トライアルセット生活

2017年02月06日

私は株で200万ドル儲けた!

私の話ではなく、ニコラス・ダーバスさんの不朽の名作 私は株で200万ドル儲けた を読みました。
         
たぶんDUKE。さんに出会っていなかったら、まだこの本に気付いていないと思います。
私はファンダメンタリストなのでテクニカル系の本はほとんど読みません。
しかしDUKE。さんの新高値ブレイク投資術を読んで、あまりにも効率的な投資法に圧倒されました!

私の場合は割安な成長株を株価が底ばいと思われる間に少しずつ買い、あとは上がるのを気長に待つという忍耐投資法だったので(笑)
新高値という分かりやすい指標でビックチェンジを秘めた会社を探す!というのは非常に効率的で、とても敵わないな〜と痛感しました。
そんなDUKE。さんのお薦め本なので、早速図書館で借りてきて読んでみました。
独自のボックス理論を確立するまでの試行錯誤が書かれており、投資家はみな一度は通ってきた道なので共感しながら読めますね。私の場合はボックス理論に辿り着く前に、ファンダメンタル分析をもっと深掘りして粘り、今の忍耐投資法に辿り着きました(笑)
ただそれほど意識してはいませんが、ボックス理論的なことも考慮して株価推移を見ています。この本を読んでそのことにも気付きました。
DUKE。さんなどはテクニカルが先で、条件を満たした銘柄のファンダメンタルを調べるという流れだと思いますが、私の場合はファンダメンタルを徹底的に調べた上で、テクニカルも参考に買い場や売り場を検討するという感じです。
うまくいけば大きく上昇する株を底値圏で買うことができますが、いつ大きく上昇するかはまったく分かりませんし、上昇を待っている間に外部環境の変化などで成長期待がはげ落ちてしまうこともあります。
新高値ブレイク投資術と比べると負けてる感がハンパないです^_^;
良いところを取り入れて、自分の投資方法の改善につなげていきたいと思っています。

私は2003年発刊のオリジナル版を読みましたが、この本を読んでもボックス理論についてあまり詳しくは書かれていない印象です。ボックスを積み上げて高値を更新していくような会社に投資し、ボックスを下抜けない限りは持ち続ければよい、と大まかに理解しました。
こういった本を読むと早速身近な株で検証してみたくなりますよね(笑)

ということで昨年秋以降高値を更新しているウェッジに当てはめてみました!
まずは週足で見てみます。
ボックス理論
私が本格的に買い始めたのは2015年末からですが、この頃は400円を下限とするボックス圏の値動きで、2016年には子会社のグループリースがインドネシアに進出するし、400円が底なんだろうな〜と判断して買っていました。ところが2月に大幅な下方修正が出たり^_^;、全体相場が大きく崩れて一気に300円まで割ってしまったのは予想外でした。ボックス理論的には400円を割れたら即損切りですよね!
私の場合は、『私、損切りしないので!』なのでwもちろん損切りせず持続です。
2月以降は辛い日々が続きました(笑)
6月のブリグジットの時には200円さえ割れるんじゃないか!とビビりましたが、そこを底に緩やかに戻り始めました。日足チャートを見るとよく分かります。
ボックス理論
7月頃は400円の以前のボックス下限に近付くとすぐに跳ね返される展開でしたが、8月下旬に400円を突破してからはきれいにボックスを積み上げている感じです。
10月には600円から740円くらいのボックス圏の動きが1ヵ月ほど続きましたが、11月14日の決算発表で「どこまで事業が拡大するか現時点では分からないので、今期の予想は発表しない!」という発表が投資家の妄想を掻き立て(笑)ボックス上限を軽々と飛び越え、1000円から1200円のボックスに移行しました。
一気に跳ね上がったこともあって、このボックスでの動きは2ヵ月近くに渡りました。それでもほとんど千円を割れなかったのは、強い動きが続いていたという事なんでしょうね。
12月27日午後の株主総会前日に千円を割れているのは謎ですね。
総会で悪材料でも出ると思ったんでしょうか?
あるいはここ数年流行の決算プレイを応用した総会プレーのポジション外しでもあったんでしょうか?
まあ総会で悪材料など出る訳もなく、その後はボックス半ばでの値動きが続きました。
今はこのボックスを抜けて、新たなボックスの形成に入った段階です。
今後1300円から1500円程度のボックスでの動きが続くのか?注目していきたいと思っています。

2月14日には決算発表が予定されていますが、1Q決算には過度の期待をしない方が良いと思います。
期が進むに連れて業績が右肩上がりに向上していくと予想していますし、本格的に業績が伸びるのは2018年からだと思っています。目先の業績に期待し過ぎるのはどうかと思います。
決算期待を煽って売り抜けたい短期筋の書き込みに惑わされない様ご注意くださいね!

以上、なんちゃってテクニカルアオリストのボックス理論でした(笑)
「私は株で200万ドル儲けた」は一読されるのをお薦めします!
 応援ポチッとお願いします!
皆さまの応援があれば、上位に進出できると思います!
posted by アイル at 00:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 投資関連書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする