利益も横ばいなど)に出してくる可能性もあります。利益の伸び率低下と純利益の減益を嫌気して、決算発表とともに売りが出てくることも考えられます。ただ会計基準の変更は一過性のものであり、キャッシュアウトを伴うものでもないので、事業やキャッシュフローに与える影響はありません。なので売られてさらに割安になれば絶好の買い場になるかもしれません。たとえ減益見込みが出ても狼狽する必要はないと私は考えています。
ぜひ来月の中長期株式投資セミナーにも遊びに来てくださいねるんるん
   ブログランキングに参加しています → にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
posted by アイル at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ティア(2485) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月17日

名証IRエキスポ

今日は名証IRエキスポに行って、ティアについてもいろいろと話を聞いてきました。
おおまかには下記記事にまとめましたのでご覧ください。
   ティア情報ブログ 名証IRエキスポに行ってきました

11時15分からの説明会には最初5人参加していましたが、1人はスーツ姿の人で、開始前から席に座っていました。名証IRエキスポには個人投資家以外にも証券会社の人や機関投資家の方々も参加しています。これら証券関係者には個別に社長と面談できる場や、ランチをしながらの懇談の場も設けられています。我々は入場できませんもうやだ〜(悲しい顔)
スーツ姿の方はそういった関係者の方と考えてほぼ間違いないと思います。過去の名証IRエキスポでは、証券会社などの新入社員を連れてきて各社のブースを見て回っている姿などもありました。
今回は1番に座っていたので、最初からティアに興味を持って来ているんだな〜と感じました。ティアに注目する機関投資家も出てきたのかな?と興味を感じて見ていました(笑)
ティアの会社説明は耳にタコができるくらい聞いているので、内容よりどんな人が聞きにきているのか?反応はどうか?などの方が気になりますわーい(嬉しい顔)

一応説明内容も大事なので(笑)、上記の記事を補足しておくと、7月7日に発表されたティア岡崎北のオープン日はまだ未定ですが、来期になるようです。
7社目のFC契約先については詳しくは教えてもらえませんでしたが、愛知県以外の東海地方に本社のある会社で、仕出し料理を行っている会社だそうです。仕出し料理は法要やお葬式とも関係が深いので、葬儀にも進出したいが、ノウハウがないのでティアとFC契約したようです。本社所在地と葬儀会館の建設場所は異なる可能性もあるということだったので、愛知県への建設もあるのかなと感じました。


今期の葬儀件数の予想も掲載されていて、前年比22.7%増の5,497件(前年は4,481件)になっていました。高い伸びですが、上期は28.9%増なので、下期は16%増と伸びが鈍る予想となっています。
これはカンブリア効果が徐々に落ちてくると想定しているのか、堅めに見ているかのどちらかだと思いますが、今期オープンした会館が既存会館並みに好調に推移しているという説明からすると、下期の伸びが鈍る可能性は低いと思われ、上方修正したとはいえ堅めの保守的な計画なのかな〜と感じました。
既存会館の売上は12.5%増加しているということなので、カンブリア効果をフルに受けて順調に推移しています。加えて新規オープンした会館がオープン月から葬儀依頼があるなど、既存会館並みのペースで推移しているということなので、今後の業績が楽しみになってきましたね。

ミニ説明会後に残ったのは、私とスーツ姿の男性の2人でした。一体どんな質問をするんだろう?と興味を感じながら聞いていましたが、まずはどうやって集客しているのか?という点について質問していました。葬儀受注が好調ということだが、いつ発生するか分からない葬儀なので、どうやって集客しているのかイメージできないという趣旨のようです。
葬儀会館でイベントを行ったり、周辺にポスティングを行ったり、TVCMを行ったり、カンブリア宮殿に出演したりなどと説明していました。私はカンブリア宮殿効果は大きかったと思いますが、一番は口コミなんだろうな〜と思っています。カンブリア宮殿を見てティアを知り、葬儀依頼が増えましたが、その葬儀に参列した人がティアはいい葬儀をしてくれるんだな〜と感じて、そこから口コミが広がって行っているのではないか?と考えています。そうでも考えないとこんなに長くカンブリア効果が続かないと思います。

他には1会館オープンするのにどの程度投資が必要なのか?投資の回収期間は?などと聞いていました。
葬儀会館の規模や場所などにもよりますが、平均2億円位の投資で、建物部分が1.6〜1.7億円くらいです。残りは備品類などと思われます。
回収は3年を目処にしているが、最近はオープン当初から葬儀依頼が来るようになったので、若干早まり2年目の途中で黒字化する会館も出てきたそうです。こういった部分も業績の伸びが加速している要因なんですねるんるん

Q:葬儀単価はまだ下がるのか?ティアにも影響があるのか?
A:お客様のニーズを汲み取り、きめ細やかに対応することで単価の下落対応している。葬儀受注専門のスタッフを置くなど試行錯誤も行っている。専門スタッフをおいて提案力を上げていくことで、単価の下落も少しずつ止まってきている。

とはいえ年々数%の下落が続いているようだが?と聞いてみました。やはり不況の影響もあって、より安い祭壇を選ぶ傾向もあり単価が下落してきた。祭壇のバリエーションを増やしたり、提案力を上げることで対応しているそうです。参列者が減っていることも小さな祭壇を選ぶことにつながっています。
こういった葬儀が小型化するなかで最小限の単価下落で留めているというのは、お客様のニーズにしっかりと対応している証といえるかもしれませんね。

200会館の目標達成時期を教えて欲しいという質問もありました。社内では時期も決まっているが、公表はできないということでした。記事にも書きましたが、以前は直営50、FC150ということで、FC中心に会館建設を加速させるという戦略でしたが、見直しを行っているようで、直営中心の計画になりそうな感じがしました。利益も増えてきて財務内容も改善してきています。一方で低金利が続き低利で資金調達しやすい環境になっています。増資を行って資金を調達するより、銀行借り入れの方が現状ではメリットがあります。増資は手間もコストもかかりスピーディに調達できません。この点からも銀行借り入れを増やすように感じました。私も低金利で長期借入を行うなら大賛成ですね。短期借入でつなぐのは借り換えリスクがありますが、長期借入なら比較的安心だと思います。

その反動として配当は少し抑えられそうな印象を受けました。25円という計画は据え置いているという説明だったので、たぶん増配はすると思いますが、30円程度に抑えて(配当性向20%であれば35円程度の可能性もある)自己資本を充実させて、それに借入も加えて会館建設を加速したいというのが冨安社長の意向のようです。目先の配当は少し我慢してもらって、成長することで将来の配当を増やしたいという考えのようです。

質問の順序が逆になってしまいましたが、流動性が低くて投資できない、流動性向上策についてはどう考えているのか?という質問が最後にありました。
これに対しては、東証上場を考えている、東証に行けば流動性も向上すると回答していました。その後IR担当の方と名刺交換していましたが、東京で年金を運用しているそうで、100億円規模の資金を運用しているそうです。長期の資金なのでティアのような小型株でも投資対象になるようです。流動性は必要ですが(笑)
毎年アナリストなど向けに東京で決算説明会も行っているそうです。ぜひ参加してみたいものですね。機関投資家の反応というのもとても気になりますのでわーい(嬉しい顔)
これは資産運用会社など作らないといけませんねexclamation×2自分ではアナリストみたいなことをしていると思っていますが、会社から見れば1個人株主にすぎないと思うのでもうやだ〜(悲しい顔)

その後も色々と聞いてきましたので、追記していきたいと思っています。

posted by アイル at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ティア(2485) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

ティア(2485)2Q決算発表&上方修正♪

T1ことティア(2485)の第2四半期決算が発表されましたひらめき
4月28日にすでに2Q決算の上方修正が発表されていたので、通期の上方修正も確実な状況でしたが、私が予想していた以上に上方修正してきましたわーい(嬉しい顔)
ティア(2485)決算発表
   クリックで拡大 グッド(上向き矢印)
ティアは保守的な目標を発表する会社なので、通期計画も2Qまでの上方修正分のみを上乗せして、元の下期計画は据え置いた数値を発表してくると考えていました。
それが上記表のZai予想になります。
これでも1株当り利益(EPS)は163円になるので、現状の株価ならPERは10倍程度と考えていました。
ちなみに、保守的な目標というのは、かなり達成度合いが高そうな確実な目標という意味です。会社によっては努力目標的な高い目標を発表して、その後に下方修正を繰り返す会社もあれば、ティアのように確実な控えめな目標を発表して、その後上方修正という会社もあります。
過去の業績発表をさかのぼれば、その会社がどちらの会社なのか大まかな傾向を知ることができます。会社発表の目標値の捉え方が大きく変わってくるので、過去の傾向を知ることはとても大切ですひらめき

さてティアに戻りますが、今回の修正計画では、下期の計画も上方修正しています。ティアにしては珍しいことですね。それだけ足元の業績が好調なんでしょうねわーい(嬉しい顔)
1株当り利益(EPS)は173円まで上昇しています。今日の株価は1,611円なので、PERはいまだ9.3倍でしかありません。まだまだ割安な株価ですね。
そして配当は25円で据え置かれていますが、ティアの配当性向目標は20%を目処としており、将来的には30%を目指しています。過去配当性向20%を割ったことはないことも考えると、35円(配当性向20.2%)も十分にあり得ると思います。増配も楽しみになってきましたるんるん


上方修正の理由としては、既存葬儀会館の業績が計画より好調に推移している上に、新規オープンしたティア瑞穂、ティア名東、ティア春日井の業績が既存会館並みに順調に推移していることをあげています。この状況が下期も続くと予想されるので、下期の計画も若干上方修正したようです。
まったくの新規オープンであるティア瑞穂、ティア名東が順調に推移しているのは大きいですねexclamation×2通常なら既存会館並みになるまでに1〜2年はかかるのに、すでに既存会館並みというのは凄いことです。
一方、ティア春日井はまったくの新規オープンではなくて、既存の葬儀会社から会員ごと葬儀会館を譲り受け、改装してオープンした葬儀会館です。ですから当初から既存会館並みに稼動しても驚きはありません。
6月には名古屋市の中心部近くに、ティア栄生がオープンします。名古屋駅に一番近い会館であり、ロケーションもいいのでとても期待していますが、ここも順調に立ち上がれば下期の業績に貢献してくれるかもしれません。
私の予想以上の上方修正をしてきたので、この計画をさらに上回るのは難しいかもしれませんが、一方で下記のグラフを見ると、上期の勢いが続いているなら、下期の売上の落ち込みが大きすぎるような感じもします。
ティア(2485)決算発表
3Q、4Qの売上は私が過去の動きを参考に設定したものですが、特に4Qの落ち込みが大きすぎるように感じます。3Qの実績次第では再度の上方修正の可能性もあるかもしれませんね。
毎月20日に発表になる名古屋市の人口動態調査などを参考にしながら、ティアの業績をチェックしていきましょうるんるん
こちらの右斜め下ティア情報ページも参考にしてくださいね。

   ティアイズム ティア情報ページ
posted by アイル at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ティア(2485) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする